アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

株価上昇基調が終わるタイミング

11/25付のReutersの記事を読みました。現在、アメリカ、日本の株式市場の株価は上昇を続けています。筆者は、その上昇が止まる時期を予想しています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

アメリカの11月の消費者信頼感指数は96.1と、市場予想を下回る。前月の101.4からも低下。一方、NYダウ平均は過去最高値を更新。これは、実体経済と株価が相関していないことを表す。

・現在のアメリカ、ヨーロッパ、日本の株高は大幅な金融緩和が要因。過去は、資産価格が急激に上昇すると、長期金利上昇→利上げ→資産価格低下という動きであった。

・しかし今は、新型コロナウイルスの感染拡大のため、各国の中央銀行は大規模金融緩和をしばらく継続させる予定。FRBは2023年まで、現在の金利を維持する方針。

・このため、現在の株価上昇基調は継続する見込み。ワクチン、治療薬で、新型コロナウイルスの感染が収まると見通しが立つまでは株価は上がると、市場関係者は見込む。

・現在、アメリカの10年国債金利は0.8%前後。この水準が続く限り、株高も続くと考える。株式市場への資金流入が続く。

・前述の長期金利が1%を超え、さらに上がり続ければ、株価上昇基調の出口が見えるだろう。

・ワクチンは近い将来、接種できる見込み。ただし、有効期間、副作用など、不透明要素あり。そのため、ワクチン接種開始後も、相当な期間、株高基調は続くと考える。

 

世界的な大規模金融緩和政策で、株価の上昇が続くという市場の見方は変わっていません。アメリカの低金利もまだまだ続きますし。

 

平均株価の上昇が今後も続くとなると、個人的には買いづらい状況が続きます。新型コロナウイルスの感染拡大起因による景気後退により、株価が下がることを私は期待していますので、今は待ちです。

 

ただ、株価が下がるかはわかりません。下がったとしても、それまでの上昇幅が大きく、思ったより株価が低くならないかもしれません。

 

もし、下がらなかったら仕方がありません。私の判断ミスです(^^; 上昇基調は長く続く見込みですので、気長に行きたいと思います。

以上

 

◆参考文献

Reuters、"コラム:日米株高はコロナ終息まで継続か、出口のサインは米長期金利上昇"

https://jp.reuters.com/article/idJPKBN2850H8

評価益は過去2番目の水準に上昇。今週はNTR、MA、Vの上げが支えに。

20年11月28日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、20年11月28日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

320

$52.50

$116.59

-0.64%

$20,508.80

AVGO

33

$277.03

$394.95

3.03%

$3,891.36

CSCO

112

$42.07

$42.70

4.22%

$70.90

HD

33

$184.39

$275.99

2.29%

$3,022.80

JNJ

61

$141.50

$144.00

-1.61%

$152.50

MA

42

$207.36

$339.07

4.98%

$5,531.82

MCD

48

$180.03

$218.33

1.98%

$1,838.40

MKC

60

$146.80

$186.48

1.53%

$2,380.80

MO

192

$58.85

$40.37

1.08%

-$3,548.16

MRK

120

$72.91

$79.86

-0.73%

$834.00

NTR

230

$38.68

$49.41

9.00%

$2,467.90

PG

96

$90.77

$138.61

-0.50%

$4,592.64

SCI

195

$44.85

$49.54

2.10%

$914.55

USB

132

$35.20

$44.21

3.63%

$1,189.32

V

62

$139.80

$211.00

3.49%

$4,414.40

VOO

51

$264.13

$334.14

2.34%

$3,570.51

       

合計

$51,832.54

 

評価益は先週(11/21)比で+$3,563.27(+7.38%)です。16銘柄中、12銘柄が上昇しました。評価益は、8月末に付けた過去最高値に次ぐ、2番目の大きさです。

 

以下、主要株価指数です。何れも上昇しました。ナスダックは過去最高値を更新しました。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

11月21日

$29,263.48

3,557.54

11,854.97

11月28日

$29,910.37

3,638.35

12,205.85

先週比

$646.89

80.81

350.88

先週比(%)

