アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

銘柄間で資金のローテーションが発生。継続性は不透明。

11/10付のCNBCの記事を読みました。11/9、11/10、NYダウが上昇する一方、ナスダックは下げました。記事には、今後の展開に関する専門家の方の意見がまとめられています。以下要約です。

 

◆要約

・大型株、テクノロジー株の急落は単なる利益確定売りでなく、市場のリセットになる可能性あり。

・投資家はアマゾン、ズーム、フェイスブックなどの銘柄から工業、エネルギー、素材へ資金を移動。

・テクノロジーと在宅銘柄が支持された世界は全く異なるもの。今が現実の世界で、グロース株優位は終わる可能性あり(Bleakley Advisory Group、アメリカの投資助言会社)。

<グラフ>ファイザーによるワクチン発表後の資金移動

f:id:investmentandsecondjob:20201111075414p:plain

(出典:FactSet、CNBC)

・資金移動は来年にかけ続くだろう。市場のリセットは始まったばかり。平均化された市場に向かう可能性あり(QMAアメリカの投資助言会社)。

・ワクチンのニュースで株価は上下するべきではない。株価は10月のISM(製造業景況感指数)である59.3という結果で決まっている。景気の急回復により、今の株価がある(ドイツ銀行)。

・今回のグロース株の売りがどの程度までいくかわからない。テクノロジー株の売りが2日続いたが、2日で今後のトレンドが決まるわけではない(T3 Live、アメリカの金融サービス会社)。 

・政治の不確実性と新型コロナウイルスが、直近の株価上昇に注意を促す。ただ、長期的には楽観的(BTIG、アメリカの金融サービス会社)。

・最近の感染者急増を受けて、1月20日の前に(財政政策含め)早急な対策が必要。20年Q4~21年Q1での景気後退を避けるために(BTIG、アメリカの金融サービス会社)。

・次の上昇局面に備え、我々は投資家にポートフォリオを(大手ハイテク株、在宅銘柄の比重を下げ、景気敏感株へ)分散するよう推奨しており、それが直近の株価動向に表れている(UBS Global Wealth Management)。

・次の株価上昇局面は、アメリカ政治の不確実性の解消、及びワクチン接種により、持続可能な移動手段を得られた時と考える(UBS Global Wealth Management)。

 

11/9、NYダウが大きく上昇したにも関わらず、ナスダックが大きく下げたのには驚きました。これまでとは違う動きです。2日目も程度は違えど、同じ動きです。

 

いよいよ、ハイテク株の支持が終わるのかなと思いましたが、11/11はハイテク株が上げました。11/12はNYダウ、ナスダック、共に下げました。

 

今回読んだ記事は、今回のローテーションに対する専門家の見解が色々含まれており、参考になりました。11/11~11/12の株価の動向をみていると、今後どうなるかはまだわかりません。

 

個人的には、アメリカでの新型コロナウイルスの感染者急増が気になります。経済活動の規模が再び低下しそうです。

 

記事内で専門家の方が述べていた、アメリカ政治の不確実性、経済活動制限が解消された時、株価が上昇していくという言葉は頭に入れておきます。

 

このタイミングを待っていると、プロの方達に当然負けるので、まだ不透明感がある時に投資するよう、心掛けたいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"As Nasdaq sell-off continues, analysts say next leg of bull market could look different"

https://www.cnbc.com/2020/11/10/as-nasdaq-sell-off-continues-analysts-say-next-leg-of-bull-market-could-look-different.html?&qsearchterm=as%20nasdaq%20sell-off

11/9、NYダウ平均、S&P500指数が一時過去最高値に。専門家の見解は?

11/10付のReutersの記事を読みました。アメリカ時間の11/9、NYダウ平均、S&P500指数は、一時過去最高値を更新するまでに上昇しました。ファイザーが開発中のワクチンで、予防効果が90%を超えたことが好感されたためです。今回の株価上昇に関する専門家の見解が記事になっています。以下要約です。

 

◆要約

>>ヘラクレス・インベストメンツ(アメリカの投資助言会社

・株価は過去に例がないほど割高。株価の上昇スピードに企業の成長が追い付いていない。コロナ前の企業の成長水準さえ超えている。

・今はまず、新型コロナウイルスが経済に与えている影響を見極める必要あり。

・ワクチンにより同ウイルスが終息すれば、FRBの財政政策も終息していくことになり、株価上昇の要因の1つがなくなっていく。

>>大和キャピタル・マーケッツ

・ワクチンが素早く配布されていけば、景気回復につながる。

・今回のファイザーの発表は好感がもてる。ただ、まだ開発段階のもので、慎重になる必要あり。後続の情報が待たれる。

>>キルター・インベスターズ(イギリスの投資管理会社)

