アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

Home Depotは安定した成長が期待でき、長い付き合いになりそうです(分析記事を読んで)

Home Depotの分析記事を読みました。9/17付のSeeking Alphaの記事です。

 

◆要約

・Home Depotは世界最大のホームセンター。リフォーム用資材や建設資材、ガーデン用品、及び(製品設置、レンタルなどの)各種サービスを提供。世界で2,000を超える店舗を構える。

・Home Depotは建築用資材、装飾、ハードライン(ハードウェア)の3つの事業部門から成る(下記表1参照)。

・FY19Q2、Home Depotの需要は伸び、新製品や新制度を提供した。同四半期の業績押上要因は木材価格の下落、フロントの自動化、オンライン事業の成長(前年比20%の成長)を含む。

・財務諸表の観点からみると、ここ数年は年1桁%の安定した成長を見せている。借入金は大きいが、負債比率は持続可能なように見える(下記表2参照、青が負債比率)。

・Home Depoは財務政策、友好的な株主政策(増配、及び自社株買い)を統制した(下記表3参照)。

・同社の株価はかなり過小評価されていることをバリュエーションは示す。今後5年間は、売上は年7%成長、14%の営業利益率が期待できる。

 

        <表1>

f:id:investmentandsecondjob:20190918205243p:plain

(出典)Home Depot's 10-K filing

        <表2> 

f:id:investmentandsecondjob:20190920074846p:plain

(出典)Seeking Alpha

        <表3>

f:id:investmentandsecondjob:20190920075634p:plain

(出典)Seeking Alpha

 

Home Depoじゃなくて、Home Depotと最後に"t"が付くんですね。今回の記事を読んで初めて気が付きました(^ ^;

 

Home Depotは今後も安定した業績が出せると私は信じています。経済が世界No.1のアメリカにあって、業界No.1、土地も山ほどあるので、人口が増えてもまだまだ住宅を建てる余地があるためです。

 

家をリフォームするという文化があることも貢献しているのでしょうか。その他各国と数値で比較したわけではないので、アメリカにはそういう文化がありそうというイメージで話していますが(^ ^;

 

一般的に新築住宅の方が価値が高い日本と比較し、アメリカは居住年数が長いほど家の価値が上がっていく傾向にあるそう。これは、居住年数が長い=その地区は安全と考えられる構図があるためです(昔、ある本から得た知識です)。

 

居住年数が長いほど安全、わからないこともないですが、基本的に経済が右肩上がりのアメリカだから成り立つ論理かもしれません。

 

今回の記事のデータを見ても、Home Depotには今後も安定した業績が期待でそうです。配当率も現時点で2.3%程度と悪くないです。また、私の保有銘柄で一番構成率も低いので、追加購入したいです。

 

ただ、ちょっと高いんですよね。ここ1か月で$20くらい上がっていますし。でもほっといたら、まだ上がる可能性も。今後5年間は年7%の成長をこの筆者は期待しており、やっぱり上がりそう。次の株価調整が来たら買いかな?

以上

 

◆参考文献

Seeking Alpha, "Home Depot: Accelerating Demand To Drive New Growth"

https://seekingalpha.com/article/4291991-home-depot-accelerating-demand-drive-new-growth

予想通り0.25%の利下げ。今後の利下げは不透明も、アメリカ経済は良好に推移。

10月のFOMCが終わりました。市場の予想通り、FRBは0.25%の利下げを決定しました。以下、ロイターの記事の要約です。識者の見解が述べられています。

 

◆要約

・今回のFOMCFRBは0.25%の利下げを決定。賛成7、反対3。

・設備投資、輸出は下落するも、アメリカ経済の見通し、労働市場は共に良い。目標の2%のインフレ率を達成する可能性が高い。この目標達成のため、今後も適切に行動する。今回の利下げ決定は保険。世界経済の成長鈍化、通商協議への懸念に対するもの。FRBの判断はデータに依存する。定められたストーリーがあるわけではない(パウエルFRB議長コメント)。

