アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

2,000万円問題をきっかけに株式投資家が増えています

例の2,000万円問題以降、NISAへの申し込みが急増しているとのこと。日経新聞の記事です。以下要約です。

 

◆要約

・老後の生活資金が2,000万円不足するという金融庁の報告書が発表された後、楽天証券ではNISA(少額投資非課税制度)への申し込みが6月第3週(10日~14日)は前月比1.7倍、iDeCo(個人型確定拠出年金)が1.8倍。

SBI証券では口座開設申し込みが同報告書発表後、前週比15%増。つみたてNISAが30%増。

・6/17夜に開催されたファイナンシャルアカデミー主催の「老後に2000万円は本当に必要か緊急会議」セミナーには144名が参加(定員は36名)。

ファイナンシャルプランナー主催のセミナー、個別相談申し込みも通常より4割増。

・ただし、銀行、証券会社への来客数は目立って増えていない。利便性からユーザーはネット証券を選択しているという分析。

・リスクや手数料の明確化、各種優遇制度の恒久化が今後の課題。

 

データを見ると、確かに株式投資家が増えている様子です。同じ株式投資仲間が増えるとうれしいですね。この状況が続くと良い流れになりそうです。

 

ただ、変な投資商品には引っかかってはほしくないですね。対面の銀行や証券会社は高い手数料の商品を宣伝しているという印象です。営業はやっぱり、その組織が売りたい製品を紹介してくるので、注意が必要です(^ ^; ついこの間も郵便局が取り扱う「かんぽ生命」が問題になってましたし。

 

そのためには自分で調べて投資商品は選択してほしいです。わからない、面倒だと、人に丸投げしてしまうと、騙される、搾取される可能性が高くなってしまいます。

 

まあ、丸投げしたい気持ちはわかります。ちょっと調べればわかるのですが、初めの一歩が大変です。私も最近では、証券口座を開設する時、ブログを始めるとき、ブログ運営で色々つまづいたとき(今もよくわからないことがたくさんありますが)、丸投げしたくなりました。新しいことをやろうとすると、エネルギーが必要ですもんね。

 

私の周辺では、(持株会以外で)株式投資をやっているよ、という声をまだ聞いたことがありません。私の行動範囲が狭いからかもしれません。あえて人に言わないだけかな?私も自ら積極的に言っていませんし。

 

今回、金融庁の報告書がきっかけで、株式投資が盛り上がりを見せています。これが金融庁(政府も?)の狙いだったのでしょうか?今、働き方改革→勤務時間短縮→自己啓発、副業という流れが出始めています。今後は国に頼らず個人でなんとかしてねという国のメッセージだと思いますので、今回の報告書騒動で、個人が投資に興味を持つ流れが続くことを期待したいです。私もがんばります。

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"「2000万円」問題で動く個人 ネット証券に申し込み急増"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46543460V20C19A6EE9000/?n_cid=TPRN0026

景気後退の予兆を示す9つの指標

ロイター通信の記事です。世界的な景気動向を調べる際には、9つの指標に注目することをお勧めするよという内容です。

 

◆要約

・先行き不透明な中、投資家は世界的な景気後退(リセッション)を教えてくれる指標を探している。

IMFが予測する2020年の世界成長率は3.6%なので(リセッションと言える2%を下回らないので)、世界的なリセッションが来るとは予想されていない。

・それでも専門家は下振れリスクの多さ、(アメリカ、ヨーロッパ、中国が景気を引っ張った)2017年の成長時と現状は大きく違うことから、世界経済の動向を不安視する。

・リセッションの指標としてよく使われるのは以下の9つ。①アメリカの動き、②李克強指数、③貿易関連データ、④PMI、⑤物価上昇率と債券、⑥金VS銅、⑦ディフェンシブ株需要、⑧金融環境、⑨在庫

 

これらの指標はニュースを読んだり、聞いたりしているとよく出てくる単語です。ただ、何に注目してよいかわからなかったので、こういう形でまとめてくれると助かります。

 

