アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

本、ニュース記事

Philip Morris CEO「多くの国で10~15年以内に紙巻きタバコ販売をやめると思う」

9/24付のSeeking Alphaの記事を読みました。9/21~9/25に開催されたConcordia Annual Summit(企業や政治家、NPOが集まるフォーラム)で、Philip MorrisのCEOが述べた言葉が記事になっています。以下要約です。 ◆要約 ・正しく規制された奨励と支援の下、我…

専門家「テクノロジー株はまだ下げる可能性が高いよ」

9/23付のCNBCの記事を読みました。投資家はこれまで強気であったテクノロジー株に対し、弱気に転じていると記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・9月に入り、投資家はこれまでお気に入りであったテクノロジー株を大量に売却、同セクター株が負ける…

企業数減少、株高、赤字の新規上場企業続出で、バリュー株投資は厳しい(Reutersより)

9/17付のReuterの記事を読みました。現在、バリュー株投資は厳しいよと解説する内容です。先日、Business Insiderで同様の記事を読みましたが、今回の記事はなぜバリュー株が厳しいかを説明しています。以下要約です。 ◆要約 ・アメリカの上場企業数は約3,60…

9/21に株式急落。セクター間で資金移動が起こった可能性も。下落は続く見込み。

9/21付のCNBCの記事を読みました。9/21のアメリカ株式市場は大きく下げましたが、下落はさらに続くよということを記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・新型コロナウイルスや政治の揉め事に関する懸念に、株式市場は元々下落しやすい状況にあった。…

半導体セクター下げ。特に半導体装置銘柄が下げています

9/11付のSeeking Alphaの記事を読みました。調整が始まった後の半導体セクターについて解説しています。特に半導体装置銘柄が下落しているとのこと。以下記事の要約です。 ◆要約 ・9/7週、半導体株価指数は3.8%下落。米中間の緊張と、アメリカが中国SMIC(半…

9/15~9/16のFOMCに対する専門家の見解

9/16付のReutersの記事を読みました。9/15~9/16のFOMCが終わり、記者会見したFRBパウエル議長の会見内容に対する専門家の見解が記事になっています。以下要約です。 ◆要約 >>>Janus Henderson Investors(イギリスの資産運用会社) ・予想通り。FRBは3年間…

バンクオブアメリカ「バリュー投資は死にました」

(アメリカのビジネス、技術ニュースの専門サイトである)Business Insiderの記事を読みました。英文は9/8付、日本語訳は9/14付のものです。バンクオブアメリカが9/8に発表した報告書の内容が記事になっています。以下要約です。 ◆要約 ・バリュー株投資は死…

00年ITバブル崩壊後はバリュー株支持が8年間継続。今回は?

9/12付の日経新聞の記事を読みました。9/3から始まった調整では、主にハイテク株が大きく下げています。しかし、今のハイテク株はバブルではなく、今回は2000年のITバブル後とは異なるよということを記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・9/3からの…

ゴールドマン「景気回復に伴い、出遅れ銘柄が伸びる可能性あり。幅広いセクターの銘柄に注目」

9/9付のBloombergの記事を読みました。アメリカの株式市場では調整が始まっていますが、同市場に対するゴールドマンサックスの見解が掲載されています。以下要約です。 ◆要約 ・アメリカの株式市場には楽観的。これから景気が回復すれば、低迷している株価が…

専門家「9/9、株価は反発。でも、この先はまだまだ要注意」

9/9付のCNBCの記事を読みました。9/2から調整が始まった後、9/9に初めて反発しました。今後の株価動向について解説する内容です。以下要約です。 ◆要約 ・9/9のアメリカ株式市場は反発。ここまで10%下落したナスダックも一部戻した。安くなったテクノロジー…

ゴールドマン「デジタル革命、経済&株式市場の変化は今後も続くよ」

9/8付のBloombergの記事を読みました。9/3、テクノロジー銘柄を中心にアメリカの株式市場は急落しました。そのテクノロジー企業に対するゴールドマンサックスの見解が記事になっています。以下要約です。 ◆要約 ・9/3、テクノロジー株の株価が急落したが、ゴ…

専門家「今回の株価急落はいつもの調整。焦る必要はないよ」

9/3付のCNBCの記事を読みました。同日、アメリカ株式市場は急落しました。この急落に対する専門家の意見が記事になっています。以下要約です。 ◆要約 ・9/3、ハイテク株、グロース株中心に株価は急落。ナスダックは5%、S&P500指数は3.5%の下落となった。 ・…

株取引アプリ、ロビンフッドの話(バロンズより)

SBI証券に掲載されているバロンズダイジェストの記事を読みました。8/16付のものです。ロビンフッドという証券取引アプリの話です。同社は人々に手軽に投資してもらうことを目指して、2013年にカリフォルニア州で設立されました。今、その同社が批判にさらさ…

(景気後退とインフレが同時に起きる)スタグフレーションが発生する可能性あり

SBI証券のウェブサイトに掲載されているバロンズダイジェストの記事を読みました。8/16付のものです。(景気後退とインフレが同時に起きる)スタグフレーションが起こる可能性があると記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・スタグフレーションが前…

FRBが新戦略を発表、株価の上昇基調は続く見込み

8/28付のReutersの記事を読みました。8/27、経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)にて、FRBのパウエル議長が新たな戦略を発表しました。長期的観点でインフレ率平均2%を達成する(一時的に2%超もOK)というものです。この新戦略に対する専門家のコメン…

