アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

S&P500企業の寿命は我々の投資期間よりも短いのか、、、

人が働く期間よりも会社の寿命が短くなっているよ、という記事を日経新聞で読みました。 そういう時代には転職スキルが重要で、若い世代は心の準備ができている。苦労しそうなのは会社や行政の制度を作っている側かな、というのが記事の内容です。

 

私がこの記事の中で気になったのは、S&P500の企業でさえ(昔は60年を超えていたが)今の平均寿命は20年程度、という箇所です。

 

アメリカ企業は買収されることも多く、会社が健康状態でも会社が寿命を迎える(他社に買収される)こともあるので、20年という短い寿命というところもあるのでしょうか?

 

私はアメリカ株へ投資を行っていますが、これからの投資期間は余裕で20年を超えます。1つの銘柄を保有し続けていると、どこかでつぶれてしまうこともあるということですね(^ ^;

 

S&P500企業の寿命のことを調べたくなってきました。Googleで「S&P500 lifetime」と検索すると、ちょうどよい感じの記事が出てきました。Innosightという企業が書いたレポートです(日経の記事を読み返すと、日経もInnosightの記事を参考にしたと説明がありました)。以下、要約です。

 

◆要約

・S&P500企業の平均寿命は1964年に33年だったが、2016年には24年に短縮、さらに2027年までには12年になると見込まれる。

投資ファンドの活動、旺盛なM&A市場、有力なスタートアップ企業の存在が、将来を予想する主要な指針となっている。

・過去のデータからみると、現S&P500企業の半数が10年以内に置き換わると予想される。

・これまでは特に小売り企業が「創造的な破壊」の犠牲者だった。今後は金融サービス、ヘルスケア、エネルギー、旅行、不動産が次のターゲットになる兆候が見受けられる。

・この混乱は企業に次の必要性を指し示す:①2つの変化(コア事業をより打たれ強くすること、将来の成長事業の創造)を受け入れること、②顧客の需要の変化を注視すること、③その他の戦略的介入

 

最後の戦略的介入というのは「Strategic Intervention」を直訳しています。この意味はよく理解できていません(^ ^; ネットで検索すると、Strategic Interventionという言葉そのものが出てくるので、英語圏で使われている表現のようです。

 

以下は今回の記事に掲載されているグラフです。縦軸が企業の寿命、横軸が年数です。

f:id:investmentandsecondjob:20190619062253j:plain

(出典:Innosight)

 

上がったり下がったりを繰り返しながら、右肩下がりになっています。2000年頃は寿命15年程度になっているんですね。ハイテクバブルがはじけた影響でしょうか。

 

以下は2013年~2017年の間、S&P500から外れた企業(左側)とS&P500へ入った企業(右側)です。

f:id:investmentandsecondjob:20190619072043j:plain

(出典:Innosight) 

 

私は知らない企業がたくさんあります。S&P500から外れた理由なんか調べたら面白そうです。

 

私が今保有している銘柄の企業もいつまで続くことやら。Home Depo、McDonald's、Service Coporation Internationalなんかは生き残りそう。Altriaも大丈夫かな。。。Master CardやVisaも他社を買収しながら生き残ってくれるかな。Appleは正直自身ありません(^ ^;

 

世の中で寿命が長そうな事業はなんですかね。衣食住やインフラ系でしょうか。そういえば、バフェットは航空会社の銘柄をたくさん保有していますね。

 

寿命が長いからトータルリターンも高いと言えるのかな。。。必ずしもそうではないか、、、事業の旬もありますしね。

 

今回の記事を読んでまた新たな視点ができました。寿命が長そうな企業かどうか、他社が買収してくれそうな企業かどうかを、銘柄を選択するときに考慮したいと思います。 

以上

 

◆参考文献

1)日経新聞、"人と会社の「寿命」が逆転 大転職時代の足音"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46170360W9A610C1TJC000/