アメリカの動き

アメリカがリセッションに入れば、残りの地域も同様にリセッションに陥る可能性が高いとのこと。

李克強指数

私は初めて聞いた言葉でした。説明文を読むまで、「李克強」が人の名前というのもわかりませんでした。中国の首相とのこと。ファゾム・コンサルティングというイギリスの会社が作成した指数です。同首相は経済の動向を把握する際に、貨物輸送量、電力消費、銀行融資、以上の3つを重視するため、この名前が付いています。

③貿易関連データ

記事内では、(ロンドンのバルチック海運取引所が発表する)バルチック海運指数、及び(オランダ経済分析局が公表する)世界貿易量を紹介しています。

④PMI(購買担当者景気指数)

製造業とサービス業のトレンドを予測する際に参考にされます。この言葉はモーニングサテライトでもよく出てきます。50を下回ると要注意ですよと言われています。同番組で出てくるときは、アメリカのPMIのことが多かったような気がします。世界の総合PMIというのもあり、JPモルガンが公表しているとのこと。

物価上昇率と債券(利回り)

これらもよく聞く言葉です。経済成長時は上向き、経済悪化時は下向きとなります。

⑥金VS銅

銅は景気循環指標として、金はリセッション時に保有価値があるとみなされます。リセッション時は銅が売られ、金が買われる動きになるとのこと。

⑦ディフェンシブ株需要

リセッション前には公益や主要消費財等、ディフェンシブ株の需要が高まります。一方、好景気時には自動車メーカーや小売り等の景気敏感株の株価が上昇します。

⑧金融環境

記事内ではゴールドマンサックスが公表している金融環境指数(FCI)が紹介されています。私には、そういえば聞いたことあるかな、という程度です。

⑨在庫

在庫比率が高いと、売上高減少と過剰在庫を意味します。

 

(私は省きましたが)実際の記事内では、どの指数も景気後退のサインを出していると述べています。 

 

今回読んだ記事内で出てきた指標ですが、私は聞いたことはあるが、ほとんど意識していないというのが正直なところです。

 

誰が(どの会社が、どの国が)どう動くか、どう動いたかというニュースには注目していますが、このような指標には興味を持てていません(^ ^;

 

これから、ちょっとずつ意識して耳を傾けたいと思います。どのウェブサイトを見れば、こういった指標が掲載されているのでしょう。まずは普段使っているサイトからチェックしてみます。 

以上

 

◆参考文献

Reuters,  アングル:世界的な景気後退の予兆を告げる「9つの指標」

https://jp.reuters.com/article/global-recession-charts-analysis-idJPKCN1TP0DO

ブランド品の強みは信用と承認欲求?(P&Gの分析記事を読んで)

P&Gの分析記事を読みました。現在の株価は高すぎるよという内容です。以下要約です。

 

◆要約

・P&Gの株価はこの1年で46%上昇、過去最高値となった。

・P&Gは50以上のブランドを所有。同社売上トップ20の商品の内、17はアメリカで1位、もしくは2位のシェアを持つ。

・現在のP&Gの評価と、現実的な成長の見通しはかけ離れていっており、P&Gには悲観的。

・Seeking Alphaの(最近追加された新機能の)分析ツールによると、ValueはC-、GrowhはD+、ProfitabilityはA+、MomentumはA、EPS RevisionsはA-。

・P&Gは昔からディフェンシブ株として見られており、現在はグロース株のように取り引きされているが、何れでもないと考える。

・ハイマージンが良い投資になるとは考えない。

・投資家はリターンを期待しリスクを負っているので)同社の株価は下がるべき。

・DCF(Discount Cash Flow)法で企業価値を算出すると株価は$89。

 

この記事の中では各種データを用い、成長の期待度が高すぎるよということを警告しています。悲観的というわけではなく、株価が高すぎるという主張です。

 