・現在、世界の先進国経済が抱える課題は構造的なもの。ワクチンでは治せない。

・ただ、ワクチンのニュースは低迷していた航空、接客銘柄の上昇に繋がった。一方、大手ハイテク銘柄は変わらず。

・ワクチン開発は良いニュース。影響の大きいヨーロッパ経済の見通しが変化する可能性あり。

 

11/9、アメリカ市場の寄り付き前の株価をみてびっくりしました。NYダウ平均は$1,500超です。

 

市場が始まってからも、しばらくは$1,500超で推移していましたが、終わってみれば$834の上昇でした。これでもすごいことですが、初めの衝撃が大きすぎたので、拍子抜けしました。

 

(少ないですが)今回読んだ記事の専門家の意見によると、そこまで楽観視はされていません。この上昇は今回だけと捉えておきます。

 

あと、ハイテク株が下落したのが気になります。アマゾンは$167下落しています。これから、従来の生活に戻っていくことが意識されているのでしょうか。Zoom(ZM)にいたっては、17%超下落しています。

 

銘柄間で資金のローテーションが進んでいくかもしれません。今手を出すのはこわいので、しばらく様子見を続けようと思います。

以上

 

◆参考文献

Reuters、"欧米市場などで株急騰、ワクチン報道受け:識者はこうみる"

https://jp.reuters.com/article/instantviews-global-stock-idJPKBN27P29K

前FDAトップ「アメリカでの感染者数はこれから加速。早期のワクチンによる免疫獲得は期待しないで」

10/30付のCNBCの記事を読みました。前FDAアメリカ食品医薬品局)トップであるDr. Scott Gottlieb氏のインタビュー記事です。新型コロナウイルスのさらなる感染拡大を警告しています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・今のアメリカは、新型コロナウイルス感染急拡大の始まりにすぎない。感染と、それに伴う入院の数が、各地域で過去最高値を更新している。

・感染者数はこれから加速する。変化点はサンクスギビングデイ(11/26)になるだろう。

・10/29、アメリカでの1日の新規感染者数が90,456に。これは過去最高値。また、累計感染者数は、10/30に9百万人に達する。他のどの国よりも高い数値。

・この状況があまりひどく感じない理由は、アメリカの各地域で適度に悪いから。

イリノイ州では1日で6,900人を超える感染者が発生。これは1か月前の3倍を超える。これをきっかけに、シカゴではバーとレストランでの夕食提供が禁止された。

アメリカでは、感染リスクの高い人々に対するワクチン提供が、年内に承認される可能性あり。しかし、彼らが免疫をもてるのは2021年になってから。ワクチンは2回接種、また1回目と2回目の接種の間は1か月間空ける必要があるため。

・一般市民向けワクチンが承認されるのは、2021Q2、もしくは2021Q3以降になるだろう。

 

最近はアメリカの大統領選挙に関するニュースが多いですが、その中で新型コロナウイルスに関する、この記事に目が留まりました。

 

今がピークではなく、これから急拡大というのが怖いです。サンクスギビングデイ(11/26)まで、まだ2週間以上あります。

 

このタイミングで感染者が増えるなら、12月は移動制限が発動され、クリスマス商戦に影響が出そうです。オンラインで販売できる企業はなんとかなりそうですが、実店舗で販売する企業は厳しそうです。

 

記事によると、高齢者など感染リスクが高くない一般市民がワクチンを接種できるのは2021年後半になりそうです。日本はその後でしょうし、一般市民の私が接種できるのは2022年ですね。

 

ワクチン接種による免疫の効果が広がっていくのは1年後以降と考えると、それまでは活動の制限と解除を繰り返していくことになります。今の状態があと1年続くことを考えるときついです(^^; 耐えられない企業も出てくるでしょうし、経済への過度な期待はできません。特にヨーロッパとアメリカは。

  

目先は、2020年末から来年にかけ、株価の下落を期待してしまいます。まずは今月末まで、アメリカでの新型コロナウイルスの感染動向に注目したいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"U.S. only at ‘the beginning of the steep part' of the coronavirus pandemic, Dr. Scott Gottlieb says"

https://www.cnbc.com/2020/10/30/us-only-at-the-beginning-of-the-steep-part-of-the-coronavirus-pandemic-dr-scott-gottlieb-says.html

