アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

専門家「10~20%の株価調整が来ると予想。調整後、回復には時間が必要」

6/20付のCNBCの記事を読みました。ムーディーズアメリカの格付け会社)のチーフエコノミストの方が、今後の市場の見通しについて解説されています。以下要約です。

 

◆要約

・投資家は大きな調整に備えるべき。FRBタカ派寄りの姿勢が、10~20%の株価調整を引き起こすと予測する。

・過去数年の株価急落と異なり、次の急落後の急回復は期待できない。なぜなら、今の市場はかなり割高なため。回復には1年かかる可能性がある。

・経済はかなり力強いので、FRBはギアを変えており、株式市場には向かい風が吹いている。

・株価調整はすでに始まっているかもしれない。

・経済は景気後退には陥らないだろう。今回の問題は、ファンダメンタルズよりも膨張しすぎた資産価格のリスクに関するもの。

・インフレは目と鼻の先だが、投資家はそのリスクを把握しきれていない。

・株式と債券だけがリスク資産ではない。コモディティや暗号資産の急落に、より多くのトラブルが潜んでいるとみる。さらに、住宅ローンが上昇しており、好調な住宅市場の継続性にも懸念がある。

・コロナ前よりもインフレ率は高まっている。インフレ率を高めようとFedは四半世紀に渡り、試行錯誤している。Fedは実現できると思う。

 

今回読んだ記事は6/20発行のものです。CNBCのインタビューを受けた専門家は、先週の終値から10~20%のさらなる下落を予想されています。

仮にNYダウ平均が20%下落した場合、2020年10月末に付けた値付近まで戻すことになります。

10%~20%の調整が来るなら私は大歓迎ですが、実現するかはわかりません。週が明けて、ここまでは2日連続で上昇しています。

ひとまず、ジャクソンホール会議が開かれる8月までは、暴落を期待し、待とうかなと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Beware of inflation ‘headwinds’: It could take a year to break even after a 10% to 20% market correction, economist Mark Zandi warns"

https://www.cnbc.com/2021/06/20/10percent-to-20percent-correction-may-be-underway-due-to-inflation-mark-zandi.html?&qsearchterm=beware%20of%20inflation

FRBはテーパリングに関する議論を開始。利上げ時期のさらなる前倒しの可能性も。

6/19付のBloombergの記事を読みました。FOMC後の各種相場の状況、今後の見通しについて解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・今回のFOMCの結果は、市場の予想を超えたタカ派寄り。ここまでのトレンドであった(金融緩和、財政出動などのリフレ政策の効果に期待して取引を行う)リフレトレードが巻き戻しされる形に。

・6/18、経済成長、インフレへの期待を背景に上昇していた銘柄が下落し、NYダウ平均も大幅下落。大手ハイテク株が含まれるナスダック100も下落。

・リフレトレードの巻き戻しは続いている。FRBタカ派寄りだと、時には(ハイテク株含む)全資産の下落に繋がる(JOハンブロ・キャピタル・マネジメント、イギリスの投資ファンド)。

・長期国債が買われ、短期国債は売られ、イールドカーブのフラット化(長期、短期の金利差が小さくなる現象)に一気に近づいた。

<グラフ>アメリカの5年、30年国債利回りの対比推移

f:id:investmentandsecondjob:20210621075221p:plain

(出典:Bloomberg

FRBはテーパリングの開始時期に関する議論を始めた(セントルイス連銀のブラード総裁、FOMCメンバーの1人)。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数(主要10外貨に対するドル指数)は4週連続でドルが上昇。利上げが2023年ではなく、さらに前倒しの2022年になる可能性があると、セントルイス連銀のブラード総裁がコメントしたことが影響している。

・2022年への利上げ時期前倒し言及は金先物相場へも波及。利子がないため、金利z上昇の影響を受けない金は下落。

・ニューヨークの原油先物相場は4週連続で上昇。アメリカだけではなく、ヨーロッパ、新興国での需要回復、及びOPECプラスによる供給制限が相場上昇の背景(ゴールドマンサックス)。

