アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

PM、前日比+8.21%(+$6.66)の爆上げ。うらやましい。。MOも続いてくれ!

Philip Morris(以下PM)の株価が大きく上昇しました。同社のQ2の決算発表を受けて、前日比で+8.21%(+$6.66)アップです。CNBCの記事を要約しました。

 

◆要約

・PMのQ2の決算結果は市場予想を超える。売り上げは予想$2.19Bに対し、結果$2.31B。同社の株価は前日比で10%近く上昇。同社のiQOS製品が伸びていることが背景にある。これに伴い、年間予想も上方修正。

・FY19Q2の紙巻たばこの販売数量が3.6%減少した一方、iQOSは37%増加。

・PMはここ数年、煙を出さないタバコへ移行する戦略をとっており、現在もそれを徹底している(同社CFOコメント)。

・FY19Q2、iQOSはロシア、西ヨーロッパで好調であった。PMはiQOSのシェアを上げるため、各地域へ投資を行ってきた。特にロシア市場が大きい。ドイツ、イタリア、スペイン、日本でのシェアも向上。

・今年、アメリカのFDA(Food and Drug Administration)はiQOSを許可。Altriaはアメリカ市場でiQOSを販売予定。この夏、まずはアトランタ州からスタート。PMは同社がiQOSから得た経験をAltriaと共有、Altriaのアメリカ市場でのiQOS販売活動の助けとなっている。

・Altriaの子会社であるJuulは、世界市場で電子タバコを販売中。Juulの存在はPMの売り上げに影響していないと、PMはコメント。PMは自社でも電子タバコへ投資中。

 

今日、朝起きてPMの株価を見てびっくりしました。将来の見通しを悲観され、株価は低迷、配当率も異常な高さのあのタバコ企業の株価が、たった1日で$6.66アップですよ!

 

F19Q2の売り上げが、同社の前回予想値より5%アップです。確かに優秀な成績ですが、こんなにも株価に影響するんですね。

 

市場が「もしかしたら、iQOS(加熱式タバコ)は思ってたより売れるんじゃないの?」と考えているんでしょうか。Altriaもこの結果を受けて、2.18%($1.08)アップです。

 

明日以降のタバコ銘柄の株価に注目したいです。下がっていくなら、加熱式タバコがあっても、タバコ企業はやっぱりこの先厳しいと思われているのかな(^ ^;

以上

 

◆参考文献

CNBC, "IQOS boosts Philip Morris International’s quarterly profit, revenue. Stock jumps"

https://www.cnbc.com/2019/07/18/iqos-boosts-philip-morris-internationals-quarterly-profit-revenue.html

アメリカではフードデリバリーサービスが盛り上がっています

アメリカのMcDonald'sがデリバリーサービスのため、DoorDashという企業とパートナーシップを結ぶというニュースを読みました。McDonald'sはすでにGrubHub、Waitrとう企業と協業中です。ちなみに、Uber Eatsは前パートナーとのこと。

 

DoorDash、GrubHub、Waitrは初めて聞いた企業です。ネットで検索すると、ソフトバンクがDoorDashに5億3,500万ドルを投資しているとのこと。孫さんはどこにでもいますね(^ ^;

 

これらのデリバリー企業のことをもう少し知りたくなり、ネットで調べたところ、ある記事を見つけました。元ネタは5/23付のForbesです。

 

◆要約

・DoorDashの評価額は126億ドル。同社は配達員、レストラン、顧客、3者をマッチングさせるサービスを提供する。顧客はオンラインで注文する。Walmartとも提携済み。

・Forbesによると、Uber Eats、GrubHubを抑え、DoorDashがデリバリーサービスのシェアで1位(下記の図1を参照)。これは(Walmartなど)食品以外の商品も運んでいることが要因と想定される。

・DoorDashはWyndham Hotels and Resortsとも提携を結ぶ。同社は「Days Inn」などのホテルを運営する。同社が運営するホテルの宿泊者は、配送料無料でフードデリバリーを使用可能。

・日用品などを取り扱うことで、ユーザーの利用頻度増→ロイヤリティー向上→フードデリバリーの利用頻度増という流れを作り、成長を続けている。

f:id:investmentandsecondjob:20190717190520j:plain

(出典:Fortune)