私は自分が保有するP&G株を売却しようかなと考えています。(S&P500 indexよりもリターンが高いという)私の投資方針に合わないのと、繰越した損失があるためです。繰り越した損失は140万円くらいあるんですよね(^ ^; とてもあと3年間の配当金だけでは相殺できません。

 

そう考えていた時に今回の記事を見つけました。確かに(過去10年スパンで見ると)最近は株価が上がりすぎと感じます。

 

P&Gはブランド力があるので魅力的な銘柄です。ただ、これからも大きな成長が期待できるかというとそうは思えないので、株価の上昇にはあまり期待できません。となると大事なのは配当率です。これが高くないと同銘柄を保有する意思が失せます。記事の筆者の指摘には頷けます。

 

なぜ人々はブランド品を買うんでしょう?今回、記事を書きながら思いました。信用度が高いから、それと自慢できるから、でしょうか。私の頭ではこの程度しか思いつきません。

 

私はスマホiPhoneしか使ったことがありません。これは私の性格でもあるのですが、考えるのが面倒だからです(^ ^; そして、iPhoneだったら大丈夫だろうということでiPhoneを選択し、ずっと使い続けています。これもiPhoneAppleブランドを信用しているからだと思います。

 

(バッグや時計など)装飾品のブランド品は、もちろん信用度が高いから買われると思います。それと自慢できるから、承認欲求を満たしたいから購入される顧客も多いのではと感じます。

 

信用、承認欲求、ユーザーの両方を満たせるブランドは強そうですね。P&G社製品のような生活必需品を自慢できるから、という理由で購入されるユーザーは多くないと感じるので、P&Gは信用で勝負していくしかないのでしょうか。生活必需品は差別化が難しそうです。

 

今回はブランドのことを考える良いきっかけになりました。今後の銘柄選択のためにも、ブランドのことはもう少し学んでみたいです。 

以上

 

◆参考文献

1)Seeking Alpha,  "Sell Procter & Gamble Co.: A 'Pretend' Growth Stock"

https://seekingalpha.com/article/4271024-sell-procter-and-gamble-co-pretend-growth-stock

2)Seeking Alpha, Quant Ratings, Factor Grades And Comparison Data For Stocks

https://seekingalpha.com/article/4267278-quant-ratings-factor-grades-comparison-data-stocks

ゲイツさんとバフェットさん、仲がよさそうです(ゲイツ氏のブログより)

ビル・ゲイツ氏が書いているブログがありましたので、1つ記事を読んでみました。(バークシャーハサウェイの子会社である)Dairy Queenというお店を、ウォーレンバフェット氏と2人で訪問した時の体験を交え、記事を書いています。

 

◆要約

・異なった考え方をすること、及び逆さまの哲学を褒めたたえることはDairy QueenDQ)の組織に深く入り込んでいる。ウォーレンバフェットにも同じことが言えるのでは。

ビルゲイツはバフェットに会うたび、同氏の驚くべき洞察力のある「逆の」世界の見方に打ちのめされる。バフェットは違う考え方をする。

バフェットは食事もさかさま。オレオやアイスクリームなども朝食の一部。

・みんながすぐに満足することを望む中、バフェット氏は望む結果を得るまで待つことができるもっとも我慢強い人間の一人。

 

このDQというお店はデザートも提供するファストフード店です。動画も含めこの記事を読むと、どうやらDQはデザートをお客に渡す時、一瞬逆さまにして渡すようです。中身をぎゅっと詰めているよとアピールするため、それを(逆さまにするという)パフォーマンスとして魅せています。

 

ビルゲイツ氏はこの記事の中で「DQの異なった考え方、逆に考える哲学」と「バフェット氏の他の人とは異なる考え方」を「upside-down」という単語を使い、似たようなものと結び付けています。

 

今回、ビルゲイツ氏のブログを初めて読みました。初めて記事を読んだ感想は「ちょっと難しい、理解に時間がかかる」です。個人が書くブログはこういうものなんですかね。ニュース記事と違い、個人は個性を出しやすいですし。

 