 

予想利上げ時期が2023年へ前倒しされただけではなく、2022年への前倒しの可能性もあり、また、テーパリング開始時期の議論も始まったとのこと。状況に変化が出始めました。

仮に、2022年Q4に利上げとなると、もう目の前に迫っているような感覚です。

6/21のNYダウ平均は大きく反発しました。もう調整は終わったのかもしれませんが、個人的にはまだ安心していません。まだ、警戒を続けます。

今朝のテレビ東京のモーニングサテライトで専門家の方が、「テーパリングはすでに株価に織り込まれている。7月のFOMC、及び8月のジャクソンホール会議が最後の調整のポイント」ということを述べられていました。

大幅下落を期待しすぎると、投資の機会を逃してしまうかもしれません。過度な期待はせず、先の2つのイベントへ向け、様子見を続けたいと思います。 

以上

 

◆参考文献

1)Bloomberg、"【米国市況】株が大幅安、利回り曲線平たん化-米金融当局タカ派傾斜"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-18/QUWTTKT0AFB401

2)Money Square、"米長期金利、リフレ・トレードは終わったか"

https://www.m2j.co.jp/report/fundamental-point/10997

FOMC後に株価が下落。NTR、USB、MOなど、好調だった銘柄が大きく下落。

21年6月19日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

ポートフォリオSBI証券、21年6月19日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

AAPL

320

$52.50

$130.46

2.44%

$24,947.20

ABBV

40

$104.07

$113.12

-1.99%

$362.00

AMAT

39

$128.00

$131.23

-4.09%

$125.97

ASML

8

$630.00

$671.07

-3.72%

$328.56

AVGO

33

$277.03

$463.50

-1.53%

$6,153.51

CDNS

38

$129.77

$130.47

0.92%

$26.60

CSCO

112

$42.07

$52.07

-4.93%

$1,120.34

CVX

40

$107.55

$103.03

-4.52%

-$180.80

HD

33

$184.39

$302.61

-2.63%

$3,901.26

INTC

71

$63.48

$55.67

-3.77%

-$554.51

JNJ

61

$141.50

$161.98

-1.81%

$1,249.28

LRCX

8

$606.29

$612.66

-4.59%

$50.96

MA

42

$207.36

$367.42

0.53%

$6,722.52

MCD

48

$180.03

$229.62

-3.09%

$2,380.32

MO

192

$58.85

$46.31

-6.93%

-$2,407.68

MRK

120

$72.91

$76.61

0.45%

$444.00

NTR

230

$38.68

$58.03

-10.59%

$4,450.50

OGN

12

-

$29.98

1.11%

$359.76

PG

96

$90.77

$132.03

-2.10%

$3,960.96

SNPS

20

$245.06

$265.86

1.06%

$416.00

TSM

40

$110.00

$115.79

-2.08%

$231.60

USB

132

$35.20

$54.74

-7.44%

$2,579.28

V

62

$139.80

$230.41

-1.94%

$5,617.82

VOO

51

$264.13

$382.82

-1.86%

$6,053.19

       

合計

$68,338.64

 

評価益は先週(6/19)比で-$5,069.84(-6.91%)です。24銘柄中、18銘柄で下落しました。今まで好調だった銘柄が大きく下げています。

以下、主要株価指数です。この1週間、ナスダックは上下を繰り返しましたが、NYダウは下落する一方でした。その差が出ています。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

6月12日

$34,479.60

4,247.44

14,069.42

6月19日

$33,290.08

4,166.45

14,030.38

先週比

-$1,189.52

-80.99

-39.04

先週比(%)

-3.45%

-1.91%

-0.28%

 

6/15~6/16にFOMCアメリカの連邦公開市場委員会)が開催されました。FOMC前は様子見で株価変動は少なく、FOMC後に動きがありました。株価は大きく下がりました。利上げの予想時期が、市場が予想していた2023年に1回ではなく、同年に2回という、FRBタカ派よりの見解を示したためです。