2)2018 Corporate Longevity Forecast: Creative Destruction is Accelerating

https://www.innosight.com/insight/creative-destruction/

世界経済フォーラムが指摘する老後資金不足は日本だけではないよ、でも1番厳しい

毎日、2,000万円、2,000万円、うるさいですね(^ ^; 他にネタはないんでしょうか。 ネットでニュースを見ていると、金融庁が作成した報告書の件が盛り上がっています。まあ、ニュース提供者や与党を攻撃したい方にとっては良いネタですね。

 

つい先日、世界経済フォーラム(World Economic Forum:WEF)という国際機関も、日本の老後はお金がなく大変だよという報告書を公表したとのこと。

 

ついに国際機関も?しかもこんなにタイムリーに?ちょっとびっくりでした。

 

ほんまかいなと思い、元ネタを検索すると出てきました(当記事の最下部、参考文献欄に元ネタのURLを添付しています)。以下、要約です。

 

◆要約

・逼迫した年金制度、退職金制度は退職後の生活に関して、より個人に責任を負わせるようになっている。多くの人々は貯えが不十分だと気づいてる。

・主要6か国の退職者は、8~20年分の老後資金が不足すると見込まれている。特に女性と日本人が長期間。

・個人と政策立案者は老後資金確保を目的とした、個人の投資活動を開始するための行動を起こさなければならない。

 

この報告書はアメリカ、オランダ、イギリス、オーストラリア、カナダ、日本を対象としていました。日本だけではないんですね。

 

もう一度、日本のニュース記事に戻ると、一応、他国のことも触れています。文章はちゃんと読まないといけませんね。間違って読み取るところでした(-_-)

 

以下、同報告書(簡易版)に掲載されているグラフです。

f:id:investmentandsecondjob:20190617185209p:plain

(出典:Workd Economic Forum)

 

縦軸は年数です。「Average Savings」の幅が貯金額で過ごせる年数、その上の棒グラフ部分がお金がないけど、生きていかないといけない年数です。こう表現すると、きついですね(^ ^;

 

もう1つグラフがあります。

f:id:investmentandsecondjob:20190617185234p:plain

(出典:Workd Economic Forum)

 

このグラフは「保有している資産の内、リターンを期待した資産がどの程度の割合か」を表しています。日本がないじゃないかと思ったら、0%のところに張り付いている線があります。。。まさかと思いましたが、そのまさかです。

 

このグラフは2極化しています。住宅をリターンが期待できる資産と見なせるかどうかが分かれ目で、だからこんなに差があるのかな?

 

それを確認するため、今回のレポートの原文をチェックしました。以下のURLよりアクセスできます。10ページ目のグラフが、保有する資産の内訳を説明しています(グラフが大きいので、記事内では張り付けていません)。

http://www3.weforum.org/docs/WEF_Investing_in_our_Future_report_2019.pdf

 

USやCanadaの資産内訳をみていると、25歳、40歳時点でEquity(株)の割合がかなり大きいです。住宅はどれだ。。この中に入っているのかな、、、入っていない?

 

よくわからないので考えるのを止めました。。住宅以前に、(この報告書では)アジア以外の国は若い時から、Equityに投資しているというのがわかります。

 

いやいや、こんなに違うとは思っていませんでした。これはショックでした。。でも自分自身のことを考えると納得です。私も1年前に投資を始めたばかりですし。。がんばります(-_-)

 

最後に。気になったのが世界経済フォーラムが今回の報告書を発表したタイミングです。6月13日に発表しています。日本の金融庁がレポートを発表したのはつい先日(6月初旬でしたっけ?)です。タイミングが合いすぎています(^ ^;

 

世界経済フォーラムが報告書を公表するから、その前に日本が先に発表したのでしょうか?今は色々世間を賑わしていますが、 投資が注目されているので、また私も仲間が増えるとうれしいです。

以上

 

◆参考文献

1)World Econonic Forum, Retirees worldwide will outlive their savings by a decade – and women will fare worse

https://www.weforum.org/press/2019/06/retirees-worldwide-will-outlive-their-savings-by-a-decade-and-women-will-fare-worse

2)Grape, "金融庁「老後2000万円」報告書の本当の狙い"

https://grapee.jp/690184

3)World Econonic Forum, Investing in (and for) Our Future

http://www3.weforum.org/docs/WEF_Investing_in_our_Future_report_2019.pdf

今週のFOMCと今月末のG20首脳会談は注目されているようです

6/15付のロイターの記事です。今週予定されているFOMCアメリ連邦公開市場委員会)について言及されています。

 

