アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

各種経済指標を一元管理するサイト

GDPや失業率、製造業PMI(購買担当者指数)、CPI(消費者物価指数)など、モーニングサテライトを見ていると、経済指標がよく登場します。これらの経済指標をまとめているサイトがありました。Traiding Economicsという下記サイトです。

 

https://tradingeconomics.com/

 

ここに掲載されている情報は、公式データが基になっています。(まだ私は使いこなせていませんが)以下、このサイトでできることです。

 

①各国の各種経済指標を確認できる。

②各経済指標の次回更新日を確認できる。

③各経済指標毎に、他国との比較が容易。

④過去から現在までの推移をグラフで確認できる。

⑤一国の各種経済指標を一覧できる。

⑥過去のデータだけではなく、今後の予測値も確認できる。

 

経済指標はニュースでよく取り上げられますが、発表される時期もばらばらで、まとめて見れるサイトがないかなと思っていたところ、見つけました。

 

このサイト以外にも経済指標をまとめているサイトはありましたが、私には今のところこのサイトが一番合っています。シンプルでわかりやすく、1画面だけで比較がしやすいです。

 

ちなみに、先日ロイター通信のニュースで紹介されていた(景気後退を予兆する)指標も載っているか確認したところ、バルチック海運指数、李克強指数、在庫は見当たらず(以下URLはそのニュースを紹介した私のブログ記事です)。

 https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/06/25/071520

 

念のため、サイトの上部にある検索機能を使って調べたところ、バルチック海運指数と在庫は出てきました。前者は「Baltic Dry」で、後者は「Inventory」で検索するとデータが現れます。

 

李克強指数(Li Keqiang index)もあれば完璧だったんですけど、仕方がありません(^ ^;

 

これら以外の指数も検索すると出てくるかもしれません。便利なサイトです。

 

と、ここまで色々書いてきましたが、問題が1つ。私自身はこれらの指標に全く興味を持てていません(-_-) 理解した方が視野が広がるとは思うのですが、全く関心が向いてくれません。こうやって、経済指標のことを調べたりもしていますが、効果なしですね、ピクリともしません(^ ^;

 

興味がないことを無理やり勉強しようとすると、気分が乗りません。特別意識しなくても関心が持てるようになるまでは、放っておきましょうか(^ ^;

以上

 

◆参考文献

Traiding Economics

https://tradingeconomics.com/

2019年後半の見通し、ウォール街は前向きな人が「若干」多い

7/1付のCNBCのニュース記事です。ウォール街の専門家にアンケートをとり、その集計結果(26名分)をニュース記事にしています。

 

◆要約

ウォール街の専門家の大多数は市場の動向を楽観視。回答者の65%は株価は適切価格、さらに上昇すると見る。

・回答者の半数以上(54%)は、7月末のFMOCで利下げを決定すべきと考える。残り46%は現状維持を支持。

・回答者の半数は、各企業の2019Q2の決算内容にかなり期待している。また、65%の回答者は、アメリカはまだ投資に1番適した場所と見なす。

・おすすめ銘柄はハイテク、金融、ヘルスケア。

・一方、2019年後半の見通しを、38%の回答者が「Neutral」、8%が「Negative」とみる。この割合は2019Q1時よりも増加。

 

先週末の米中首脳会談直後のニュースは、悲観的な内容が多かったように思います。その中で、株価は大丈夫だよと訴える記事です。

 

ただ、記事は「株価は期待できるよ」と主張していますが、内容をよく読むと、アンケートへの回答者の約半数が「そうでもない」という考えで、楽観視はやめた方がよさそうです。

 

私が1番気になったのは、ほぼ半数の回答者(46%)が政策金利の維持を支持しているという点です。

 

最近は、市場は利下げをほぼ織り込んでいるというニュースをよく見ていたのですが(^ ^; つい先日のモーニングサテライト(以下モーサテ)でも専門家の方が「マーケットは7月末のFOMCでの利下げ決定を100%織り込んでいる」とおっしゃっていましたし。

 

たった26名分のアンケート結果だから意見が偏っているのか、それともここへ来て、利下げはまだ先と見込まれるようになったのか。。。

 

ちなみに今朝のモーサテでも、今回のFOMCで0.25%利下げが決定されないと、市場はショックを受けるとのコメントが。。。うーん、やっぱり利下げなのかな(^ ^; 7月末のFOMCまでのニュースに注目したいです。