6/16~6/18、NYダウは3日連続で下げました。利上げ時期が、FOMCの参加メンバーが予想した2023年よりも前倒しされる可能性も意識されています。

今週、下落幅が一番大きかったのはニュートリエンの-10.59%です。1週間右肩下がりですが、FOMC後に特に下げています。コモディティと同様、農業関連銘柄が下落しているとのこと。私の保有銘柄の中でも特に上昇していたので、この下げ幅は理解できます。

次にUSバンコープが先週比-7.44%と下げています。こちらは6/15以外は下落です。利上げ予想時期の前倒し→インフレ懸念低下→長期金利低下→銀行銘柄の株価低下という理屈で株価が下落しているとのこと。20年3月後半以来、USバンコープも特に上昇幅が大きかったので、その反動も大きいようです。 

その他、アルトリア(-6.93%)、シスコシステムズ(-4.93%)、ラムリサーチ(-4.59%)、シェブロン(-4.52%)、アプライドマテリアルズ(-4.09%)が大きく下げています。これらも好調だった銘柄です。アルトリアは6/14、その他銘柄は6/18の下げが大きかったです。

Evercore ISI(アメリカの投資銀行)がシスコシステムズを推すニュースはありました。シスコシステムズがDefense Information Systems Agency(アメリカ国防情報システム局)と$1.18Bの契約を締結したとのこと。今年後半の売上成長率が加速することが期待されています。

なんとか上昇で終わったのはアップル(+2.44%)、シノプシス(+1.06%)、ケイデンスデザインシステムズ(+0.92%)、メルク(+0.45%)、マスターカード(+0.53%)です。

アップルが上昇したのは、市場が先行き不透明なため、(長期的には成長が確実な)大手ハイテク株に資金が入ってきたのかなと推測します。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-19,214,619

現在値

¥26,189,428

現金(ドル、円換算)

¥137,294

損益通算

¥7,112,103

利回り

37.01%

②持株会

投資金額

¥-679,000

現在値

¥967,347

繰越金

¥32

損益通算

¥288,379

利回り

42.47%

①+②

評価額

¥27,294,101

損益通算

¥7,445,787

利回り

37.43%


利回りは先週比で約1.7ポイント下げました。円安が進んだため、アメリカ株の評価益が下げた割に、利回りは低下せずに済みました。

予想される利上げ時期が早まり、今週は株価が下落しました。株価調整はこれで終わるのか、まだ続くのかはわかりません。

目先は大手ハイテク株に資金が集まるのかなと感じています。困った時に市場はハイテク株を買うのかもしれません。今上昇しているハイテク株には手を出さないようにしたいと思います。

市場が動き始めたので、面白くなってきました。下落していく銘柄に目を向けたいとお思います。

以上

 

◆参考文献

1)日経新聞、"NYダウ5日続落、533ドル安 利上げ前倒し観測で"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_Z10C21A6000000/

2)Seeking Alpha、"Ag stocks dry up as Fed rate view scares investors off commodities"

https://seekingalpha.com/news/3707384-ag-stocks-dry-up-as-fed-rate-view-scares-investors-off-commodities

3)Seeking Alpha、"Plunging interest rates ding banks and mortgage REITs"

https://seekingalpha.com/news/3707393-plunging-interest-rates-ding-banks-and-mortgage-reits

4)日経新聞、"NYダウ続落210ドル安、景気敏感株に売り"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1801G0Y1A610C2000000/

5)Seeikng Alpha、"Evercore sees Cisco's defense deal 'adding to tailwinds' of growth"

https://seekingalpha.com/news/3706912-evercore-sees-ciscos-defense-deal-adding-to-tailwinds-of-growth

利上げ予想時期が24年→23年に早まる。専門家の見解は?