2.21%

2.27%

2.96%

最近はテクノロジー株から景気敏感株への資金ローテーションの話もありましたが、ナスダックはまた上げてきました。アップルやアマゾン、マイクロソフト、ネットフリックスなどは下げたままなので、 これまでとは別の銘柄が支持されているようです。

 

今週は新型コロナウイルスワクチンに関する良いニュースと、トランプ大統領アメリカ政権の移行手続き開始を承認したという報道で、株価は上昇しました。アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大は止まりませんが、リスクオン派が多く、株価上昇が続いています。

 

先週に引き続き、ニュートリエンが1番上昇しました。先週比で+9.00%です。1週間右肩上がりでした。モロッコ、ロシアから輸入するリン酸塩に関税を課すことをアメリカの商務省が検討していると、11/24に報道されていました。両国のリン酸塩の生産者が不当な補助金を受けているとみられていることが背景にあります。

 

ニュートリエンは大統領選挙投票日以降、急に株価を上げてきています。11/4以降で+28%です。

 

次にマスターカードが先週比で+4.98%です。11/23、11/24に大きく上昇しました。同業のビザも+3.49%、同じ日に上昇しています。特に固有のニュースはなく、景気敏感株が上げた日に、両銘柄とも上昇しています。

 

ブロードコムは+3.03%です。11/25以外は上昇しています。同銘柄は11月に入ってから、大きく上昇しています。その他半導体関連銘柄と同様、好調です。10/30時点の株価と比較すると、13%上昇しています。

 

ホームデポは+2.29%です。バンクオブアメリカによると、新型コロナウイルスの感染状況が拡大、もしくは現状維持の間は、リフォーム業界は好調を維持するとのこと。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-17,376,130

現在値

¥20,435,302

現金(円)

¥67,142

現金(ドル、円換算)

¥420,145

損益通算

¥3,546,459

利回り

20.41%

②持株会

投資金額

¥-671,000

現在値

¥658,171

繰越金

¥33

損益通算

¥-12,796

利回り

-1.91%

①+②

評価額

¥21,580,793

損益通算

¥3,533,663

利回り

19.58%

 

利回りは先週比で約2ポイントの改善です。先週は株価の上昇が一服した感じですが、今週は、良いニュースが続き、再び株価が上昇しました。

 

感謝祭を通過し、アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大が続きそうです。ただ、12月からワクチンの接種が始まりそうなので、良いニュースも出てきます。短期的には株価が上に行くのか、下に行くのかわかりません。

 

アマゾン、マイクロソフト、エヌビディアは下げたままですが、この程度の下げでは買いづらいので、様子見継続です。アルファベットだけは、なぜか上げていますね。

 

この先数か月の間に、株価下落の可能性があることを期待し、様子見を続けます。12月は賞与が入りますが、大きく下げなければ、追加投資なしで今年は終えると思います。

以上

 

◆参考文献

1)Seeking Alpha、"U.S. wants tariffs on phosphate fertilizer imports from Morocco, Russia"

https://seekingalpha.com/news/3639275-u-s-wants-tariffs-on-phosphate-fertilizer-imports-from-morocco-russia

2)Seeking Alpha、"Black Friday spotlight burns on Home Depot, Lowe's, GameStop and Peloton"

https://seekingalpha.com/news/3639668-black-friday-spotlight-burns-on-home-depot-lowes-gamestop-and-peloton

半導体製造装置メーカー銘柄の株価が、何から影響を受けるか

11/21付のSeeking Alphaの記事を読みました。アプライドマテリアルズ(AMAT)、ラムリサーチ(LRCX)、KLA(KLAC)、3社の半導体装置メーカーに関する話です。3銘柄の株価は過去52週間で最高値を付けています。その背景について記事は解説しています。以下要約です。

 

◆要約

>>>地域別売上

・3社とも中国への依存度が高い。2019年、年間売上高の内、中国が占める割合はLRCXが31%、AMATが29%、KLACが25%。LRCX、AMATにとって、中国は最大の市場。KLACは台湾が最大市場で年間売上の27%を占める。