・予想通り。2人据え置き、1人大幅利下げということはメンバー内で意見が分かれている(アリアンツ・インベストメントマネジメントのシニア投資ストラテジスト)。

・メンバー内で意見が分かれており、FOMC毎に結論を出す流れになっている。判断は経済指標、通商政策に基づくため、今後の判断は不透明(インベスコの首席グローバル市場ストラテジスト)。

金利EUや日本よりも高い状況。ドルやアメリカ企業への影響は意図的に言及していない可能性あり(BライリーFBRのマネジングディレクター)。

タカ派的な判断。世界にリスクは多いが、FRBの見通しは健全。ドルは現在の高値を維持すると予想(ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションのシニア市場アナリスト)。

・ややタカ派的な判断。メンバー間で意見が分かれており、パウエルFRB議長は意見をまとめようと動いている。世界経済の鈍化、通商問題も認識(チルトン・トラストの最高投資責任者)。

 

ロイターは、FOMCが終わるたびに今回のような識者の見解をまとめた記事を投稿しているようです。

 

できれば、今後の株価はどうなるか、ということに言及してほしかったですが、そんなに都合よくありませんね。いつも見ているニュースサイトを今朝もチェックしましたが、今後の株価の動向に関する記事は見つけられませんでした。

 

パウエルFRB議長はこれまでと同様、アメリカ経済は調子いいよと言ってくれています。今はこれに頼ります。

 

アメリカ経済は良好という判断なので、資金が確保できたら投資するという流れは続けます。「大きく下落するかも?」ということは考えないようにしたいと思います。

 

あと個人的に気になることが。先週はバリュー株へのシフトが突然起きましたが、今後も続くんでしょうかね?Mastercard、Visaなどに資金が戻ることはないのかな?

 

バリュー株へ資金が移動しましたが(同株の株価が上がりましたが)、この動きに便乗してバリュー株へ飛びつくと今は失敗しないかな?、と考えたりもします。

 

ですので、今はあまりバリュー株だからということは考えず、将来も期待でき、割安そうな銘柄を狙っていきたいと思います。 

以上

 

◆参考文献

1)ロイター、"FRB0.25%利下げ、リスクに「保険」 追加緩和手掛かり示さず"

https://jp.reuters.com/article/fed-sept-fomc-idJPKBN1W32JQ

2)米FRB、予想通り0.25%利下げ:識者はこうみる

https://jp.reuters.com/article/instantviews-fomc-idJPKBN1W32UH

Wells Fargoは銀行株の中で配当率No.1。株価が下がるのを期待してもう少し様子見したい(分析記事を読んで)

Wells Fargoの分析記事を読みました。8/26付のものです。Wells Fargoが前から気になっています。銀行株を1つくらい保有しようかなと思っており、中でも同銀行の配当率が高いからです。以下記事の要約です。 

 

◆要約

・投資初心者には、銀行の将来を見通すのは難しい。銀行の事業はあまりに多岐に渡っており、ある事業はうまくいっているが、またある別の事業は苦しんでいる。

イールドカーブが反転したり、フラットになると銀行株のパフォーマンスは悪くなる。長短金利差が大きい方が銀行は利ザヤを稼げる。差が小さくなったり、逆になると、銀行の利ザヤは消える。

・今日の銀行はお金の預り、貸出以外に多くの事業(IPOや資産管理、支払い処理サービスなど)を行っている。

・Wells Fargoは預金の多さでは、アメリカ第3位の商業銀行(18年12月時点で$1.3兆ドル)。直近の2年間、その他商業銀行が株価を5~10%落としているのに対し、Wells Fargoは20%以上下落。これは、同銀行が行った複数の不適切な業務行為が基になっている。

・当然だが、同行は顧客の信頼を失ってきた。しかし、今は回復の局面にあるようにみえる。

・Wells Fargoは規制当局の要求に応えるため、社内管理システムに投資を行い、またCEOも外部から招へいする予定。

・Wells Fargoは新しい時代に適応していくため、投資を継続中(モバイルバンキングや幅広いデジタル業務、コスト効率化のための支店合理化など)。ただし、この投資から生み出される利益は前述の不適切行為に対する償いへの支払いで、2020年まで相殺される可能性あり。同行が本当に利益を得るにはもっと長期的に見る必要あり。