大統領選挙後の市場動向に対する専門家の予想

8/24付のCNBCの記事を読みました。20人の専門家に対するアンケート結果です。アメリカ大統領選挙結果、及び(株価動向など)その結果からもたらされる影響について述べられています。以下、記事の要約です。 ◆要約 ・20人の内14人は、バイデン氏がトランプ氏…

S&P500企業の38%はコロナ前の株価を超える。残り62%はマイナス。

8/22付のCNBCの記事を読みました。3月後半からアメリカの平均株価は大きく回復し、S&P500指数は最高値を更新しています。ただ、S&P500銘柄全ての株価が回復しているわけではないと記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・S&P500は最高値を更新、新型…

専門家A「景気後退終わった」、専門家B「景気後退はこれから」、専門家C「2回目の景気後退も」

8/14付のCNBCの記事を読みました。20年2月から始まったアメリカの景気後退に関する専門家の見解が記事になっています。以下要約です。 ◆要約 ・現在の株式、住宅、小売り市場のトレンドは景気後退を表していない。しかし、今回のものは通常の景気後退ではな…

下落相場終了&強気相場入り。株価上昇が続く理由。

8/19付のReutersの記事を読みました。アメリカの株価上昇の背景を解説する内容です。以下要約です。 ◆要約 ・8/18、S&P500指数は最高値に到達。併せて弱気相場が終了、強気相場入りとなった。 ・新型コロナウイルスの感染拡大が続き、悪材料がある中、ここま…

S&P500指数が最高値更新、専門家の見解は?

8/19付のReutersの記事を読みました。8/18、S&P500指数が一時、最高値を付けました。この結果に対する専門家の見解が記事になっています。以下要約です。 ◆要約 >>>Suntrust Advisory Services(アメリカの投資助言会社) ・ここ数か月間、我々は強気相場入…

APPL、AMZN、FB、GOOGの四半期決算結果(バロンズより)

SBI証券のウェブサイトに掲載されているバロンズダイジェストの記事を読みました。8月2日付のものです。7/30に発表されたフェイスブック、アップル、アマゾン、アルファベットの四半期決算結果に関する考察です。以下要約です。 ◆要約 ・7/30、20年4月~6月…

景気循環株への資金流入により、さらなる平均株価の上昇が見込まれています

8/11付のCNBCの記事を読みました。現在、アメリカの平均株価指数は上昇していますが、これからさらに上昇する可能性があるよと記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・S&P500指数は過去最高値に向け上昇中。最高値付近で下落する可能性もある一方、テ…

今後5年間のアメリカ企業の利益成長率、いい感じです

8/7付のReutersの記事を読みました。次の5年間のアメリカ企業の利益成長率について解説する内容です。以下要約です。 ◆要約 ・リフィニティブ(金融情報、リスク管理等のサービス提供企業)のデータによると、アメリカ企業の次の5年間の利益成長見込み(1年…

専門家「上昇相場では全員が天才、数か月後に急落すると人々は思わない」

7/20付のCNBCの記事を読みました。マーク・キューバン氏という実業家の方のインタビュー記事です。同氏はBroadcast.comというインターネットラジオ企業を1995年に立ち上げ、数年後Yahooに57億ドルで売却した実績があります。記事は、インターネットバブルを…

専門家「これからの低成長時代、インデックスよりも個別株」

8/3付の日経新聞の記事を読みました。投資助言会社(農林中金バリューインベトメンツ)のCIOの方が、今後の投資戦略について解説されています。以下、記事の要約です。 ◆要約 ・新型コロナウイルスが終息すれば経済は復活する。ただし、世界経済の成長率は落…

アメリカ大統領選挙後も、株価変動に要注意

8/3付のReutersの記事を読みました。アメリカの大統領選挙の投票直後を見据え、投資家が警戒し始めていると記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・トランプ大統領は選挙の正当性を懸念。同大統領の行動がリスクの1つ。 ・投票終了後、その結果を巡っ…

アップルが自社株式を分割。あまり影響はなさそうです。

7/30付のCNBCの記事を読みました。先週、アップルが四半期決算発表の中で、自社の株式分割を発表しました。その影響について、記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・アップルは1株から4株への自社株式の分割を発表。 ・株式分割は見た目が変わるだ…

7月のFOMCの結果に対する専門家の見解

7/30付のReutersの記事を読みました。7/28~7/29の2日間、FOMCが開催されました。今回の決定事項に対する専門家の意見が記事になっています。以下要約です。 ◆要約 ・7/28~7/29のFOMCの結果、FRBは金利誘導目標を0~0.25%に据え置き。景気回復のため何でも…

コロナ後、金融市場が恒久的に変化。リターンの低下も(バロンズより)

7月26日付のバロンズダイジェストの記事を読みました。SBI証券のウェブサイトに掲載されているものです。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、金融市場が恒久的に大きく変わるということを解説しています。解説者はJPモルガンチェース(JPM)のアナリ…

専門家「ワクチン接種が始まっても、経済正常化には時間がかかる」

7/22付けのCNBCの記事を読みました。元インド中央銀行のトップで、現在はシカゴ大学教授のRaghuram Rajan氏が、新型コロナウイルスワクチン開発後の世界経済について述べています。悲観的な内容です。 ◆要約 ・今週、将来有望な新型コロナウイルスワクチンの…