 

今後、景気後退も予想されていますが、私はどっちかというと楽観視しています。2020年11月には大統領選挙がありますので、トランプさんが株価維持(できれば上昇)のため、色々無茶をしてくれると期待しています(^ ^;

 

以上

 

◆参考文献

CNBC, 「Majority of Wall Street pros in CNBC survey say stocks will accelerate gains in the second half, US still best place to be」

https://www.cnbc.com/2019/07/01/wall-street-pros-say-stocks-will-accelerate-gains-in-the-second-half.html

運用会社も個別株投資では市場平均に勝てないのは理解している?

ウォール街のランダムウォーカー」に続き、「敗者のゲーム」「インデックス投資は勝者のゲーム」と、計3つのインデックス投資に関する本を読みました。

 

基本的にどの本も、「中、長期的な視野で見ると、個別株投資は市場平均(インデックス投資)に勝てない」ということを、データを基に解説しています。

 

今回は最後に読んだ「インデックス投資は勝者のゲーム」の感想を記事にします。著者はバンガード創業者のジョン・ボーグル氏です。この本の中で私が印象に残った言葉を以下にまとめます。

 

◆私が印象に残った言葉

・大きな利益を手にするのは資産運用会社で、顧客ではない。

・手数料、税金、助言者は悪。

・今後はあまりリターンを期待できない。1900年以降の名目リターンが9.5%なのに対し、直近の40年間で見るとリターンは25%。今後は落ちると予測。

・株式リターンの源泉は利益成長、配当利回り、投機的リターンの3つ。

・自分が市場より賢いとは思わないように。何百万人もの人が同じ考えで行動している。

・最大のリスクは投資しないという長期リスク。市場のボラティリティは短期リスク。

 

ジョン・ボーグル氏は、世界初の個人投資家向けインデックスファンドを設立された方です。先日、残念ながらお亡くなりになりました。

 

ボーグル氏がインデックスファンドを設立されてから、他社が追随したのはその9年後とのこと。当時はデータが少なかったからでしょうか、インデックスファンドが理解されるまで時間がかかったように見受けられます。

 

上で挙げた印象に残った言葉は、(個別株投資vsインデックス投資という構図はひとまず横に置いて)私にとってはどれも心に留めておきたいものです。その中でも下記の言葉が気に入っています。

 

「大きな利益を手にするのは資産運用会社で、顧客ではない」

 

私は、運用会社が稼ぐ利益よりもリターンにばかり目が向いていました。当然、運用会社も利益を稼ぐことが目的ですもんね。

 

となると、「運用会社が市場平均に勝てなくても個別株投資をやっているのは、市場平均に勝つためではなく、儲ける(顧客から手数料を獲得する)ためにやってんじゃないの?」という考えが出てきます。

 

もちろん、中・長期的に市場平均に勝つ運用会社も存在します。今回読んだボーグル氏の本の中で説明してくれています。数は少ないですが。

 

私は昨日、下記記事を投稿しました。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/07/02/062609

 

この記事を書いてから、企業の見方が変わってきました。「稼ぐためにうまいこと言ってんじゃないの?」という視点で見ています(^ ^; 

 

 

昨日の記事(上記URL)を書く前であれば、この感想は持てなかったように思います。視点が変わるって面白いです。

 

私は今後、個別株にETFを加え、個人資産を運用していきたいと思います。ETFがすばらしいのは理解しました。でも、自分であれこれ考えたいという欲求があるので、個別株の運用も続けます。

 

今回、少し個別株投資に否定的なことを書きましたが、運用会社にはがんばってほしいです。インデックス投資に異論を唱える本を書いている方はいますかね? 

以上

 

◆参考文献

インデックス投資は勝者のゲーム

ジョン・ボーグル

「ビジネス英語」というカテゴリ分けは商売が目的?