 

DoorDashには、あのソフトバンクも出資しているので、この業界は注目していきたいです。ちなみに、SBI証券ではUberGrub Hub銘柄は購入できます。

 

オンライン(今はネット、昔は電話)で注文し、配達してもらうというビジネスは昔からありましたよね。スマホを利用することで、より簡単に、気軽に、顧客側も、配達員側も利用できることが支持されているんでしょうか。

 

前述の企業の株を今買いたいかというと、ちょっと抵抗があります。同市場への参入障壁は高くないと感じるので、生存競争は厳しそうです。昔から存在する運送業者もいますし。今は様子見したいです(^ ^;

 

今回のニュースを見て感じたのは、世の中どんどん変わっていっているなということです。私はフードデリバリーは利用しないので、このような企業にはなかなか目がいきません。

 

先日はテレビ東京の番組で、メルカリとヤマト運輸が提携して、顧客へサービスを提供するという特集をやっていました。

 

また、昨日のモーニングサテライトではBalloonという企業が紹介されていました。Lineのような会話形式で、物語を楽しむというサービスを提供している会社です。チャット小説というらしいです。

 

興味はなくても、私は世の中がどう動いているのかは理解しておきたいです。そうしないと、どんどん取り残されていくような気がします。今の私は「興味がない」の一言でで片づけてしまい、視野が、行動範囲が狭くなっている傾向にあります(^ ^; 

 

試しにUber Eatsを利用してみますか。確か日本でもUber Eatsは利用できますよね?配達員を経験するというのも、、、会社にバレなければ(^ ^;

以上

 

◆参考文献

1)Seeking Alpha, "GRUB falls on MCD-DoorDash partnership"

https://seekingalpha.com/news/3478189-grub-falls-mcd-doordash-partnership

2)The Bridge, "米国No.1のオンデマンドフード配達サービスへ"

https://thebridge.jp/2019/05/doordash-is-now-worth-12-6-billion-after-new-600-million-investment-pickupnews

Broadcom(AVGO)を調べています。

Broadcom(AVGO)は半導体メーカーです。私が気になる銘柄の1つです。同業者を買収し続けて大きくなりましたが、ここ最近はネットワーク機器やソフトウェア等、他事業者を買収しています。

 

この度、Broadcomに関する記事(7/11付)を読みました。筆者は悲観的な主張をしています。

 

◆要約

BroadcomSymantec(セキュリティ事業)を$22Bで買収しようと同社と交渉中(7/14付けのニュースで破談したと報道される)。この買収が失敗した場合、Tibco Software(インフラ事業)を買収することも視野に。両ソフトウェア企業の事業内容に繋がりはない。

Broadcomは巨額の買収を続けてきた歴史があり、今は大きな負債を積み上げている。16年初頭の長期借入金は$2Bほどだったが、現在は$32Bにまで増加。

・コア事業は苦労しており、同事業への投資不足は結果に悪影響を及ぼし始めている。現在は他社を買収することで、弱いコア事業を覆い隠している。

Symantecに続き、さらなる他社買収をBroadcomが追い続けるなら、Broadcom株は避けるべき。

 

実際の記事の中では、上記3つ目のポイントを財務データを使いながら説明しています。以下はBroadcomのFY14からFY18までの成績です。これを見る限り、私は優良企業だと感じてしまいます。

 

f:id:investmentandsecondjob:20190716203243p:plain

(出典:Broadcom Presentation)

 

以下はFY19Q2の成績です。市場の期待値に$180M足りなかったとのこと。また本業(半導体)が生み出す売り上げが減少傾向にあるなか、買収したソフトウェア事業の売上が伸びています。

f:id:investmentandsecondjob:20190716204124p:plain

(出典:Broadcom FY19Q2 earnings release) 

 

Broadcomの株価のチャートを見ると、2013年の後半から現在まで右肩上がりです。現在の予想PERは52倍超、なのに配当率は3.6%ほど。こんな銘柄ほかにあるんですかね(^ ^; リターンも、少なくとも2009年以降はS&P500 indexを上回っています。

 