◆要約

・今週のFOMCウォール街にとって極めて重要なものになってきている。FRBハト派に傾かない(利下げに消極的)なら、株価は急落すると見込まれる。

・この1か月間でS&P500 indexは5%以上上昇。年内に少なくとも1回の利下げが期待されていることが背景にある。

・貿易戦争やその他のリスクに「適切に」対応するという、6/4のパウエル氏のコメントで、利下げの期待値が上がっている。

・多くの投資家は、月末のG20首脳会談の結果をもってFRBは利下げするかどうかを判断するとみている。

・ただし過去のデータでは、利下げは必ずしも株価の上昇にはならない。近場では2007年と2001年は利下げ後、株価は下落した。

・2019Q1のGDPは3.1%、失業率も記録的に低い。この状況下での利下げ願望はばかげていると発言する専門家も。

 

多くの人は利下げされると考えており、利下げが示唆されないと(一部反対派もいますが)株価は急落すると見込まれています。最近、ちょっと上がりすぎですもんね。利下げ姿勢が見えない場合、私も株価は大きく下がると思っています。

 

今回のFOMCではこれまでと変わらず利下げの可能性をちらつかせ、G20会合後の行く末をもって判断、来月のFOMCで利下げを決定する、という流れでしょうか。完全に私(素人)の推測ですが(^ ^;

 

こうやって、世の中がどうやって動いているのかを学ぶのも面白いです。先週末、池上彰さんのテレビ番組でG20が議題になっていましたが、私は知らないことばかりでした。

 

参加国やG20の様々な運営ルールなど。G20はGroup of Twentyの略なんですね、初めて知りました(-_-)

 

来月のFOMCは7月30日~31日とのこと。来月は株を買おうと考えていましたが、このFOMCの結果を待ちたいですね。となると、8月に入ってから。FOMC後の株価がどう動くか(上がるのか、下がるのか)を見届けてからかな(^ ^;

以上

 

◆参考文献

Reuters,  "All eyes on Fed as stock market pines for rate cut"

https://www.reuters.com/article/us-usa-stocks-weekahead/all-eyes-on-fed-as-stock-market-pines-for-rate-cut-idUSKCN1TF28M

ビルゲイツはMSFTを売却し、他社銘柄を購入していたんですね。。。

ビル・ゲイツが今でも世界長者なのは、株をたくさん持っているからですよと説明する記事を読みました。

 

◆要約

・2018年の世界長者第2位はビルゲイツ(1位はアマゾンCEOのジェフべゾス)。

ビルゲイツは2008年から完全にマイクロソフトを離れ、慈善団体の活動を行っているのに未だ世界長者。

ビルゲイツは2006年からマイクロソフトの多くの株を売却開始。その売却益で他社の株式を購入、保有し続けることで現在も世界長者。

・カスケードインベストメントという会社がビルゲイツの資産を運用。

・カスケードインベストメントとバークシャーハサウェイのトップ10銘柄で被るのは、Wells Fargo、Apple、US Bancorp。ビルゲイツは昔、銀行は消滅すると言っていたのに、今は銀行株を保有する。

ビルゲイツ、ウォーレンバフェット、何れも世界長者なのは保有する資産価値が増えているため。

・人生で勝ちたいなら、優良企業の株を大量に保有すること。個別株でもETFでもよい。

 

ビルゲイツは慈善事業だけでなく、本格的に株式運用もしていたんですね。そりゃそうですね、あれだけ資産を蓄えてきた方ですから。

 

バークシャーハサウェイとカスケードインベストメント、トップ10銘柄を比較してみます。

 

バークシャーハサウェイ

No.