私は仕事で少しですが英語を使います。読んだり、書いたりするのがほとんどですが。

 

先日、会社で英語研修を受けている後輩が「研修は日常会話がメイン。もっとビジネス英語よりの研修がいいな」と言っていました。

 

昔、私も英語を勉強している時は、仕事で英語を使うには「ビジネス英語」が必須と思っていました。

 

今思えば、日常会話の英語とビジネス英語に、そんなに差があるとは感じません。(私はB to Bビジネスの世界にいますが)日常会話英語で使う単語だけでも、仕事はできます。会話する時の方が、より簡単な単語を使っているような気がします。

 

私が普段意識しているのは、ビジネス英語ではスラングを使わない、丁寧な表現がある、ということぐらいでしょうか。まあ、私は大したことをやっていないので、この程度の意識だけで済んでいるのかもしれません。

 

ビジネスの世界は当然、専門用語があります。ただ、日常会語でも知らない単語、表現が出てきたら理解できないので、専門用語を特別視する必要はないと思います。知らない単語が出てきたら、調べればOKです。

 

初めの話に戻りますが、後輩にも同じことを話しました。正確に言うと、後輩の意見を聞いて、自分の場合はどうだったかなというところから考え始めて、自分の意見を述べたという流れです。

 

今回のブログ記事のタイトルは仕事を終え、帰宅途中に思ったことです。「仕事にはビジネス英語が必要!」「ビジネス英語はまた違うよ!」と思わせた方がお金になりますもんね、教える側としては。仕事で英語を使いたいユーザーは、このビジネス英語を学ぶため、お金を使ってくれます。

 

こうやって企業はマーケティングしているのか。。興味深いです。銀行や郵便局が保険商品や投資商品で一般人をだましていることがニュースになっていますが、世の中にはまだまだうまーく人々をだましている会社がありそうですね(^ ^;

 

これからは今までとは違った視点で企業の商品やサービス、宣伝が見えるようになるかな?今回は良い気づきになりました。後輩に感謝です。 

以上

ZOZO前澤さん「楽しみたい。競争嫌い。売上&利益興味なし。仕事は余暇」

ZOZOを運営するスタートトゥデイの社長である前澤氏のインタビュー記事です。

 

◆要約

・会社には前澤氏の机、PC、Emailアドレスがない。出社も週3日。

・仕事は「社員やその家族のために頑張ろう」ではなく「好きなことをただ楽しみながら」

・前澤氏は子供の頃から凝り性、人と競争するのは嫌い。

・高校の入学式の時、周りは黒のローファーなのに赤のスニーカーを履く。制服があるのに私服を着たり、別のクラスの授業に出席したりと「特殊な子」だった。

・みんなと同じレールはいや。その先には無限の競争がありそうと考えていた。

・バンドでメジャーデビューするも、制限事項が増え、「これではサラリーマンと同じ」と思い、バンド活動に飽き始める。

・海外から輸入した洋楽のCDやレコード販売を始める。これがZOZOの母体。

・売上、利益の成長には興味ない。楽しみながら働ける会社を作りたい。

・稼ぐために仕事をするのは間違い。仕事は一種の余暇活動。

・当初はシステム開発を外注。ニーズが合わなくなってきた時、自身で開発。秋葉原で買った本を参考にした。開発は結構簡単だったとのこと。

・CD、レコードの次には、自分たちが好きな洋服の販売開始。このサイトが今のゾゾタウン。

・会社は競争無し、ボーナスも一緒、サボりもOK。好きなことをやる、楽しむことが大事。

・従業員の業績評価は無駄。それよりも人の役に立つことを考える。

 

前澤氏の考え方を聞いたのは初めてですが、すごく新鮮で、読んだ後はスカッとした気分になりました。

 

現に結果を出しているから説得力もあります。思うだけならたくさんの人ができていますが、バンドでメジャーデビュー、さらにその後、ビジネスも成功させ、今や大金持ちです。

 

競争無し、ボーナス一緒とか、他の企業ならあり得ないです。オーナーであるからこそ、自分で会社の文化を作れるので、ここまで実行できるんですね。

 

ウェブサイトも自身で作るってすごいですね。本だけで。しかも、ただ閲覧してもらうだけのウェブサイトではなく、ECサイトです。私には遠い世界なので、余計に感心します。

 

あと前澤氏のご両親もすごいです。上の要約には記載しませんでしたが、高校時の前澤氏の姿を見て、ご両親は「大学は行かなくてよいから、高校だけは卒業しろ」と言ったそう。

 

普通なら子供にあれこれ言って、行動に色々制限を付けそうですが、前澤氏の判断に任せているご両親には感服します。当時のこのご両親の判断があったからこそ、今の前澤氏があるような気がします。