・同行のGross payout ratio(配当金+自社株買い  /  収益)は銀行の中で一番高い数値。

・P/E ratioは10未満だが、(8/26現在)配当率は4.6%、年10%の増配が期待できる。また、自社株買いもあり、同行の株は現在買い(表参照)。

          <表>

f:id:investmentandsecondjob:20190917230312p:plain

(出典)Seeking Alpha
 

元の記事では、FY19Q2の決算書の中身についても言及されていましたが、長くなるのでここでは省きました。決算の内容は悪くはないという筆者の判断でした。

 

Wells Fargoの株価の動きを直近の10年間でみると、2017年末の$65くらいをピークに下がり基調にあります。今年の8月中旬くらいに$44台まで下がり、9/17の終値は$48.76です。

 

上の表でいうと微妙なところですね(^ ^; 配当率が高いのは非常に魅力ですが、世の中はまだ利下げ方向なので(今後、銀行の株価が下がると見込んで)、今は買わず様子見したいです。

 

これからも銀行の分析記事を読んで、同業界の理解を深めていきたいと思います。銀行株の将来を語ってくれるような分析記事があると助かりますね。バークシャーハサウェイが銀行株を買いまくっている理由を少しでも理解したいです。

以上

 

◆参考文献

Seeking Alpha, "Wells Fargo: U.S. Banking Giant In Final Stages Of Completing Transformation - Get 4.6% While You Wait"

https://seekingalpha.com/article/4287676-wells-fargo-u-s-banking-giant-final-stages-completing-transformation-get-4_6-percent-wait

原油価格の急騰により、今月の利下げ実行は不透明になってきました。

9/14、サウジアラビアにある石油施設が攻撃されたことを受け、市場も騒がしくなってきました。こういう時(NY市場の原油価格が急騰する時)、どのように株価に影響するかをみるのは初めてなので、参考になります。

 

昨年の秋頃でしょうか、原油価格が上昇した時がありました。この時私はエクソンモービルなど、石油会社の株価しか見ていなかったので、その他業界の株価がどのように動いていたのかはわかりませんでした。

 

原油価格が上昇すると企業のコストは上がるので、それが販売価格に反映され、インフレになります。この時に利下げすると、インフレを助長するので、通常ならFRBは利下げをしないとのこと。今朝のモーニングサテライトで専門家の方が説明されていました。

 

CNBCの記事によると、今週のFOMCで利下げしないという判断になる期待が34%になったとのこと。先ほど、FedWatchツール(下記URL)で確認すると、確かに34%でした。

https://www.cmegroup.com/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html

昨日、確認した時は20%だったんですけどね。利下げしないという期待が急に上がっています。

 

こんな状況だともっと株式市場は荒れるのかなと思ったのですが、9/16はNYダウもNASDAQも下落率は1%未満とそうでもなかったです。

 

今回のサウジアラビアの石油施設が攻撃されたという事件、どこまで長引きますかね。今朝のモーニングサテライトで専門家の方が、1日で15%も原油価格が上昇したのは初めて見たとおっしゃっていたのが気になります。結構、異常事態なんでしょうか。今後の原油価格次第で、株式市場が荒れることになるかもしれませんね。

 

原油価格が1日で5%以上上昇した時の、最も買われた株、及び最も売られた株のデータが9/16付のCNBCの記事に記載されていました。あるツールが算出するデータで、1999年以降のデータが反映されています。

 

以下のグラフ1が最も買われた株です。グラフの細かい見方はわかりませんが、とにかくベスト5の銘柄です。

 

       <グラフ1>

f:id:investmentandsecondjob:20190917074325p:plain

 

次にワースト5です。私が保有する銘柄が4つもはいっていますね(^ ^;

 

      <グラフ2>

f:id:investmentandsecondjob:20190917074353p:plain

 