・SMIC(中国最大の半導体企業)に対する輸出規制など、3銘柄とも中国関連の報道に影響を受ける。

>>>ユーザー別売上

・2019年、AMATの売上の約半数を、ファウンドリ(半導体チップメーカー)、ロジックICメーカーが占める。LRCXの同年売上の約60%をメモリメーカーが占める。

・(報告書上の表現が異なる)KLACでは、売上高の約80%を半導体工程管理セグメントが占める。2020Q1は、同セグメントの内、69%はファウンドリ(半導体チップメーカー)。

・まとめると、LRCXはメモリメーカー、KLACはファウンドリに大きく依存。3社の中では、AMATが最もバランスが取れている。

ファウンドリ、メモリ市場のニュースに、3銘柄は影響を受ける。

>>>売上の10%超を占めるユーザー

ファウンドリ最大手のTSMCが、3社にとってこの分類に入る。AMATは売上の14%をTSMCが占める。サムスンも同様にこの分類。2019年、AMATだけが初めてサムスンからの売上が10%を下回った。

・AMATはまた、売上の12%がインテルから。

・LRCXは先に述べたように、メモリメーカーへの依存度が高く、マイクロン(MU)、SKハイニックスがこの分類に入る。

>>>半導体製造装置市場

・各チップメーカーは1年先の需要を見越し、数千万ドルを半導体製造装置に投資する。半導体装置メーカーの収益、報告内容を追跡することで(家電製品、データセンターサーバー、メモリのような)製品の将来の需要が予測できる。

・AMAT、LRCX、KLACの各社が最近発表した業績結果は、何れも市場予想を上回った。次の四半期予測も上昇修正。KLACは大量の受注残があった四半期が終わったことにも言及。

・AMATのトップ顧客はTSMCインテル。2019年、サムスンは売上の10%未満。だが、2018年は13%、2017年は23%だった。NAND(フラッシュメモリの1種)に対する設備投資が2018年に36%減少、2019年に33%減少したため。2020年、サムスンの同設備投資は55%増加すると見込む。これが、AMATの株価上昇に繋がるだろう。

<グラフ>過去1年間のS&P500指数に対するパフォーマンス

f:id:investmentandsecondjob:20201126081944p:plain

(出典:Seeking Alpha)

 

半導体製造装置市場のことを理解したい私にとって、ちょうどよい記事でした。これくらいの内容、情報量だと、まだ読めます。専門用語も限られますし。競合他社との比較情報もあり、業界の理解が深まります。

 

半導体業界には長期的に期待しており、製造装置メーカーの数も多くはなさそうなので、同メーカー銘柄の保有を考えています。

 

(今から考えればですが)大統領選投票日前である10月末には、各銘柄の株価が結構下がっていたので、買いたかったです。その時は資金に余裕がなかったこともあり、投資に踏み出せませんでした。

 

今は、この記事で挙げられた銘柄含め、半導体製造装置メーカー銘柄の株価は大きく上昇しており、手が出しづらいです。次に大きく下げた時に買えるよう、今は資金を貯めます。

 

どの銘柄が良いか判断できない場合は、分散させて買おうと思います。

以上

 

◆参考文献

Seeking Alpha、"Applied Materials, Lam Research, and KLA trading at record highs: What drives semi equipment stock movements?"

https://seekingalpha.com/news/3638518-applied-materials-lam-research-and-kla-trading-record-highs-what-drives-semi-equipment-stock

コロナワクチン、治療薬の市場規模は年間100億ドル

11/6付の日経新聞の記事を読みました。元ネタはFinancial Timesです。企業が開発を競っている新型コロナウイルスのワクチン、治療薬の市場が将来有望であることを記事は解説しています。以下要約です。

 