銘柄

評価額:$K

構成比

1

APPL

47,409,494

23.77%

2

BAC

24,725,263

12.39%

3

WFC

19,801,718

9.93%

4

KO

18,744,001

9.40%

5

AXP

16,571,049

8.31%

6

KHC

10,631,977

5.33%

7

USB

6,231,393

3.12%

8

JPM

6,024,697

3.02%

9

MCO

4,467,450

2.24%

10

BK

4,081,666

2.05%

Others

40,795,000

20.45%

 

これは以前、下記の記事を書いた際に調べたものです。上位トップ10で約8割を占めるポートフォリオです(5月21日時点の情報なので、現評価額は変わっていると思います)。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/05/21/082152 

 

◆カスケードインベストメント

No.

銘柄

評価額:$K

構成比

1

WFC

4,421,693

3.97%

2

INTC

3,473,901

3.12%

3

USB

2,683,500

2.41%

4

MSFT

2,683,370

2.41%

5

APPL

2,313,211

2.07%

6

CSCO

2,312,877

2.07%

7

NVS

2,086,718

1.87%

8

SBUX

1,821,553

1.63%

9

HCN

1,742,963

1.56%

10

NTR

1,684,890

1.51%

Others

86,288,682

77.38%

 

こちらのポートフォリオは上位トップ10で約2割強を占めます。よかった、(バフェットみたいに)上位銘柄に偏重しなくてもいいんですね(^ ^; 

 

2社の共通銘柄はApple、Wells Fargo、US Bancorpです。昔、ビルゲイツは銀行業の行く末に懐疑的であったと記事の中で説明があります。私も今は「銀行なんて将来どうなるかわからん」と思っています。。銀行銘柄は有望なんでしょうか。。。同業界のことを勉強してみたいです。

 

Technologyという枠でくくると、IntelMicrosoftAppleCisco Systemsがあります。トップ10にハイテク企業が4社入るのは元エンジニアらしいです。

 

残りは製薬会社のNovartis、不動産投資信託会社のWelltower、肥料メーカー?のNitrogenです。WelltowerとNitrogenは初めて聞く企業名です。

 

いくら自分が作った会社といえど、辞めた後もその会社の株を持ち続けるわけではないんですね。持ち株比率を下げ、自分の影響度を下げたいとか理由があったのかもしれませんが、Microsoftだけでなく自分が保有したい銘柄を運用していると聞くと、優良銘柄は色々あるんだなと思います(ビルゲイツの意思がどこまで入っているかわかりませんが)。

 

ウォーレンバフェットは株式投資家として有名なせいか、同氏が保有する銘柄は私が知っている企業が多いです。銘柄数も少ないですし。

 

対してカスケードインベストメントは227銘柄を保有しています。運用している資産金額からして、本来これくらいの数が標準なんでしょうか(^ ^; 私が知らない企業も色々あるかもしれないので、また調べてみたいです。 

以上

 

◆参考文献

1)Money Voice "ビル・ゲイツ、いまでも世界長者番付2位?引退後の動きを知れば人生の勝ち方がわかる"

https://www.mag2.com/p/money/710685

2)Fintel, Cascade Investment Advisors, Inc. - Latest 13F Holdings, Performance, AUM

https://fintel.io/i/cascade-investment-advisors

今週は下がりませんでした(私のアメリカ株ポートフォリオ、19年6月15日現在)

19年6月15日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

 

ポートフォリオSBI証券、19年6月15日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

80

$210.27

$192.74

1.34%

-$1,402.40

HD

33

$185.05

$205.77

4.12%

$683.76

JNJ

61

$141.86

$140.09

1.10%

-$107.97

MA

42

$207.88

$260.10

-2.19%

$2,193.24

MCD

48

$180.48

$205.29

-0.09%

$1,190.88

MKC

60

$147.16

$156.60

-0.77%

$566.40

MO

192

$59.08

$50.86

-1.02%

-$1,578.24

MRK

120

$73.09

$82.78

0.39%

$1,162.80

PG

96

$91.00

$111.20

2.19%

$1,939.20

SCI

195

$44.97

$46.00

1.93%

$200.85

V

62

$140.15

$169.66

-0.23%

$1,829.62

       

合計

$6,678.14

 

先週(6月8日)と比較し、損益は+$581.34でした。今週はトランプさんが中国に対して第4弾の追加関税をちらつかせたので、大きく下がるかなと思っていたのですが、逆に9.5%アップでした。