次に個別株に投資する場合は、Broadcomも選択肢に入れていました。ただ、値動きが大きいので、手を出しづらいという気持ちがありました。その中で今回の記事に出会ったので、考える良い機会になっています。 

 

この記事を読んだとき、私はライザップを思い出してしまいました。経営陣の方々はやはり右肩上がりの成長を義務付けられているんでしょうか。アメリカの株式市場に上場しているとなおさらプレッシャーはきつそうです。

 

今回、企業分析記事を読みましたが、分析結果を見て、企業の先行きを想像するのも楽しいなと感じました。ちょっと時間はかかりますけどね(^ ^;

 

Broadcomはこの先どうなりますかね。この分析記事を読むと、「会社はちょっと無理しているな、この先大丈夫かな?」という不安は出てきます。他社を買収することでしか成長できないのであれば、将来性は厳しいと感じてしまいます。

 

まあ、たった1つの記事を読んだだけですので、これだけで判断するのは避けます。他の方の分析記事も読んでみたいと思います。 

以上

 

◆参考文献

Seeking Alpha, "Broadcom: Not What The Market Wants"

https://seekingalpha.com/article/4274320-broadcom-market-wants

独裁者(トランプ氏)は独裁者が好き? 身近な人もそうかもしれません(私の場合)

7/6付のロイター通信の記事です。トランプ大統領は独裁的だがここまではうまくいっており、どちらかというと同氏の行動を褒めています。ただ、油断は禁物だよと指摘しています。

 

 

◆要約 

・民主主義より独裁者、権力者を好んでいるとトランプ大統領を批判する人がいる。

そう批判する人にとって、6月末は攻撃材料を蓄える1週間となった。

・6月末はG20が開催されたこともあり、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領サウジアラビアムハンマド皇太子、北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ大統領は会談。これらの指導者たちは、国民から自由を奪っていると世界から避難されている。

・過去にも、これらの指導者と礼儀正しく会話したアメリカ大統領はいたが、トランプ大統領はより積極的。

・ここ数か月のトランプ大統領の言動からは、内輪の人物も信用していないことが見受けられる。

トランプ大統領は、予想外の行動を起こすことを楽しんでいるだけでなく、懐柔的。これは気まぐれよりもロジックを感じる。これにより、衝突不可避と思われる場合でも、外交的な退路を生み出す。

トランプ大統領は民主主義、人権という観点から全く、あるいはほとんど外交をしない。 

・イランが6月にアメリカのドローンを撃墜した時のように、トランプ大統領が融和的な状態であり続ければ、世界は以前より安全になるかも。

・近年、アメリカが多くの戦争に関わってきたことを考えると、今のトランプ政権は賞賛すべき目標。ただし、民主主義、人権を無視し続けると何が起こるかわからない。

 

時々、非常識な発言をするトランプ大統領ですが、根は優秀なビジネスマンというのが、私の同氏に対する印象です。特に詳しく調べたわけでもなく、これまでのニュース記事から感じた私の個人的な感想です(^ ^;

 

「世界はより安全になるかも」というロイター通信の記事の指摘ははっとさせられました。今のところ、確かに戦争は起きていません。次の大統領選挙でも勝利し、8年大統領を務めあげ、戦争が1回も起きなかったら、同氏を称賛する人は増えそうですね。

 

トランプ大統領は独裁者ですよね。アメリカ株に投資している私にとっては応援したい人ですが、もし上司だったら私は一緒にやっていける自信がありません(^ ^; 本当はこういう人ともうまくやっていかないといけないんですけどね。

 

独裁者の人は独裁者を好むんでしょうか。私の(社内外の)知っている人で考えると、そのような傾向にあるような気がします。独裁者同士であれば、どのような行動をするのかお互いにわかりあえるのでしょうか。

 

確かに独裁的に物事を進める方が、早く前に進むときはあります。周りの人が逆らえない場合は。(私もですが)周りの人はしんどいですけどね。

 

世の中には、何も決められないけど権力だけは持っている人がたくさんいます。どこにとは言いませんが。。。その人たちよりは、仕事はやる(たぶんやっているはず)トランプ大統領の方がましかもしれません(^ ^;

以上

 