このブログを見ると、ビルゲイツとウォーレンバフェットは本当に仲がよさそうです。実際の記事の中では、ウォーレンバフェットのことをウォーレンと呼んでいます。

 

この記事以外にもウォーレンバフェットに関する記事はたくさんあります。このブログは検索機能が付いているので、「Buffet」で検索するとたくさん出てきます。

 

バフェットに関する情報は世の中にたくさんありますが、ビルゲイツのような著名人を通して聞くと、また特別感があります。プロの理解を伝えてくれるという価値があります。

 

同ブログ内には、他にもたくさんバフェットに関する記事はありますので、少しずつ読んでいきますかね。ちょっと理解に時間がかかるところがネックですが(^ ^;

 

今回、バフェットのことばかり話していますが、ビルゲイツのブログではその他のテーマについても書かれています。が、より難しく感じます(-_-) その分野にあまり興味がないからかな。余裕がでてきたらまた手を出してみたいと思います。

以上

 

◆参考文献

gatesnotes, Grilling and chilling with Warren

https://www.gatesnotes.com/About-Bill-Gates/Grilling-and-chilling-with-Warren-Buffett

Altria、下がってます(私のアメリカ株ポートフォリオ、19年6月22日現在)

19年6月22日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

 

ポートフォリオSBI証券、19年6月22日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

80

$210.27

$198.78

4.34%

-$919.20

HD

33

$185.05

$209.39

5.77%

$803.22

JNJ

61

$141.86

$142.09

2.49%

$14.03

MA

42

$207.88

$264.47

-0.50%

$2,376.78

MCD

48

$180.48

$204.26

-0.60%

$1,141.44

MKC

60

$147.16

$154.41

-2.20%

$435.00

MO

192

$59.08

$48.00

-7.04%

-$2,127.36

MRK

120

$73.09

$84.57

2.49%

$1,377.60

PG

96

$91.00

$111.20

2.19%

$1,939.20

SCI

195

$44.97

$45.89

1.70%

$179.40

V

62

$140.15

$173.44

1.95%

$2,063.98

       

合計

$7,284.09

 

先週(6月15日)と比較し、損益は+$605.95でした。6/18、6/19のFOMCの結果も予想通りで、今週は無事終えました。昨日の時点ではもっと評価額が大きかったのですが、6/21に結構下がりました。

 

なんか、Altriaがえらいことになっています(^ ^; 今週1週間の同株価の動きを確認すると、6/18に$1ほど、6/21に$2ほど下がっています。

 

6/17にはMolgan Stanleyが、「FDAがニコチンの含有量を制限するルールを課した場合、たばこ事業の将来は結構きついかもよ」、というコメントを出しています。

 

6/21は何でしょうね。Seeking Alphaのニュースを見ると、今週はAltriaを応援するもの、悲観するもの、両方がありました。

 

6/21に前FDAコミッショナーの方が「政府の監視が強まっているので、Juul (電子タバコ)はきついね」とコメントされています。これですかね。このニュースが投稿された時間くらいに、どーんと株価が下がっています。

 

タバコのことはまた別の機会に調べたいと思います。。がんばってよ、Altria(^ ^;

 

一方、上昇した方はAppleが先週比で4.3%増と結構あがりました。この銘柄は下がって上がっての繰り返しですね。6/18、取引開始直後にどーんと上がっています。今月末のG20で米中首脳会談が開催されることが好感されてとのこと。この調子でいってほしいです。また下がるのはもう十分です。

 

Home Depoは先週で約5.8%アップです。6/18と6/20、両日とも取引開始直後に大きく値上がりしています。上昇理由はよくわかっていません(^ ^; Appleと同様、6/18は米中首脳会談開催が要因でしょうか。6/20はFOMCが無事終わったから?