◆要約

新型コロナウイルスワクチン市場は年間で100億ドル超の規模が見込める。ワクチンを毎年接種、1回当たり約20ドルの費用が条件(モルガンスタンレークレディスイス)。

アメリカだけで年間100億ドルに達する可能性も(クレディスイス)。

・年間100億ドルは、10個の大型医薬品の年間売上高に相当する。

新型コロナウイルスのワクチン、治療薬開発のため、製薬業界はこの8か月で政府から数十億ドルの資金を獲得。ワクチン、治療薬が実現すれば、企業は公的資金を基に収益を得ることになる。

アストラゼネカ、J&Jなど一部企業は、利益なしでワクチン、治療薬を提供することを約束。ただし、これは感染拡大の最中のみ。コロナ終息後は利益を得る可能性も。

・インフルエンザよりも、新型コロナウイルスの市場規模は小さい。ただし、同ウイルスの医療費は年間数十億ドルになる可能性も(モデルナ)。

新型コロナウイルスワクチン、治療薬の市場規模について、アストラゼネカ、JNJからはコメントを得られず。ファイザー、ドイツのメルクも同様。

・開発中である新型コロナウイルスの抗体薬には、長期的な需要を見込む。ワクチン開発後も、感染拡大は止まらない。ワクチンを接種しない(できない)人も出てくる(イーライリリー)。

新型コロナウイルスワクチンの接種頻度により、市場規模は変わる。この点がまだ不明確(クレディスイス)。

コロナウイルスワクチン市場が独占される可能性は低い。感染拡大が続く間は、承認された全てのワクチン、治療薬が求められる。しかし、コロナ終息後は、より効率的なワクチン、治療薬を開発した企業、また医療機関と良好な関係を持つ企業が、有利となる可能性あり(SVBリーリンク、アメリカの投資銀行)。

・製薬業界にとって、新型コロナウイルスワクチン、治療薬はドル箱になるのでは(パブリック・シチズンアメリカの消費者保護団体)。

 

新型コロナウイルスのワクチン、治療薬の市場規模は、10個の大型医薬品の年間売上高に相当する可能性があるとのこと。この数字は魅力的ですし、公的資金の援助も受けられるので、各企業が開発競争に加わるのも理解できます。

 

先週、同ワクチンに関する良いニュースを発表したモデルナ(MRNA)の株価は、2020年2月の$20から、今は$100まで上昇しています。

 

ただ、開発を主導している全ての企業の株価が上昇しているわけではなく、例えばファイザーの株価は、変動はあるものの、現在の株価は1年前と変わっていません。

 

私が保有するメルク、J&Jもワクチン、治療薬開発を進めているそうですが、株価は同様に変わっていません。メルクに至っては、2019年末の高値圏($91台)から$10程度低いです。

 

ワクチン、治療薬の市場規模はまだ不確定なので、株価にあまり反映されていないのでしょうか?それとも、あまり収益に繋がらないと判断されているのか? 

 

100億ドル超という金額を、いくつかの企業で分けると考えると、そこまで大きな金額にはならないと判断されているのかもしれません。不確定要素も多いですし。私も安易に、関連銘柄に飛びつかないよう気を付けたいと思います。

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"[FT]コロナワクチン、毎年接種で100億ドル規模の市場に"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65916210W0A101C2000000/

FRB議長「コロナ後、元の経済には戻りません」

11/13付の日経新聞の記事を読みました。先日開催されたECB(欧州中央銀行)主催のパネル討論会での、FRB議長であるパウエル氏のコメントが基になっています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・我々にとって、今後数か月が苦しい時(FRB議長)。

・元の経済には戻らない。我々の生活は、より技術に頼ったものになる(FRB議長)。

・(政府が主導したものではなく)人々の需要の変化に伴い、技術も急速に進歩。今の生活の一部は、コロナ後も残るのでは(タイラー・コーエン氏、アメリカの経済学者)。

・技術が進歩した結果、職を得るのが難しくなる労働者が出てくる。この困難をFRBは取り除く必要がある(FRB議長)。

アメリカの10月の労働参加率は、男性が87.9%なのに対し、女性は74.6%。1月と比較すると、男性は1.4ポイント減、女性は2.4ポイント減。対象は25~54歳。大卒未満、子供がいる女性の参加率回復が特に低迷。在宅勤務非対応の職種、また子供を預けられないことが影響していると想定(ダラス連銀)。