◆参考文献

ロイター通信、"コラム:人権より独裁者、トランプ氏が塗り替える外交の勢力図"

https://jp.reuters.com/article/apps-usa-column-idJPKCN1U0031

トランプさん、薬価を下げようと奔走しています。関係銘柄は影響を受けますね。

先週、Merckが株価を大きく下げました。1週間だけで7.36%ダウンです。これは、トランプ政権が、薬価を引き下げようと活動していることが背景にあります。

 

背景を調べようと思い、ネットでニュースをチェック。知らない業界のことなので、まずは短い記事から。。すぐに読めるかなと思ったんですけど、難しいですね(><) 知らない業界のニュースを読むのがここまでしんどいとは思いませんでした。

 

その業界の背景(基本)を理解していないので、文章を読んでも、何を言っているのかわかりません(^ ^;

 

その中で、初心者の私にわかりやすい記事を見つけました。まずは基本を、一から説明してくれています。以下要約です。

 

◆要約

アメリカでは政府ではなく、製薬会社が薬価を自由に設定可能。

・2019年上期は3,400種もの医薬品の価格が上昇。2018年上期と比較し、価格が上昇した医薬品の数量は17%増。1つ当たりの平均値上げ率は10.5%。3桁のパーセンテージで値上げした薬も40種ほど。

アメリカには製薬会社と、保険会社、個人を仲介する第三者機関「Pharmacy Benefit Manager(PBM)」がある。

・このPBMが法外なマージンを取り、薬価、医療費の高騰に繋がっていると言われている。

・テレビCMで医薬品を宣伝する際は価格を併記するよう、トランプ政権は要求(同政権の要求は違法だとMerck含む製薬会社が訴え、7/11、裁判所にその訴えを認められました。)。

・(薬価引き下げを公約に掲げている)トランプ大統領も政治的圧力を加えているものの、今のところうまくいっていない。

 

この記事はわかりやすかったです。すっきりしました。こういうところから、勉強していきます。

 

肝心な記事の内容について。3,400種もの医薬品が1年間で約10%の値上げとはすごいですね。アメリカの大学の授業料が毎年数%ずつ上がっているように、競争力がある企業、業界はどんどん値上げしてますね。

 

いつもは敵の多そうなトランプさんも、今回は味方が多いのかな。ただ、薬価を下げる活動は今のところうまくってはいないとのこと。あのトランプさんでも難しいことがあるんですね。それだけ、医薬品業界の壁は厚いんでしょうか。

 

テレビCMに医薬品価格を表記する企みは失敗しましたが、薬価低減に向けたアクションプランをトランプさんはまだまだ持っているそうです。薬価引き下げを公約に掲げていますから、色々ネタはありそうですね。

 

あのトランプさんが100%敗北するとも思えないので、トランプ政権が続く限りは製薬会社の株価はさえない状況が続くのかな。となると、もし関係銘柄に投資するとしたら、株価が低迷している時ですね。この業界への投資はしばらく様子見かな(^ ^;

以上

 

◆参考文献

Exciteニュース、"アメリカで医薬品(処方薬)の価格上昇が止まらない。2019年上半期だけで値段が879%増しになった薬も"

https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52276694/

繰り越した損失金を消化するため、株売却の判断基準を考えてみました

私は昨年6月から株式投資を始めました。そして確定申告により繰り越した損失が140万円ほどあります(-_-) 配当金だけではとても3年間で消化できる金額ではないので、株を売却し、譲渡益でいくらか消化しようと考えています。

 

売却した方がよいのか?売却する場合、どの銘柄が良いのか?そもそも判断基準は?自分が何もわかっていないことがわかったので、まずは書き出してみようと思いました。

  

◆損失繰越の状況下で、アメリカ株を売却すると 

アメリカでは課税なし(損失繰越がなくても譲渡益には課税なし)。

・日本では譲渡益を控除できる。

SBI証券会社に支払う手数料は最大税込み$21.6。

◆メリット

・課税(例: 譲渡益¥0.2M * 税率0.20315=¥40,630)なしで譲渡益を得られる。

・売却した株の価格は今後下がるかも。

◆デメリット

・証券会社に支払う手数料(¥2,376=¥110*$21.6)が発生。

・2度と同じ安い価格(高い配当率)で株を購入できないかも。

・売却した株の価格は今後上がるかも。

 