 

今週、目立った動きがあったのはHome Depoくらいです。先週比で4.1%のアップです。Seeking Alphaでニュースをチェックしましたが、Home Depoのものはゼロでした。

 

企業単体のニュースを追っているだけでは株価が動いた理由がわからない時がありますね。こういう時どう調べたらよいか、まだよくわかりません(^ ^;

 

Home Depoの株価は6/12(水)~6/14(金)にかけて$7ほど上がっています。日経新聞で確認したところ、6/12~6/13はアメリカ利下げ観測が高まる、6/14は発表されたアメリカ経済指標が良好であった、からというところでしょうか。

 

先週1週間で$5,000強プラスとなり、今週は下がるかなと思っていたところ、$600弱プラス。ちょっとできすぎなので、気持ち悪いです。

 

日経新聞に「アメリカの利下げ観測があるから、株式市場に資金が流入しやすい」という説明がありました。こういうものなんでしょうか。私はまだまだ知識が足りないので、この当たりがしっくりきません。各企業、業界のことだけではなく、こういうちょっと大きな視点での見方も理解しないといけないです。

 

◆損益通算結果
SBI証券

投資金額

¥-13,446,426

現在値

¥12,006,529

現金(円)

¥48,023

現金(ドル、円換算)

¥1,032,292

損益通算

¥-359,582

利回り

-2.67%

②持株会

投資金額

¥-500,000

現在値

¥575,514

繰越金

¥707

配当金(通算)

¥1,151

損益通算

¥77,372

利回り

15.47%

①+②

評価額

¥13,664,216

損益通算

¥-282,210

利回り

-2.02%

 

これから株価はどうなるんでしょう。最近、利下げ観測が盛り上がっているニュースをよく目にします。「中国へ第4弾の追加関税」と「利下げ」、この2つは起こりそう。ここまで利下げが盛り上がって、下げないというストーリーはあるんでしょうか?

 

もし金利維持となったら、どーんと株価は下がりそうです。逆に下がったら、株価は上がるのかな?最近上がったからそうでもないのか。。この行く末を見届けてから、次の株を購入しようかなと考えている自分がいます(^ ^;

 

来週、6/18(火)、6/19(水)にFOMCアメリ連邦公開市場委員会)があります。この結果は楽しみにしています。

以上

食品業界は厳しいのかな。。(Unileverの記事です)

 ユニリーバの新CEOであるアラン・ジョーブ氏のインタビュー記事です。私が読んだのは日経新聞ですが、元ネタはFinancial Timesです。

 

◆要約

消費財業界の大部分はここ数年、売上高の伸びが2~3%に留まっており、10年前の6~8%には程遠い。クラフト・ハインツペプシコ、コルゲート・パルモリーブも現況を打開するため経営陣を刷新。

ユニリーバは食品から化粧品、パーソナルケア製品へ事業領域を移すことで、今後売上高を伸ばしていく計画。目標は20年に営業利益率20%。

・食品事業は選択と集中。(ビーガン、ベジタリアン向け等)中核ブランドは残し、低成長分野はここ数年売却を進めている。

・(イギリスとオランダ、現在の2本社体制から)1本社体制に移行する。移行の手順は検討中。本社が1つになると、事業の買収、売却も容易になる。

 

最後の1本社体制に移行するという件は、私はこの記事だけではよく読み取れませんでした。ネットで検索すると、1本社体制に移行するということは決まっているとのこと。

 

先のクラフト・ハインツの株価暴落がありましたが、食品業界はなかなか厳しいんでしょうか。

 

食品ビジネスはなくなることはないし、世界の人口も増えていく一方なので、絶対に生き残れる事業だとは思うのですが。。。

 

同業界に存在する企業が多すぎてパイの奪い合いなのか、差別化が難しいのか、その他業界と比べてリターンが低いからなのか、、、

 

ユニリーバペプシコは私も興味のある銘柄です。これらの企業を調べることで、この業界のことを少しずつ学んでいきたいです。

 