・弱い労働者もおり、この層の雇用回復には数年かかる見込み。これにより、経済に下押し圧力がかかる(ダラス連銀)。

 

コロナ後は元の世界に戻らないという意見は、これまで読んできた記事でも何度か見てきました。

 

こう何度も同じ意見を聞いていると、私の考えもこの意見に傾くようになってきました。今回はFRB議長の考えですし。

 

日本だと鉄道業界なんかは厳しそうです。(可能な限り)在宅勤務、オンラインミーティングの習慣を残せば、(オフィス、交通費など)企業にとっても経費を削減できますし。

 

テクノロジー含め、在宅銘柄には今後も期待したいと思います。テクノロジー銘柄に関しては、株価動向に注意します。

 

先日のワクチンに関する良いニュースで、ズームは1日で17.4%下落しました。今後も短期間で、テクノロジー銘柄から資金が流出する可能性があります。ワクチン開発後のテクノロジー銘柄の株価動向に、関心を持ちたいと思います。

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"FRB議長「元の経済には戻らない」の意味"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66172600T11C20A1000000/

株式市場に対する強気派が多い中、バンクオブアメリカは弱気派。私も下げを期待します。

11/18付の日経新聞の記事を読みました。現在、株式市場に対して強気派が多い中、弱気派の警告を記事は取り上げています。以下要約です。

 

◆要約

・今後数週間~数か月、新型コロナウイルスワクチンに関する良いニュースが出てきた場合、株式は売り。市場は強気すぎ。投資家のポートフォリオは現金が減る一方、株式比率が増えている(バンクオブアメリカ)。

・強気派は、ワクチン普及を基にした景気回復、企業業績改善を頼りにしている。2021年末のS&P500指数をゴールドマンサックスは4300と、モルガンスタンレーは3900と予想。

ファイザーのワクチンニュースが発端の、グロース株からバリュー株へのローテーションは記録的なスピードだった。

・ワクチン開発中の企業トップの動向にも、市場は注目。ファイザーのCEOはワクチン開発動向の発表後、自社株を売却してきた。経営陣の自社株売却を良くないメッセージと、市場が受け取る場合もある。

・株式市場は半年~1年先の企業業績を織り込んでいる。次は業績回復のスピードと割合がポイントと見ている。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で、この状況が変わる可能性あり。強気派が増えるほど、少数の弱気派の警告が際立つ。

 

中期的には株価は上昇していくと考えますが、新型コロナウイルスの感染拡大が基となる景気後退や、ワクチンの不確実性に関するニュースで、短期的には株価が下落することを私は期待しています。どちらかというと、今、私は弱気派だと思います。

 

今から来年半ばくらいまでは、株価が大きく下落する可能性があると想定し、投資の機会を待ちたいと思います。

 

ワクチンに関する良いニュースで、強気派が株価を上げていくかもしれませんが、それならそれで、今は資金を貯める機会と割り切りたいと思います。

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"ワクチン相場は「売り」、少数派の警告"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66357830Y0A111C2ENI000/

今週は$2,000のマイナス。短期的に株価動向が不透明なので、資金積み増しに努めます。

20年11月21日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、20年11月21日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

320

$52.50

$117.34

-1.61%

$20,748.80

AVGO

33

$277.03

$383.33

2.63%

$3,507.90

CSCO

112

$42.07

$40.97

-1.04%

-$122.86

HD

33

$184.39

$269.81

-2.66%

$2,818.86

JNJ

61

$141.50

$146.36

-2.36%

$296.46

MA

42

$207.36

$323.00

-3.59%

$4,856.88

MCD

48

$180.03

$214.09

0.38%

$1,634.88

MKC

60

$146.80

$183.67

-0.51%

$2,212.20

MO

192

$58.85

$39.94

-0.97%

-$3,630.72

MRK

120

$72.91

$80.45

-0.79%

$904.80

NTR

230

$38.68

$45.33

7.98%

$1,529.50

PG

96

$90.77

$139.30

-3.45%

$4,658.88

SCI

195

$44.85

$48.52

-2.69%

$715.65

USB

132

$35.20

$42.66

-1.50%

$984.72

V

62

$139.80

$203.88

-3.14%

$3,972.96

VOO

51

$264.13

$326.49

-0.77%

$3,180.36

       