以下の条件でExcelを使ってシミュレーションもしてみました。

①売る(繰越損失金を消化する)場合、¥1Mで購入したものを¥1.2Mで売却、同額¥1.2Mで買いなおし、将来¥3Mで売却。

②売らない(繰越損失金を消化しない)場合は、¥1Mで購入したものを将来¥3Mで売却。

 

結果は①の方が¥36,000ほどプラスでした。たった¥36,000か。。まあ、そりゃそうですけど。。¥0.2Mの譲渡金を得た時の税金支払いを免れただけですから。

 

何かでもあまり割に合わないような。。売って、また買って。株価変動のリスクもあるし。

 

(繰越損失金を消化する際の)売却時の含み益を増やさないと、プラス幅は増えませんね。Excelで計算してみて初めて分かりました。そうでもしないと、私はそこまで考えられないということです(^ ^;

 

ここまで理解した内容を以下にまとめました。

 

◆判断基準(含み益ありが前提)

・対象銘柄の購入時の配当率がそもそも低く、かつ今後株価が上昇し続けると判断するなら、売却。売却後、買いなおせばよい。配当率は低いので、配当への依存度は低い。

・ただし、含み益がある程度大きくないとメリットはない。1銘柄売却時の含み益が大きいほど、繰越損失金の消化が早まり、売却手数料も節約できる。

・将来、対象銘柄の株価上昇が期待できない、あるいは株価が下がると判断するなら売却する。 

・配当率の高さが魅力の銘柄で、かつ今後株価低下が期待できないと判断するなら、売却しない。

 

ざっと考えてみました。私の頭で考えられるのはここまでです(^ ^; 質はどうであれ、書くことで強制的に考えることができるので、やっぱりブログはいいですね。ブログに書こうと思わないと、私の頭は動いてくれません。

 

◆以上を踏まえて今の判断は? 

以下は私のポートフォリオです。配当率は「年間配当金額/(取得価格 x 株式数)」で算出しています。

銘柄

数量

取得価格

現在値

損益

配当率

APPL

80

$210.27

$203.30

-$557.60

1.46%

HD

33

$185.05

$218.23

$1,094.94

2.94%

JNJ

61

$141.86

$134.30

-$461.16

2.70%

MA

42

$207.88

$279.54

$3,009.72

0.63%

MCD

48

$180.48

$212.99

$1,560.48

2.57%

MKC

60

$147.16

$158.51

$681.00

1.55%

MO

192

$59.08

$49.50

-$1,839.36

5.42%

MRK

120

$73.09

$79.73

$796.80

3.01%

PG

96

$91.00

$114.99

$2,303.04

3.27%

SCI

195

$44.97

$47.75

$542.10

1.60%

V

62

$140.15

$180.33

$2,491.16

0.71%

 

比較的含み益が大きいものは、Master Card、P&G、Visaですね。Master Card、Visaはこの先まだ上がりそうなので、売却するならもう少し後にします(下がるかもしれませんが)。

 

P&Gは以前から売却しようと思っていました。ちょっと、今の株価は高すぎると思っていますので。ただ、配当率が3.27%か。結構高いです。いや、どうしようかな。。今年はあと5か月ほどあるので、もうちょっと考えます(^ ^;

 

最後に。やっぱりここまで書いてみて良かったです。最初は繰り越した損失金をとにかく消化しようということばかり考えていました。あ、逆にマイナス面もありますね。考えすぎて、思ったより時間を取られてしまうということにも気が付きました(^ ^; 

以上

あら、先週と変わってない?→MRKとJNJがやらかしてました

19年7月13日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

 
ポートフォリオSBI証券、19年7月13日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

80

$210.27

$203.30

-0.46%

-$557.60

HD

33

$185.05

$218.23

3.10%

$1,094.94

JNJ

61

$141.86

$134.30

-4.67%

-$461.16

MA

42

$207.88

$279.54

2.65%

$3,009.72

MCD

48

$180.48

$212.99

0.82%

$1,560.48

MKC

60

$147.16

$158.51

-1.85%

$681.00

MO

192

$59.08

$49.50

1.45%

-$1,839.36

MRK

120

$73.09

$79.73

-7.36%

$796.80

PG

96

$91.00

$114.99

1.60%

$2,303.04

SCI

195

$44.97

$47.75

1.03%

$542.10

V

62

$140.15

$180.33

2.04%

$2,491.16

       