ちなみに、ユニリーバ株の(S&P500 indexに対する)リターンを調べようと、同社のAnnual Reportをチェックしたのですが、掲載されていませんでした。

 

アメリカ企業のAnnual Reportにはよく掲載されています。ユニリーバほどの大企業だと掲載してそうなのですが。ヨーロッパの企業なので方針が異なるんでしょうか。もしくは、また違った手法でリターンを載せているかもしれませんね。また調べてみます。

 

最後に記事にも出てきたビヨンドミート。同社が作る人工肉、これはちょっと食べてみたいです。アメリカではもう発売されていますが日本はまだみたいです。まずは東京からですかね。ハンバーガーだと値段は、、、1,000円は超えるか。1,500円くらい?ちょっときついです(^ ^;

以上

 

◆参考文献

日経新聞 "[FT]ユニリーバCEO「食品から美容に軸足シフト」"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45993810S9A610C1000000/

次に買いたい銘柄リスト(ETF編、年間リターン付き)

来月、ボーナスが入りますので、そのお金で株を購入します。次はETF銘柄を購入しようと思います。これまでETFは購入したことがなかったのですが、確実性を高めるため、ETFへ投資します。株式投資のプロに任せるため、と言った方がよいでしょうか(^ ^;

 

個別株への投資を優先することに変わりはありませんが、ポートフォリオETFを加えていきます。個別株は自分で考える楽しみがあるので、これからも続けていきます。

 

以下は主要ETFの比較表です。過去にSBI証券で調べたものや、ETFへの資金流入ランキング(以下URL)を参考にしています。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/05/23/082626

 

銘柄

対象

経費率

リターン ※

配当

VT

全世界

0.09%

5.46%

あり

VTI

全米

0.03%

9.25%

あり

VOO

S&P500

0.03%

9.62%

あり

VYM

米高配当株

0.06%

8.03%

あり

VIG

米増配株

0.06%

9.32%

あり

VUG

米グロース

0.04%

11.06%

あり

VEA

先進国(米国以外)

0.05%

1.58%

あり

IEFA

MSCI EAFE

0.08%

1.77%

あり

IEMG

MSCI EMG

0.14%

1.64%

あり

IVV

S&P500

0.04%

9.61%

あり

HDV

米高配当株

0.08%

7.54%

あり

SPY

S&P500

0.09%

11.49%

あり

※リターンは直近5年間の平均の年間リターンです。19年5月31日時点の情報です(SPYのみ19年4月31日時点)。

 

世界規模のETFでみると、全世界(VT)と世界の一部(VEA、IEFA、IEMG)という比較でもえらい差がありますね。直近の5年間でみると、アメリカの経済はそれだけ好調ということなのか、他が厳しいということでしょうか。

 

同じS&P500でもSPYだけリターンが高いのは締め日が19年4月31日と異なるためです。5月31日時点のものはサイトに記載がありませんでした。19年3月31日時点のリターンだと、SPY(10.77%)もVOO(10.87%)もほぼ同じであったので、S&P500のETFのリターンはどの銘柄もほぼ同じと推測されます。

 

ちなみに上記の情報はVanguard、Blackrock、State Streetのサイトから入手しました。どのサイトもETF銘柄の名前を入れて検索するとすぐデータが出てきました。一部の銘柄は英語版サイトを見ないと出てこなかったかな。

 

上記選択肢から下記に絞りました。

 

銘柄

対象

経費率

リターン

配当

VTI

全米

0.03%

9.25%

あり

VOO

S&P500

0.03%

9.62%

あり

VUG

米グロース

0.04%

11.06%

あり

IVV

S&P500

0.04%

9.61%

あり

 

配当率よりもリターンの高さを優先し、高配当が売りのETFは除外しました。

長期投資ならアメリカ以外の市場のETFも抑えておくのがいいのかもしれませんが、比較的手数料が高いのとリターンが低いため、除外しました。近視眼的かな(^ ^; 目先の利益に目が行っています。

 

これら4つの何れかを7月に買いたいと思います。 

以上

◆参考文献

1)Vanguard

https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/home.htm

2)Blackrock

https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/ishares

3)State Street Global Advisors

https://www.spdrs.jp/