 

前澤氏の考え方は世間とは異なるとは思いますが、これだけ異なる考え方だと逆に新鮮です。今まで気が付けなかった発見もあります。業績評価なんて確かに無駄ですね(^ ^;

 

最近、ネットや本屋さんでは、会社に依存しない働き方、生き方を目指そう、みたいな情報をよく見かけるような気がします。

 

そんな中、今回の前澤氏のインタビュー記事を読むと、私もできるだけ会社に依存せず、自分の好きなことをやって生活していきたいなんて思います。前澤氏のような気持ちで働けるのが理想です。

 

19年4月から働き方関連法が施行され、私が勤務する会社でも残業時間に対し、規制が入るようになりました。私はこれをきっかけに残業時間を減らしています。

 

会社に捧げる時間を減らしている、といった方がいいですかね。仕事は時間を減らした分、効率を上げる必要があるので、今は結構きついです。それでも業務終了後に色々やりたいことがあると、がんばれます。

 

勤務時間を減らすと、結構時間ができますね。今まではなんだったんでしょう(^ ^; ちょっと会社に貢献しすぎました。この新たに確保した時間を大切に使っていきたいです。

以上

 

◆参考文献

1)Nikkei Style "「競争は嫌い」出社は週3日、前沢流の粋な働き方"

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO99043180Q6A330C1000000/

2)Nikkei Style "働くなんて「余暇活動」でいい ボーナスは同じ"

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO99044530Q6A330C1000000?channel=DF180320167075&nra

ここまでMA, PG, Vのリターンは20%超 (銘柄毎のリターン, 19年6月末時点)

銘柄毎のリターンです。比較用に4月末、5月末時点のリターンも併記しました。「持ち株の評価額と受け取り済み配当金(税引前)を足したもの」を「取得金額」で割っています。

 

銘柄

(6月末)

(5月末)

(4月末)

APPL

-5.16%

-16.03%

-4.22%

HD

13.86%

3.33%

10.81%

JNJ

0.12%

-6.28%

0.80%

MA

27.57%

21.30%

22.46%

MCD

16.99%

11.14%

10.75%

MKC

6.11%

6.23%

5.40%

MO

-18.30%

-15.41%

-13.00%

MRK

15.47%

9.13%

8.44%

PG

22.10%

14.70%

17.80%

SCI

4.80%

-1.67%

-6.69%

V

24.37%

15.47%

17.68%

合計

7.83%

1.54%

5.26%

 

先月と比較し、今月は逆に大きく上がりました。6月だけでNYダウ平均株価が6%強上昇しており、私の評価額も同じくらい上昇しています。

 

Appleの評価額が前月比で10%程度改善しています。米中貿易戦争の影響をもろに受ける銘柄ですね。

 

その他、Home Depo、J&J、Master Card、McDonald's、Merck、P&G、Service Corporation International、Visaが好調です。プラスの銘柄は全て上昇幅が大きいです。

 

特にMaster Card、P&G、Visaはリターンが20%を超えています。ちょっと異常値ですね。反動が怖いです。

 

下げたのはMerckとAltriaです。Merckは微々たる数字で、ほぼ変わりませんでした

 

Altriaは約-3%ダウンです。6/30時点で配当率が6.68%、損益も大きくマイナスですし、こういう時は買い増しもありかな。ただ、正直こわいです(^ ^;

 

ジェレミー・シーゲル氏の本でAltriaのリターンが大きいことを証明していましたが、株価が落ち込んでいる時に投資するというのは勇気がいりますね。(アメリカの場合、紙巻タバコの需要が減少、マリファナ市場の混乱、一部地域での電子タバコ禁止等)株価が下がっている時は、悪い情報ばかり頭の中に残ります。

 

こういう時は、将来もその企業の事業が存続するかどうか、自分の判断を信じたいです。やっぱりアメリカのタバコ市場はどんどん縮小していくのかな。土地は腐るほどあるので、移民を増やしてくれないかな(^ ^; 難しいなら値段を上げて、数量の減少をカバーしてもらいたいです。

 

それでもだめなら新規事業か。まさにAltriaがやっていることですね。将来を見通す力があると信じてAltria株はキープです。ほんとは不安だけど(^ ^;