これらのデータを見て思いましたが、大した変動率ではないですね。買われたものはすぐに売られ、売られたものはすぐに買い戻されるということかな?まさに私が昨年、エクソンモービル株を買った時です(^ ^; 値が上がると思い、買ったら、結局上がらず、マイナスで売却しました。。。

 

今回のデータは1日で5%以上、原油価格が上昇した時なので、15%の今回はまだ動きがことなるかもしれません。今回の有事の時に値が下がり、安く買える銘柄が出てくれば、狙いたいです。

以上

 

◆参考文献

1)CNBC、"Expectations suddenly are rising that the Fed might not cut interest rates this week"

https://www.cnbc.com/2019/09/16/fed-decision-expectations-rising-that-rate-cut-might-not-happen.html?&qsearchterm=expectations%20suddenly

2)CNBC、"These are the biggest Dow winners and losers after oil spikes"

https://www.cnbc.com/2019/09/16/these-are-the-biggest-dow-winners-and-losers-after-oil-spikes.html?&qsearchterm=biggest%20winner

McCormickはここ10年間増配傾向も、今はちょっと株価が高い(分析記事を読んで)

McCormickの分析記事を読みました。9/13付の記事です。事業も安定して成長、33年間連続配当で、ここ10年間は特に高配当、しかし、今は株価がちょっと高すぎるよという主張です。 

 

◆要約

・調味料、香辛料業界で、McCormickは20%のシェアを持つ。

・FY19Q2決算発表によると、売上は$1.3Bと前年同月比でほぼ同じ、予想を$10M下回る。為替変動の影響が要因に(為替変動がなければ、売り上げは2.8%アップ)。

・McCormickの売り上げの3分の2をコンシューマー事業が占める(為替変動の考慮無しで売上2%増、考慮すると2.6%減)。同事業の成長はアメリカが貢献しており、数量ベースで2.2%増。アジア、太平洋地域では価格を5.7%アップ。これにより、数量ベースで3.1%減、為替で6.3%の売上減となった。

・別事業であるフレーバーは、為替変動の考慮無しで売上4%増。コンシューマー事業部門と同様に、フレーバー部門の売上には製品ラインナップの豊富さ、各製品の出荷数量の多さが貢献している。

・McCormickはEU、中東、アフリカでも事業を展開する。数量ベースで7.2%増、価格も1.7%増。成長はしているが、為替変動を考慮すると9.7%の売上減。これらの地域では、クイックサービスレストランの増加が売上増に貢献。

・McCormickは33年間、配当増を継続。一方、リターンは1.4%/年。そのため、利益目的の投資家は別の銘柄を選ぶ場合も。しかし、ここ最近は配当率が増加(過去3年は9.1%増/年、過去5年は8.9%増/年、過去10年は9%増/年)。この増配傾向は、同社財務データの安定的な成長が背景にある。

・McCormickのEPS、Free cash flow payout ratioはとても低い。

・McCormickの事業はとてもうまくいっている。配当の歴史と安定した増配はとても魅力的。しかし、同社株のバリュエーションをみると、現時点での追加購入はためらってしまう。

・株価の上昇ペースに、売上増のペースは追いついていない。今のPERは29.6と高すぎる(同社の5年平均のPERは23.4、10年平均のPERは20.3)。29.6はグロース株の数値で、McCormickのような企業のものではない。

・企業のバリュエーションを算出する世の中のツールをいくつか使い、平均値をとるとMcCormickの株価は$141。これまでの配当実績を考慮すると、5%高い$147であれば追加購入する。 

 

私は確か、過去10年をみるとS&P500 indexよりリターンが大きいということで、McCormickの株を購入したと思います。

 

私も今はMcCormick株を追加購入しようとは思いません。調味料、香辛料という今後大きな成長はあまり期待できない事業を担う企業で、かつ配当率も1.5%を切っています。

 

安定した事業は魅力的ですね。調味料、香辛料の需要は変動も少なそうです。今回読んだ記事には書いていませんが、McCormickの事業は世界のどの地域まで進出しているんですかね。まだ成長は期待できるのかな。

 