 

Seeking Alphaで何も情報がない場合、どうやって銘柄価格の変動理由を探すか?しかも簡単に。まだ私の中で良い手段を見つけられていません。今後、探してみます。

 

◆損益通算結果
SBI証券

投資金額

¥-13,446,426

現在値

¥11,932,949

現金(円)

¥48,023

現金(ドル、円換算)

¥1,029,003

損益通算

¥-436,451

利回り

-3.25%

あら、先週より悪化してる。評価額は増えているのに。計算間違いかと思いましたが、そういえば円高がかなり進んでいました。この影響ですね。

②持株会

投資金額

¥-500,000

現在値

¥575,514

繰越金

¥707

配当金(通算)

¥1,151

損益通算

¥77,372

利回り

15.47%

①+②

評価額

¥13,587,347

損益通算

¥-359,079

利回り

-2.57%

 

次は来週末のG20、及び米中首脳会談の結果ですね。楽しみにしています。2か月ほど前だったら考えられない発言です(^ ^; 関心を持つと、短期間でも人間は考え方が変わるんですね。 あとはどこまで継続できるか?

以上

Blackstone CEOも月末の米中首脳会談で「合意することはまずありえない」と言っています

6/19付のアメリカCNBCの記事です。CNBC(ニュース専門放送局)の番組に、Blackstone CEOであるSteve Schwarzman氏が出演しました。その内容が記事になっていました。以下要約です。

 

◆要約

・今月末のG20で米中首脳会談の開催が期待される。金融市場は歓迎ムード。

・その会談で何かに合意することは期待されていないと、BlackstoneのCEOであり共同創立者のSteve Schwarzman氏は述べる。5月に両国間が決裂してからほとんど何も起こっていないことがその理由。

・現場の担当者同士で協議を始める前に、どの程度概念的に前に進みたいかをトランプ氏と習氏は決める必要がある、とSchwarzman氏。

・同首脳会談では何の合意もないだろうが、取引への道筋が明確になる可能性はある、とトランプ氏に近い、現在及び前政府職員や貿易アドバイザーは忠告する。

 

要約の上から3つ目の文章内で、概念的に(conceptually)と表現(直訳)しましたが、あまりしっくりきません(-_-)

 

今回の首脳会談で何かに合意するとは多くの人が思っていないでしょうね。貿易戦争は激化する一方で、両国とも簡単に折れるとは思えません。

 

Appleが自社製品の生産場所を複数国へ分散するニュースも報道されましたし、この貿易戦争は長期化しそうです。

 

だったら、両トップは何の目的で今回会談するんでしょうか?「会談を行った」という事実があれば、両者ともそれぞれの国で面目が保てるのかな?お互いに「相手に言いたいことを言ってやったぜ!!」と自国で表明すれば、色々プラスに働くんでしょうか。

 

それとも、貿易戦争は両国にとってやっぱり厳しいので、今後の落としどころを探り始めるのかな?うーん、ちょっとこの選択肢は考えにくいかな。

 

アメリカや中国以外の国も両国にからんで、2つのチームに分かれるような動きもあり、もう複雑過ぎます(><)単純にアメリカと中国だけのことを考えればよいのか、それとも世界全体の動きを考えないと貿易戦争の行方は見通せないのか、、、難しいけど、世の中おもしろいなと思います。

 

少しずつでいいので、いろんな国の動きを追えるようにしたいです。株式投資に関係ある範囲で。ブログを書くのも、興味がある内容なので毎日続けることができています。始めた頃はどこまで続けられるのか全く見通せませんでしたが、今のところまだいけそうです。いつまでこの意思を保てられるかな(^ ^;

 

と、このあたりで記事を終えようと思っていたのですが、書いている最中にアメリカと中国の高官が通商協議を行うよというニュースが入ってきました。中国側が発表しています。協議の開始時期については記事内で触れられていません。

 

協議が始まっても何も進展しない、よね?両国のトップが国内にアピールする材料かな?なんか、こういった1つ1つのニュースに自分が踊らされていると感じます。もっと、大局を読む訓練が必要と感じます(-_-)訓練すれば、企業分析にもつなげられるかな。

以上

 