6/17付のReutersの記事を読みました。6/15~6/16に開かれたFOMCが終わりました。その結果に対する専門家のコメントが記事になっています。以下要約です。

 

◆要約

>>>アライアンス・バーンスタイン

・2023年内に2回の利上げは意外だったが、驚くほどではない。今後、テーパリング(金融緩和縮小)開始の議論が進むかは不透明。今後数か月間、インフレ、雇用のデータを確認する必要あり。

>>>アルビオン・フィナンシャル・グループ

・ややタカ派よりの結果。市場がどう受け止めるかは、次の数日で判明する。

・利上げ予想時期が前倒しされたことで、超短期投資家は持ち高調整を行った。長期株式投資家にとっては、変わらず超緩和的な状況。

FRBはインフレ見通しを引き上げた。消費者物価指数(CPI)に注目しているという表れ。市場の反応は良い(FRBを信頼できる)。

・ 8月にジャクソンホール会議(経済シンポジウム)が開かれる。これがテーパリングの議論開始のきっかけになるのでは。

>>>TDセキュリティー

・かなりタカ派的。金利予測(ドットチャート)で、2023年分が予想を超え、引き上げられたため。

・2023年の利上げについて、予想は1回、結果は2回。FRBの対応は予防的。

>>>マニュライフ・アセット・マネジメント

・ドットチャートによると、2023年末までに利上げは2回。債券市場にとってはサプライズ。

・利上げ時期が前倒しとなった一方、2022~2023年の成長率、インフレ率予測に大きな変化なし。ここから、FRBの自信が読み取れる。

>>>ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツ

FRBはさらにタカ派的に。インフレ進行、経済成長の継続を認めている。テーパータントラム(市場のかんしゃく)は外為市場でみられる。 

>>>みずほ証券USA

・市場の期待よりも、FRBの対応は積極的ではない。これは正しい判断と考える。より積極的だったら(テーパリングの早期開始を表明すれば)、長期債券利回りはさらに下落したはず。

(ドットチャート上の話ですが)利上げ予想時期が2024年から2023年に早まったという点が市場には驚きだったようです。

利上げ予想時期が早まったとはいえ、まだ1年半以上あります。株価下落を恐れるのは時期尚早かもしれません。反対に、少しずつ株価に織り込まれていくかもしれません。

まずは目先の6/18と来週の株価動向に注意したいと思います。それからジャクソンホール会議(経済シンポジウム)のある8月まで、ひとまず観察を続けていこうかなと思います。

以上

 

◆参考文献

Reuters、"FOMC:識者はこうみる"

https://jp.reuters.com/article/fed-instantviews-idJPKCN2DS2AV

(サプライチェーンが落ち着く)今年の冬までにはインフレのトレンドが判明する見込み

6/11付の日経新聞の記事を読みました。ティー・ロウ・プライス(アメリカの投資運用会社)で約13兆円を運用するポートフォリオ・マネジャーへのインタビュー記事です。アメリカ株式市場の今、今後について解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・銘柄の中には過大評価されている銘柄もあり、投資先選定は慎重になる。

・今の株価上昇は企業のファンダメンタルズが基になっていない。乗り遅れまいとする人々の心理から上昇している。個人投資家の存在が大きい。

機関投資家としても、株価上昇を見過ごしたくないという考えが働く。何か見逃しているのではと考えてしまう。時には不要の投資も。ルールと我慢強さが必要。

・テスラ株は高すぎ。我々は(バッテリー材料など)電気自動車のエコシステム銘柄に注目。

・(アメリカの資産運用会社である)アークインベストメントマネジメントは、2025年にテスラが最大1,000万台の販売台数を達成と見込むが、私は同意しない。達成には工場建設が必要で、それにはかなりの費用と時間がかかる。テスラの将来は明るいが、今の株価は無理な予測が基になっている。

・アークインベストメントマネジメントは素晴らしい。(Youtubeなど)ネットを活用した投資銘柄の分析モデル公開、大半をETFにより運用、ほぼリアルタイムで保有銘柄公開というビジネスモデルが支持されている。