配当率はもうちょっと高いとうれしいです。2.5%くらいにならんかな。。ちなみに、私の購入価格で計算すると、配当率は1.55%(=2.28/147.16)です。あまり、今と変わりませんね。。2.5%なんか、はるか先ですね。仮に、McCormickの株価が$147だったとしても、今なら買わないかも(^ ^;

以上

 

◆参考文献

Seeking Alpha, "McCormick & Company: Great Business, But Spicy Valuation"

https://seekingalpha.com/article/4291444-mccormick-and-company-great-business-spicy-valuation

世界の中央銀行「景気は思ったより悪くないよ。利下げは期待しすぎないでね」

9月12日付のロイターの記事を読みました。これまで、市場の期待は利下げ一辺倒に近い状況でしたが、今週に入り始まった国債利回りの上昇が状況を変えています。 その状況を記事は解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・今週に入り、国債利回りが突然上昇。これを受け、市場が利下げを期待するのは間違いである可能性があると、世界の中央銀行(以下中銀)は示唆。この中銀の姿勢をみて、市場は資産の配分を大きく変更。

・イギリス、イタリア、香港、米中関係、それぞれの政治リスク懸念が後退したことが背景にある。

・世界で、年内の利下げの期待は後退している。スウェーデン中銀は利上げ姿勢を保ち、カナダ中銀は利下げに言及無し(結果、10月の利下げ見通しは70%から50%へ低下)。FRBに対する利下げ期待も低下。9月に0.5%下げる確率はゼロに、年内中の利下げ期待も0.7%から0.55%へ。ECB内では、早急で大規模な債券買入策について意見が対立。

・世界の中銀は、①中銀はリスクバランスをとる。市場は期待しすぎるな。②世界経済は後退しているが、それほど悪くない。以上の2点を述べている(アビバ・インベスターズのシニアエコノミスト)。

・(アメリカのCitygroupが算出する)エコノミックサプライズ指数は、1年ぶりにG10各国のプラス幅が大きくなる(アメリカとイギリスはマイナスからプラスに)。ユーロ圏はマイナスだが、そのマイナス幅が縮小。

・政府、市場は課題解決を中銀に頼ってきたが、限界が来ている。世界の中銀は今後も低金利維持政策を表明しているが、体力のない中銀は低金利が続くと経営が悪化する。

・金融緩和だけでは対応できず、財政政策が必要と中銀は政府に訴える。

・市場はどちらかというとまだ利下げ、マイナス金利を期待する。ただ、調整は始まっており、方向性は変わる可能性あり(ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントの金利・キャッシュ専門家)。

 

今週の9月17日、18日にFOMCが開かれます。市場は(8割が)0.25%の利下げを期待しているので、下げないと市場が荒れます。ですので、0.25%利下げされると思いますが、最近は良いニュースが多いので、利下げ派も悩ましいところですね。

 

9月は0.25%利下げして、思ったより景気は悪くないので、年内の追加利下げは期待しすぎないように、というメッセージになりなますかね、今回のFOMCは。今回読んだ記事から思った私の勝手な推測です。

 

急に良いニュースが増えてきたような感じですが、気のせいですかね?市場が悲観すぎて、悲観的なニュースが多くなって、私もそれにつられてたのかな。

 

今回は、突然長期国債の利回りが上昇し始めた直後のFOMCとなるので、パウエル議長のコメントは結構楽しみです。見解を出した後の各銘柄の値動きをみれば、(どの銘柄が買われていくのか)方向性みえてきますかね。

以上

 

◆参考文献

ロイター、"焦点:中銀が市場にブレーキ、金融政策頼みに「我慢の限界」か"

https://jp.reuters.com/article/central-bank-policy-idJPKCN1VX09C

市場がバリュー株へ突然シフト。(個人的に)大パニックの2日間で始まるも後半なんとか持ち直し。

19年9月14日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、19年9月14日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