合計

$9,621.12

  

今週は6月のFOMCの議事要旨公開、及びパウエルさんのアメリカ下院金融サービス委員会での議会証言があり、市場は7月末のFOMCでの利下げは決定だという雰囲気です。

 

それに伴い、株価も上がりました。NYダウ平均は¥27,332.03です。ついに¥27,000を超えましたね。

 

私のポートフォリオもどこまで上がっているかなと確認したところ、、、先週(7/6)とほぼ同じ?あれ??上昇ムードの中、11銘柄中、4銘柄もダウンです。

 

その中でもMerckとJ&Jがやらかしていました。先週比でMerckは-7.36%、J&Jは-4.67%です。Merckの株価はこの1週間右肩下がり。特に7/11に大きく下げています。

 

背景には、トランプさんが薬価を引き下げようとしているとのこと。ここ最近の話ではなく、トランプさんが選挙活動していた時の公約の1つなんですね。この話をすると長くなりそうなので、別の機会に記事にします。調べるのも少し時間がかかりそうです(^ ^;

 

J&Jは7/11に少し下がり、7/12に大きく下げています。こちらは前述の薬価を下げようとするトランプさんの活動の影響はあまりなさそうです。7/12に司法省の捜査が入ったというニュースが報道されています。これですね。

 

ベビーパウダーに含まれている材料に発がんリスクがあることを隠していた可能性があり、それを司法省が調べています。J&Jにはありがちなニュースですね。

 

株式投資を1年経験すると、この手の話にも慣れてきました。医薬品メーカーだったり、タバコメーカーだったり、人間の健康に関わる商品を提供していると避けられないようです。私も「ああ、例のやつね」と、これくらいでは驚かなくなりました(^ ^;

 

MerckのニュースもJ&Jのニュースも、私は今アプリとウェブで調べてようやくわかりました。調べなくてもすぐわかるのが理想なんですけどね。

 

調べる必要があるということは、普段から私は業界のニュースに目を通していないということがよくわかります。私はニュースをチェックしますが、経済動向に関心が偏っている気がします。

 

個別株をやるからには、(将来、政権の方針が変わるかもしれませんが)今回のトランプさんの方針のような大きな流れは理解しておきたいです。

 

もっと各産業のことを学ばないといけません。ブログの記事にすれば、学んでいけるかな。一気に理解しようとすると時間がかかり、嫌になるので、ちょっとずつ進みます。


◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-13,446,426

現在値

¥12,320,911

現金(円)

¥48,023

現金(ドル、円換算)

¥1,061,748

損益通算

¥-15,744

利回り

-0.12%

②持株会

投資金額

¥-500,000

現在値

¥575,514

繰越金

¥707

配当金(通算)

¥1,151

損益通算

¥77,372

利回り

15.47%

①+②

評価額

¥14,008,054

損益通算

¥61,628

利回り

0.44%

 

今週はAltriaとMerckから配当金を受け取ったこともあり、若干プラスになりました。今は利下げ期待、7月末以降は利下げ決定で、しばらくは上昇傾向が続くのかな。

 

VOO(S&P500 EFT)を買いたいのですが、いつ買いますかね(^ ^; タイミングを計るのは無理だと理解しつつ、迷っています。

 

機関投資家が夏休みに入る前は、利益確定売りが増えるらしいので、その時かな。昨年の8月は結構下がった後、売買がしばらく停滞する時期がありました。8月中旬くらい?

 

今回は証券口座にある現金ではなく、銀行口座の現金を使います。証券口座にある現金は株価が暴落した時に投資するためのものです。理想を言うと現金比率を1~2割くらいには引き上げたいですが、私には贅沢かな(^ ^;

以上 

 

◆参考文献

Bloomberg, "J&Jに刑事捜査、パウダー製品の発がんリスク故意に否定か-関係者"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-12/PUJJYA6JIJUV01