◆参考文献

1)CNBC, Blackstone’s Schwarzman says it’s ‘extremely improbable’ Trump-Xi meeting will lead to a trade deal

https://www.cnbc.com/2019/06/19/blackstones-schwarzman-unlikely-trump-xi-meeting-will-lead-to-a-trade-deal.html

2)Reuters, "中国と米国、高官級通商協議を実施へ=中国商務省"

https://jp.reuters.com/article/china-us-trade-idJPKCN1TL165

利下げ予測はさらに高まるも、楽観視はできなさそう

FOMCアメリ連邦公開市場委員会)が18~19日に開催され、パウエルFRB議長の会見が終わり、声明文も公開されました。市場の期待通り、年内の利下げ期待が高まる内容でした。以下要約です。

 

◆要約

・19日のFOMCでは政策金利の現状維持を決定。ただ、投票メンバー10人中1人が利下げを求め反対票を投じる(15年末に利上げを再開して以来、利下げを要求する反対票は初めて)。

・「不確実性は増加、成長持続へ適切な行動をとる」と声明文へ明記。

・参加者18人中、8人が年内利下げを予測。

政策金利を年内据え置きと判断する参加者の多くも、金融緩和の必要性が高まっていると考えている。

・仮に年内利下げと判断される場合でも、その時期は不明。

・7月末の次回会合で利下げをするという予測が先物市場では8割以上。トランプ大統領は(年内に?)1%程度の利下げを要求。

 

市場の予想通りの会合結果だったのか、NYダウとNasdaqの数値も前日比で微増という結果でした。G20での米中首脳会談が終わるまでは、株価はあまり動かないのかな。

 

私は今朝起きた後、今回のニュース記事を読みました。平行してモーニングサテライトも見ていたのですが、本日のゲストの方が今回のFOMCの結果についてコメントされていました。

 

参加メンバー8人は年内利下げを予測、一方、残り10人は年内利下げを予測していない。アメリカの失業率は歴史的に低い、S&P500指数は最高値まであと少し、この状況下では年内利下げを反対するメンバーが多くなる可能性あり。FRBが利下げをしたいなら、パウエルFRB議長が反対派をどれだけ説得できるかがポイント、というようなご意見でした。

 

確かにその通りだなと思いました。反対派のことを私は忘れていました。世論の動きに流されていますね(-_-)

 

そのゲストの方は、7月5日発表される6月の雇用統計、及び7月31日のFOMCの結果に注目すべきとおっしゃっていました。

 

私はこれまで雇用統計や消費者物価指数のような市場データには関心がなかったのですが、今後はこういったデータにも目を向けてみようかなと思いました。よいきっかけになりました。

 

あと、モーニングサテライトはやっぱりいいですね。限られた時間の中に情報をぎゅっと詰め込んでいる構成が私は好きです。

 

半年くらい前だったか、同番組がリニューアルされて、いつも私が見ている時間帯にお土産やストレッチの話などが出てきた時には「モーニングサテライト終わったな」と思ったのですが、いつからかそれらは(私が見ている時間帯では)なくなり、これまでと同じ構成になりました。私には今の内容が合っています。

 

世の中の動きに興味を持ち始めると、目につくニュース記事も増えてきます。モーニングサテライトのようなニュース番組の内容も、私が今まで見向きもしなかった情報がたくさん埋もれてそう。でも、ちょうど、朝起きて出勤するまでの時間帯に放映されているので、集中して見れないんですよね(^ ^;

 

そういえば、テレビ東京はビジネスオンデマンドというサービスをやっていましたね。テレビ番組をネットでも視聴できるというやつ。500円/月、5,000円/年だそうです。

 

この値段でモーニングサテライト以外の番組も視聴できるよう。500円か。。。安いとは思います。。けど、番組を見る時間を確保できるかな(^ ^; 入会月は無料とのこと。当月解約すれば無料かな?試しに来月から視聴してみますかね。 

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"FRB、年内利下げも 声明で「成長持続へ行動」"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46329770Q9A620C1000000/