バイデン氏勝利でも、トランプ氏の影響力は残る

11/5付のNewsweekの記事を読みました。バイデン氏が大統領選に勝利しても、トランプ氏の影響が残ると筆者は解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・今回のアメリカ大統領選挙の最重要点は、大接戦になったということ、そして有権者の半数近い人々がトランプ氏を支持したということ。

・2016年の大統領選挙時、人々はトランプ氏のことを理解していなかった。もしくは、大統領になればまともになるのではと期待していた。今回はトランプ氏という人間を理解し、投票している。

・トランプ氏は、2016年よりも今回、得票数が増加。中南米系、黒人の支持が増えている。上院は共和党過半数を獲得する見通し。

・つまり、2016年、トランプ氏の勝利はまぐれではなかった。

・また、今回どちらが勝とうと、アメリカは「トランプのアメリカ」のまま。これだけ支持者が多いと、共和党がトランプ氏をすぐに見捨てるとは考えにくい。

・ 選挙結果がどうなろうと、トランプ氏の影響力は残る。トランプ氏は民主党共和党内の反トランプ氏を攻撃し続けるだろう。

・バイデン氏勝利でも、民主党が上院の過半数を取らなければ、アメリカ政府は機能しない。また、さらに悪化する可能性も。

共和党がなんでも反対すれば、(経済政策含め)重要な政策で成果を達成するのは困難になる。

・「トランプのアメリカ」が続く限り、アメリカは機能しない。今回の大統領選挙はトランプ流に反対する最後の機会であったが、我々はその機会を活かせなかった。

 

当記事の筆者は反トランプのようです。記事の内容はトランプ氏に対して、きつめの言葉が並んでいました。

 

トランプ大統領が選挙に負けた後、同氏が影響力を残すということを私は考えていませんでした。

 

選挙後も、共和党がトランプ氏を利用するのであれば、確かに影響力は残りそうです。

 

追加の景気対策は選挙前には合意できず、選挙終了後、政権を取った党の意向が反映された同政策が承認されるのかなと思っていましたが、そう簡単にはいかないようです。

 

大統領選はバイデン氏が過半数を獲得しました。上院選は今のところ、かなり競っているようです。こちらも結果が気になります。

 

10月後半に大きく下げた株価は、11/2の週に取り戻しました。これから株価が上昇基調になるかは、トランプ側の人達がどう行動してくるかに影響しそうです。展開が予想できず、個人的には今後の動向が興味深いです。

以上

 

◆参考文献

Newsweek、"たとえバイデンが勝っても「トランプのアメリカ」は続く"

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/11/post-94920.php

選挙勝者(バイデン氏、上院は共和党、下院は民主党)の見通しから、評価益は30%超上昇

20年11月7日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、20年11月7日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

320

$52.50

$118.69

9.03%

$21,180.80

AVGO

33

$277.03

$380.62

8.86%

$3,418.47

CSCO

112

$42.07

$37.53

4.54%

-$508.14

HD

33

$184.39

$284.24

6.57%

$3,295.05

JNJ

61

$141.50

$142.25

3.75%

$45.75

MA

42

$207.36

$313.64

8.66%

$4,463.76

MCD

48

$180.03

$216.56

1.67%

$1,753.44

MKC

60

$146.80

$188.66

4.51%

$2,511.60

MO

192

$58.85

$37.27

3.30%

-$4,143.36

MRK

120

$72.91

$80.36

6.85%

$894.00

NTR

230

$38.68

$39.80

-2.16%

$257.60

PG

96

$90.77

$143.23

4.47%

$5,036.16

SCI

195

$44.85

$49.68

7.28%

$941.85

USB

132

$35.20

$39.17

0.56%

$524.04

V

62

$139.80

$198.47

9.22%

$3,637.54

VOO

51

$264.13

$321.75

7.31%

$2,938.62

       

合計

$46,247.18

 

評価益は先週(10/31)比で+$11,029.04(+31.32%)でした。先週の下落分を全て取り戻しました。まさか、ここまで戻すとは思ってもいませんでした。ニュートリエン以外は全てプラスです。

 

以下、主要株価指数です。ナスダックの上昇が目立ちます。テクノロジー株に特に資金が戻ってきています。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