機関投資家は運用資金が増えると苦労する。優良な割安株は多くない。結果、テスラなど流動性の高い株に資金が向かうことになる。

・(SPACなど)いくつかのセクターで株価調整中。個人投資家からの資金流入で恩恵を受けていた銘柄が対象。

長期金利上昇はPERの低下に繋がり、グロース株には不利。しかし今、長期金利は安定、インフレに対する警戒も低下している。サプライチェーン問題が落ち着くであろう今年の冬までには、インフレの動向(インフレが一時的か、中長期的か)が見えてくると考える。

・市場が安定、正常化すれば、景気回復の恩恵を受ける、業績が安定した企業が期待できるのでは。ティー・ロウ・プライスでは(決済関連含む)ビジネスサービス企業への投資を増やしている。

 

自分だけ取り残されたくないので、機関投資家も投資を続けざるを得ないという考え方は、以前にも聞いたことがあります。

株価が上昇を続ける中、投資先を厳選しているという意見もありますが、今の金融緩和方針が変わる時が怖いですね。いつ株価調整が起きてもいいように、心構えだけはしておきます。

記事によると、今年の冬までにはインフレのトレンドがみえてくるとのこと。12月と考えると、あと半年ですね。

アメリカではコロナ後の生活も少しずつ見え始めてきており、次の半年、市場がどのセクターを支持していくのか、関心を持っていきたいと思います。 

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"米株覆う「取り残される恐怖」 13 兆円運用者ファス氏"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN10DP00Q1A610C2000000/

JPモルガンチェース「トレーディング収入激減します」

6/15付のBloombergの記事を読みました。モルガンスタンレーが主催した6/14付のWeb会議での、JPモルガンチェースCEOの発言が取り上げられています。以下要約です。

 

◆要約

新型コロナウイルス感染拡大を発端に、銀行のトレーディング収入は伸びていたが、それが終息していく可能性あり。

JPモルガンチェースの2021年4~6月期のトレーディング収入は、前年同期比で38%減となる見込み。先の予想よりも大幅減。同収入は金額にして60億ドル強(JPモルガンチェース)。

・この発言後、同社株価は一時的に2%下落。

Bloombergの調査結果では、専門家は65億ドルと予想。結果はこの予想をも下回る可能性あり。

・純金利収入(お金の貸し出し、運用から得る収入)の通期予想は、前回予想の550億ドルから525億ドルへ引き下げ(JPモルガンチェース)。

 

2021年4~6月期のトレーディング収入予想が前年同期比で38%減とは、かなり大きな減少幅です。もう少し、ましな数字が出てくるかなと思いましたが、予想外でした。昨年のトレーディングの伸びはまさにブームで、継続性はなさそうです。

最近、景気循環株への支持が弱くなってきていることもあり、トレーディング収入の減少は、短期的には銀行銘柄の株価下落に繋がりそうです。

こういう見通しを聞くと、コロナが終息していくことで、人々の生活は元に戻っていくのかなと感じます。コロナ後の生活が少しずつ見えてくるようです。企業の株価にも影響していきそうです。

元に戻らない生活習慣もあると思いますので、そこはこれから見極めていきたいと思います。

個人的には在宅勤務がどれだけ定着するのか、非常に気になります。アメリカ企業が一足早く、次のステージに進んでいるようなので注目しています。

以上

 

◆参考文献

1)Bloomberg、"JPモルガンCEO、従来予想より大幅なトレーディング収入減を警告"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-14/QUP7FGT1UM0Z01

2)Market Hack、"銀行株で言うところの「売上高」ってなに?"

http://markethack.net/archives/52027108.html

テクノロジー株が再び支持され始めています。バリュー株への資金シフトは終了した可能性あり。

6/11付のCNBCの記事を読みました。最近、テクノロジー株への支持が復活しており、バリュー株への資金移動はすでに終わったかもしれないと、記事は解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・(キャタピラー、銀行など)経済再開銘柄を支持していた投資家、テクノロジー銘柄、及びその他グロース株を避けていた投資家は、戦略を再考しているようにみえる。