 

ここまで書いて気が付きましたが、企業の将来を予想する時は、その事業が生き残るかどうかではなく、現在の利益水準を少なくとも維持できるか、という視点で見た方がよいのかな。

 

私は書くことで、脳を強制的に働かせることができています。逆に言うと、考える理由がないとここまで考えません(^ ^; ブログのおかけです。 

 

次に、S&P500 indexのリターンとの比較です。期間は11月初旬からの8か月間です。

・私:7.83%

S&P 500:8.48%

今回はMorningstarのサイト(下記URL)を使いました。

http://quotes.morningstar.com/indexquote/quote.html?t=0P00001G7J®ion=usa&culture=en-US

 

この比較もあまり意味がないような気がしてきました。Altriaは買い増ししましたし。新しい銘柄を追加したらリターンは下がりますし。そもそも、S&P500 indexのリターンはどうやって計算しているんでしょう?

 

正確に比較することをあきらめればいいのか。あくまで参考程度に、S&P500 indexリターンは比較用に使っていきます。

以上

今週はほとんど動きなし(私のアメリカ株ポートフォリオ、19年6月29日現在)

19年6月29日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

 

ポートフォリオSBI証券、19年6月29日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

80

$210.27

$197.92

-0.43%

-$988.00

HD

33

$185.05

$207.97

-0.68%

$756.36

JNJ

61

$141.86

$139.28

-2.02%

-$157.38

MA

42

$207.88

$264.53

0.02%

$2,379.30

MCD

48

$180.48

$207.66

1.64%

$1,304.64

MKC

60

$147.16

$155.01

0.39%

$471.00

MO

192

$59.08

$47.35

-1.37%

-$2,252.16

MRK

120

$73.09

$83.85

-0.86%

$1,291.20

PG

96

$91.00

$109.65

-1.41%

$1,790.40

SCI

195

$44.97

$46.78

1.90%

$352.95

V

62

$140.15

$173.55

0.06%

$2,070.80

       

合計

$7,019.11

 

先週(6月22日)と比較し、損益は-$264.98でした。週末の米中首脳会談を控えていたので、今週は動かないだろうなと思っていたのですが、本当に動かなかったですね。変動した理由を調べる必要もないので、退屈です(^ ^;

 

G20の直前には、米中間の貿易通商協議が前向きに進むようなニュースが報道されたり、それは違うよというニュースが報道されたりと、今週は戸惑わされました。

 

6月のNYダウ平均株価は7.19%($1,784)上昇。この上昇率は3年8か月ぶりの大きさとのこと。アメリカの利下げ期待が影響しています。史上最高値まであと$200ほどに迫っています。

 

株価だけみると、景気がよさそうな感じがしますが。。投機的な資金もあるので、株価だけにとらわれると現実とかけ離れた理解になってしまいそうです。。。こういう時に(景気動向を予想するために)各種指数をチェックすればいいのか。

 

先日、景気動向を予測するための各種指数を紹介してくれる記事を読みました。以下URLはその時のブログ記事です。(当然ですが)各種指数が発表されるのは時期がバラバラです。特定の指数だけ見ても、私には関心が持てません(^ ^; 各種指数をまとめて見せてくれるサイトなんかあると助かりますね。ちょっと探してみますか。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/06/25/071520

 

余談ですが、先週のポートフォリオ内の先週比計算は間違っていました。先週比ではなく、2週間前と比較していました。。。Home Depoの株価が大きく変動した理由が見つからなかった理由がわかりました。。よくチェックしないといけません。

 

◆損益通算結果
SBI証券

投資金額

¥-13,446,426

現在値

¥11,965,687

現金(円)

¥48,023

現金(ドル、円換算)

¥1,034,286

損益通算

¥-398,430

利回り

-2.96%

②持株会

投資金額

¥-500,000

現在値

¥575,514

繰越金

¥707

配当金(通算)

¥1,151

損益通算

¥77,372

利回り

15.47%

①+②

評価額

¥13,625,368

損益通算

¥-321,058

利回り

-2.30%

 

少し円安に振れた分、プラスになりました。米中首脳会談の結果はいつ報道されますかね。気になって仕方がありません。 昼に会談ということなので、今日の夕方にはニュースが報道されているかな。待ち遠しいです。

以上