10月31日

$26,501.60

3,269.96

10,911.59

11月7日

$28,323.40

3,509.44

11,895.23

先週比

$1,821.80

239.48

983.64

先週比(%)

6.87%

7.32%

9.01%

 

今週は上昇一辺倒でした。先週大幅下落した反動から、11/2は大きく買われ、11/3以降は選挙の勝者(バイデン氏、上院は共和党、下院は民主党)を見通した市場が買いに動きました。

 

バイデン氏勝利の可能性が高くなる一方、上院は共和党過半数を占めることで、増税、規制強化の程度が弱まるのではと見込まれてます。また、民主党が掲げる景気対策の規模も小さくなることが予想され、FRBによる金融緩和政策強化も期待されています。

 

ほとんどの保有銘柄が上昇する中、ニュートリエンだけが-2.16%と下落です。11/3に大きく下落しています。

 

同社は11/2に四半期決算結果を発表しました。EPSと売り上げは市場予想を上回りました。しかし、リン酸塩は供給過剰で、長期的には価格の回復が制限されること、及びGAAP基準だと2020Q3は純損失になることが影響しています。

 

ビザ、アップル、ブロードコムマスターカードは9%前後の上昇でした。何れも11/4、11/5に大きく上げています。投票状況から、ねじれ議会が続くと見込まれ、先週大きく下げた銘柄に資金が戻ってきました。

 

サービスコーポレーションインターナショナル(以下SCI)は先週唯一上げた(+4.14%)銘柄です。それが今週また+7.28%と大きく上昇しました。

 

11/4付のニュースで、バンクオブアメリカがSCIのターゲットプライスを$55に設定し、買いを推奨しているというものがありました。新型コロナウイルスの感染が拡大する今、そしてコロナ後、SCIの収益が大きく伸びるとバンクオブアメリカは見込んでいます。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-17,376,130

現在値

¥19,762,926

現金(円)

¥67,142

現金(ドル、円換算)

¥406,425

損益通算

¥2,860,363

利回り

16.46%

②持株会

投資金額

¥-671,000

現在値

¥698,116

繰越金

¥33

損益通算

¥27,149

利回り

4.05%

①+②

評価額

¥20,934,642

損益通算

¥2,887,512

利回り

16.00%

 

先週比で、利回りは5ポイント強改善しました。アメリカ株は先週分の下落を取り戻しましたが、円高で利回りの上昇が抑えられています。

 

今、このブログを書いている時点で、まだアメリカの大統領選挙は終わっていません。ニュースを見ていると、共和党陣営による訴訟に始まり、同選挙がまだ続きそうな感じです。

 

大統領選挙が始まる前、選挙が長引く可能性があると解説する記事を見てきましたが、それが現実になりそうです。選挙が長引くと、株価が大きく下落する可能性があるということなので、動向に注目したいと思います。

以上

 

◆参考文献

1)Seeking Alpha、"Nutrien swings to Q3 GAAP loss, narrows full-year guidance"

https://seekingalpha.com/news/3630129-nutrien-swings-to-q3-gaap-loss-narrows-full-year-guidance

2)Seeking Alpha、"Megacaps jump, rates sink as votes still counted: At the Open"

https://seekingalpha.com/news/3631090-megacaps-jump-rates-sink-votes-still-counted-open

3)247WallSt.com、"As Funerals Pick Up After COVID-19, Service Corp. May Bury Short Sellers"

https://247wallst.com/services/2020/11/04/as-funerals-pick-up-after-covid-19-service-corp-may-bury-short-sellers/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+247wallst_partners+%2824%2F7+Wall+St.+-+Syndication+Partners%29&mod=mw_quote_news

まだ選挙情勢が不透明だったのに、11/4に株価が大きく上昇した理由

11/4付のCNBCの記事を読みました。同日は、アメリカ大統領選挙の行方がまだ不透明でしたが、株価が大きく上昇しました。その背景を記事は解説しています。以下要約です。

 

◆要約

ブルーウェーブの欠如により、増税と規制強化の実現にはハードルあり。これは、11/4の株価上昇を説明するのに十分な材料。

・選挙の開票作業はまだ継続中で、勝者は未定。しかし、市場は上院は共和党、下院は民主党が獲得する方に賭けている。

・11/4、株価は大きく上昇。ナスダックに至っては4%超の上昇。一方、不確実性リスクに対するヘッジのため、及び追加景気刺激策は想定よりも大規模にならない可能性があり、投資家は債券を購入、債券利回りの低下につながった。