80

$210.27

$218.75

2.51%

$678.40

HD

33

$185.05

$233.98

1.22%

$1,614.69

JNJ

61

$141.86

$130.78

1.97%

-$675.88

MA

42

$207.88

$276.32

-5.45%

$2,874.48

MCD

48

$180.48

$209.81

-4.87%

$1,407.84

MKC

60

$147.16

$157.12

-5.00%

$597.60

MO

192

$59.08

$42.01

-4.38%

-$3,277.44

MRK

120

$73.09

$82.61

-4.79%

$1,142.40

PG

96

$91.00

$122.12

-0.61%

$2,987.52

SCI

195

$44.97

$48.56

3.77%

$700.05

V

62

$140.15

$177.27

-4.78%

$2,301.44

VOO

33

$270.69

$276.58

1.03%

$194.37

       

合計

$10,545.47

 

先週(9/14)比で-$1,879.71(-15.13%)です。12銘柄中、7銘柄がマイナスです。7銘柄の内、6銘柄はマイナス幅が4%を超える大きな下落でした。

 

今週は9/9(月)から突然、今までとは違う株価の動きで市場は始まりました。今まで私の成績を引っ張ってきてくれたMastercard、Visa、P&G、McDonald's、McCormick、Merckが大幅下落です。NYダウ平均やナスダックはほとんど変化がないにも関わらずです。

 

これはおそらく調整だろうと現実から目を背け、次の日も大幅下落。背景はモメンタム(勢いのある)株からバリュー株へのシフトでした(詳しくは、9/12に投稿した以下のブログ記事をご参照ください)。

 https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/09/12/080853

 

このまま下げ続けると、私も精神的にダメージを受けていたと思いますが、9/12(木)にわりと値を戻してくれたこともあり、今は落ち着いています(^ ^;

 

どさくさに紛れて、Altriaも-4.38%と大きく下げています。株価は$42.01ですか。私がAltriaを保有し始めて以来、一番の安値ですね(^ ^; 1週間のチャートを見ると、9/13(金)だけでこれだけ下げていますね。取引開始直後に大きく下がっています。

 

トランプ大統領電子タバコ禁止を計画していると報道されたのは9/11(水)なので、この報道が下げた要因ではないですね。この報道後、ニュージャージー州電子タバコの禁止を検討しているとか、CNNが電子タバコの広告を載せないことを決めたとか、電子タバコ禁止が現実的になっている報道が出てきたからでしょうか。

 

9/9(月)の銘柄の下げ幅を見て、今週はどうなることかと思いましたが、下げ幅は-15.13%と想定よりも少なかったのでよかったです。過去の評価益の変動率を見返すと、1週間で2桁パーセント変動するのは(ここ5か月間は)しょっちゅうですね。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-14,427,509

現在値

¥13,364,015

現金(円)

¥71,912

現金(ドル、円換算)

¥1,079,606

損益通算

¥88,024

利回り

0.61%

②持株会

投資金額

¥-655,000

現在値

¥671,534

繰越金

¥8

配当金(通算)

¥12,358

損益通算

¥28,900

利回り

4.41%

①+②

評価額

¥15,199,433

損益通算

¥116,924

利回り

0.78%

 

アメリカ株の利回りは、円安と配当金に助けられ、プラスのままです。持株会の数字も、今後は株価だけは毎週反映させ、現在値を計算することにしました。日経平均株価は少しずつですが右肩上がりの1週間でしたので、利回りが改善しました。

 

さて、今週はFOMCです。9月17日、18日です。CMEのFedWatchツール(以下URL)で確認すると、0.25%の利下げが8割、現状維持が2割の確率となっています。

https://www.cmegroup.com/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html 

 

最近、明るいニュースが多いので、現状維持派が増えていますね。上記サイトの下の方に、1日前、1週間前、1か月前の数値が記載されています。ここ最近、現状維持派が増えています。

 

基本的には、10月1日(中国の国慶節)までは株価は右肩上がりでいきますかね。最高値も記録するかも。連休明けの10/8(火)からが怖いです。「中国内の大事なイベントがあったからいいかっこしてたけど、10/8からはそうはいかないよ」的な反応が中国から出てきませんかね(^ ^; 国慶節の連休が明けて、2週間くらいは様子を見たいです。

以上