・経済再開銘柄の多くは4月~5月初旬が高値のピークだった(グラフ1参照)。

<グラフ1>52週高値からの下落幅(%)

f:id:investmentandsecondjob:20210613132120p:plain

(出典:FactSet、6/10時点)

・バリュー株トレードの最後を飾る銀行銘柄もまた下落している(グラフ2参照)。

<グラフ2>今週の銀行株の下落幅(%)

f:id:investmentandsecondjob:20210613153709p:plain

(出典:FactSet、6/10時点)

・投資家は代わりに、古いけど魅力的なグロース株に資金を移し始めている。6/10、シスコシステムズIBMは年初来高値を、アルファベットは過去最高値を更新。

・より重要なのは、以前は人気のなかった投機的なグロース株(多くはARK Fundが保有する)が反発し始めている。

<グラフ3>5/12以降の投機的グロース株のパフォーマンス

f:id:investmentandsecondjob:20210613153332p:plain

(出典:FactSet、6/10時点)

・市場のストーリーが変わっている。21年Q1の想定されていたストーリーは、経済再開銘柄がとても強くなり、債券利回りは上昇、今年後半にインフレ率が問題になるというもの。

・部分的には正しかった。経済再開銘柄は強い。しかし、債券利回りは下落。投資家は、1)インフレと供給問題は一時的なものになるかもしれない。そして、2)21年Q2~Q3は、企業収益、経済成長がピークになる、と信じるようになっている。

バリュートレードは巻き戻しており、グロース株信者が勝者になっている。債券利回りは成長見通しの代理人。債券投資家は今年後半、インフレは適度なものに、成長はより緩やになるとみている(Tactical Alpha、投資ファンド)。

・投資家は市場に留まっているが、ヘルスケアなどのディフェンシブ銘柄、テクノロジーなどのグロース株に資金を移動させている。

・なぜ投資家はグロース株へ資金を移動させているのか?

・景気後退から抜け出した後、景気循環の初期段階で、バリュー株はより収益を生み出す。そのため、よりよい投資先となる(Tactical Alpha)。

・問題は、今回、全てが圧縮されていること。我々は素早く景気後退に突入し、そこから早く抜け出した。グロース株は今、より信頼できる成長をもたらし、また、景気循環の気まぐれによる影響度がより少ない(Tactical Alpha)。

・歴史、バリュエーション、ポジショニング、経済の減速は、グロース株からバリュー株への大半のローテーションはすでに終了していることを示唆する(ゴールドマンサックス)。

・今回のバリュー株へのシフトは、同株への比重がかなり大きかった。投資ファンドはバリュー株への比重が、この8年間で一番大きかった(ゴールドマンサックス)。

ヘッジファンドはグロース株比重が高いままだった。しかし最近、その比重は急激に下落、この5年超の間で、グロース株の比率が一番低い状態になった(ゴールドマンサックス)。

 

4月末から下落し始めたナスダック指数ですが、5月中旬から上昇基調へ、今は4週連続で上昇しています。市場の考え、動きに変化があったのかなと思っていましたので、ちょうど良い記事でした。

今回の記事を読んで思ったのは、専門家の言葉に依存しすぎず、自分の判断で(期待できそうな)セクターを選ぶのもありだなということです。

短期間で支持されるセクターが変わると、ニュース記事を読んだあとで動いているようでは間に合いません。日頃から株価の動向をみて、「動きがいつもと違う。変わったかな?」と感じたら、ある程度自分の感覚を信じたいと思います。

個別の銘柄だけではなく、セクター別での株価変動を追いかけるのも大事ですね。勉強になりました。 

以上

 

◆参考文献

CNBC、"The great value rotation in the stock market may already be over as investors embrace tech again"

https://www.cnbc.com/2021/06/11/the-great-value-rotation-in-the-stock-market-could-be-over-already-as-investors-embrace-tech-again.html?&qsearchterm=great%20value%20rotation%20in%20the%20stock