・選挙前、ブルーウェーブに賭け、バリュー株、小型株、新エネルギー株に期待した投資家もいた。大手ハイテク株は増税と規制強化で、ヘルスケア株はAffordable Care Act(オバマケア)で、エネルギー株は(シェールガス採取の際、用いられる)フラッキングへの規制強化で、下押し圧力があった。

・しかし、投票日以降、先の投資家は方針を変更。ヘルスケア、テクノロジー、一般消費財セクター株は上昇した。

・候補者のどちらが勝利するかに関係なく、市場は別の理由で上昇しているようにみえる。テクノロジー銘柄は規制と分裂の脅威がなくなれば上昇するだろう。工業銘柄と素材銘柄は(インフラ投資も含めた)景気刺激策があればパフォーマンスが良くなるかもしれない(CFRAリサーチ、アメリカの投資調査会社)。

・11/4の上昇のポイントは、民主党による増税、規制強化が実現しそうにないと、市場が安堵したことだった(CFRAリサーチ)。

 

バイデン氏とトランプ氏、以外にも接戦だったので、11/5の朝起きた時には驚きました。接戦ですが、11/4のアメリカの株価は大きく上昇しました。今回読んだ記事は理由を明確に解説してくれているようで、助かりました。

 

これで、11/2~11/4 、3日間連続で株価は大きく上昇したことになります。11/5も大きく上昇しそうです。寄り付き前の株価を見ると、NYダウ平均は$300超の上昇です。

 

今のところ、バイデン氏が優勢です。意外にすぐに決着がつくのか、時間がかかるのかわかりませんが、最後まで見届けたいと思います。

 

決着がつくまでは、私は追加投資しないと思います。株価がどんどん上昇しており、完全に乗り遅れた感じです(^^; 選挙前に投資に踏み切れなかったので、仕方がありません。投資資金にそこまで余裕もありませんし。

 

今回の記事の解説を参考に、次の投資時期を考えたいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Here’s why the stock market is rallying even though the election outcome is still uncertain"

https://www.cnbc.com/2020/11/04/heres-why-the-stock-market-is-rallying-even-though-the-election-outcome-is-still-uncertain.html?&qsearchterm=here

アメリカ大統領選挙の投票日後の株価動向について

10/27、10/30付のBloombergの記事を読みました。何れも、アメリカ大統領選挙の投票日後の株価動向を解説するものです。以下要約です。 

 

◆要約

・どちらの候補者が勝ってもいい。市場は選挙の早期決着を願っている。両候補が競って、結果が出るまで時間がかかってしまう場合、リスクオフの動きが広がる見込み(バンクオブアメリカ)。

・2000年の大統領選挙の時は、ジョージ・W・ブッシュ氏の勝利が確定するまで、S&P500指数は5%下落した。

・政権移行に戸惑ったり、勝者決定が12月~1月までずれ込んだ場合、最大20%の株価下落も想定する。特に、両陣営のどちらかが選挙結果を受け入れない場合、アメリカ経済への信頼度が低下する(バンクオブアメリカ)。

・バイデン氏勝利のシナリオを支持するトレーダーが多い一方、JPモルガンチェースのラコス・ブハス氏はトランプ氏の勝利を望む。トランプ氏が勝利した場合、(11/2時点で3310の)S&P500指数は年内に3900まで上昇する可能性あり。

・バイデン氏勝利、そして上院、下院共に民主党が勝利した場合、短期的には中立の見通し。追加の景気対策、インフラ投資が期待される一方、増税のマイナス面があるため(JPモルガンチェース)。

 

大統領選挙の投票日である11/3までに追加投資することも考えていましたが、踏み切れませんでした。

 

11/2のNYダウは$400を超える上昇でした。11/3も寄り付き前で$400超の上昇です。乗り遅れたかもしれません(^^;

 

今後は、投票結果が出るまでの株価動向を見ながら、追加投資を検討することになります。今回読んだ記事の内容を参考に、選挙の行く末を見守りたいと思います。

 

目先はNYダウの上昇が続きそうなので、様子見を続けると思います(^^;

以上

 

◆参考文献

1)Bloomberg、"米株は最大20%急落も-米大統領選、僅差で再集計の最悪シナリオなら"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-30/QIZ8CVT1UM0Z01

2)Bloomberg、"トランプ氏再選の場合、S&P500種は3900まで上昇も-JPモルガン"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-26/QIT7K4T1UM1501