合計

$48,269.27

 

評価益は先週(11/14)比で-$2,064.45(-4.10%)です。16銘柄中、13銘柄で下げました。

 

以下、主要株価指数です。今週はもう少し下げた感覚でしたが、11/16に大きく上げていたのを忘れていました。1%未満の変動幅で済んでいます。ナスダックはわずかですが、上げています。平均株価の変動幅に比べて、私のポートフォリオの下げ幅は少し大きいです。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

11月14日

$29,479.81

3,585.15

11,829.28

11月21日

$29,263.48

3,557.54

11,854.97

先週比

-$216.33

-27.61

25.69

先週比(%)

-0.73%

-0.77%

0.22%

 

11/16は、先週のファイザーに続き、モデルナのワクチンニュースの影響で株価は大きく上げました。ただ、その後は、10月のアメリカ小売り売上高が市場予想を下回ったこと、行動制限など、新型コロナウイルスの感染拡大の悪影響により、株価は下落しました。

 

今週はマスターカードの下げが一番大きかったです。先週比で-3.59%、11/20に大きく下げています。同社固有のニュースはありませんが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けているようです。ビザ(先週比-3.14%)など、同業他社も同日に大きく下げています。

 

ホームデポは先週比-2.66%の下げでした。11/17に大きく下げています。同日、同社の2020Q3の四半期決算発表があり、EPS、売上、共に市場予想を上回りました。ただ、(人件費、感染対策による経費増加により)粗利益率、営業利益率が市場予想を下回ったのが影響したようです。

 

その他、P&G、サービスコーポレーションインターナショナル、J&Jが下げていますが、固有のニュースはありません。

 

上昇した方は、ニュートリエンが+7.98%と目立っています。1週間右肩上がりです。特にニュースもなく、景気敏感株が下げた1週間なのに、この銘柄は大きく上昇しているので、違和感があります。

 

あと、ブロードコムも+2.63%と上昇しています。特にニュースはありませんが、テクノロジー株に少し資金が戻っているので、その影響を受けているようです。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-17,376,130

現在値

¥20,047,460

現金(円)

¥67,142

現金(ドル、円換算)

¥419,782

損益通算

¥3,158,254

利回り

18.18%

②持株会

投資金額

¥-671,000

現在値

¥655,713

繰越金

¥33

損益通算

¥-15,254

利回り

-2.27%

①+②

評価額

¥21,190,130

損益通算

¥3,143,000

利回り

17.42%

 

先週比で、2.5ポイント利回りは悪化しました。アメリカ株の下落と円高です。

 

大統領選挙の投票日以降続いていた株価上昇が一服しました。今後、ワクチンに関する良いニュースが報道されれば株価は上昇し、ニュースがない日が続くと(新型コロナウイルスの感染拡大は続いているので)株価が下落するという日が続きそうです。

 

現在、平均株価は高く、テクノロジー株、バリュー株、何れも高いので、追加投資し辛いです。次回、株価が大きく下げた時に(できれば10月末くらいの水準になった時に)投資できるよう、今は資金を貯めたいと思います。

 

暴落を期待しすぎると、投資機会を逃すかもしれませんが、短中期的に暴落が期待できるとき、資金に余裕がない時は、資金を貯める方針がいいかなと、最近感じています。

以上

 

◆参考文献

1)Seeking Alpha、"Home Depot tops Q3 estimates, U.S. comp rises 24.1%"

https://seekingalpha.com/news/3636966-home-depot-tops-q3-estimates-u-s-comp-rises-24_1

2)日経新聞、"<米国>ホーム・デポが反落 決算好調も材料出尽くしの売り"

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HSQ_X11C20A1000000