アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

本、ニュース記事

原油価格の急騰により、今月の利下げ実行は不透明になってきました。

9/14、サウジアラビアにある石油施設が攻撃されたことを受け、市場も騒がしくなってきました。こういう時(NY市場の原油価格が急騰する時)、どのように株価に影響するかをみるのは初めてなので、参考になります。 昨年の秋頃でしょうか、原油価格が上昇した…

世界の中央銀行「景気は思ったより悪くないよ。利下げは期待しすぎないでね」

9月12日付のロイターの記事を読みました。これまで、市場の期待は利下げ一辺倒に近い状況でしたが、今週に入り始まった国債利回りの上昇が状況を変えています。 その状況を記事は解説しています。以下要約です。 ◆要約 ・今週に入り、国債利回りが突然上昇。…

今後の方向性が読みにくい1週間です

昨日に引き続き、本日も今週始まったバリュー株へのシフトの話です。ネタ元は9/10付のCNBCの記事です。昨日の記事は、バリュー株へのシフトが起こっているという内容でした。今回読んだ記事は、同シフトが起こっている中での、お薦めの投資先を紹介してくれ…

株価の動きがおかしい→機関投資家がバリュー株へシフト

今週に入り、私の保有銘柄株価の動きがおかしいです。9/9(月)にMastercard、Visa、P&Gの株価が大きく下げました。NYダウ平均やナスダックはほとんど動いていていないのにです。 まあ、調整かなと自分に言い聞かせ、次の朝起きると、同じ銘柄が2日続けて大…

過去とは違い、現代は景気後退の頻度が減っているよ。

9/5付の日経の記事を読みました。元ネタはFinancial Timesです。過去と現在は構造が異なるので、景気後退の頻度も少なく、また不況がいつ来るか予測は難しいと主張しています。以下記事の要約です。 ◆要約 ・過去と現在、景気後退が発生する要因、及び頻度が…

中国が香港にきつく当たれない理由

9/5付のロイターの記事です。香港でのデモは長く続いています。中国が要因とされており、その中国が香港に対し、強硬手段を取れない理由を説明してくれています。 ◆要約 ・世界各国から見た時、香港は「国際金融センター」であり、「中国への投資窓口」。中…

「お金だけが仕事じゃない」→理解はできるけどやっぱりお金はほしい。。

8/20付のCNBCの記事です。お金だけではなく、仕事に対する満足度を上げた方がいいよというメッセージです。どうやったら仕事に対する幸福度、満足度を上げられるか、(イギリス、カナダ、アメリカ等の)研究結果を基に語っています。 ◆要約 ・コンサルティン…

従来の個人の日本株投資家は、外国株へ資金を移している?

8/26付の日経新聞の記事です。個人の株式売買代金が過去と比較し、大きく減っているよという内容です。 ◆要約 ・ 株式委託売買の手数料は、1999年10月に自由化がスタート。2018年度、個人売買の86%は大手7社のインターネット証券経由で行われている。同証券…

アメリカの上院議員「連邦退職貯蓄投資理事会は、中国株への投資を止めた方がいいんじゃないの?」

8/27付の日経新聞の記事です。元ネタはFinancial Timesです。 ◆要約 ・アメリカの共和党、及び民主党の上院議員2人が、連邦退職貯蓄投資理事会へ書簡を送る。内容は、同理事会が運営する連邦公務員向け確定拠出型年金を、中国株へ投資するのを止めるよう要請…

ノルウェー中央銀行「ノルウェーの政府系ファンドはEUより北米へ投資しよう」

8/27付のロイターの記事です。ノルウェー政府年金基金(GPFG)という世界トップクラスの政府系ファンドの話です。 ◆要約 ・EU株式市場への投資を減らし、アメリカ株式市場へ資金を移動させることを、8/27、ノルウェー中央銀行は同国の政府系ファンドへ提案す…

合併の噂は本当だった!MOの株価は一時8%超も、CNBCのせいで-4%で終える。

AltriaとPhilip Morrisの合併の噂があるという記事を読み、昨日ブログに書きました(以下URL)。 https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/08/27/075936 日本時間のその日の夜には、噂は本当だというニュースが流れました。展開の早さにびっく…

PMが1日で4.29%の下落→Altriaとの合併が噂されています

8/26、Philip Morris(以下PM)の株価が4.29%($3.49)下落しました。朝起きてビックリです。株価は全面高にも関わらず。 背景を調べていると、気になるネタがSeeking Alphaにありました。Altria(以下MO)との合併が噂されているとのこと。以下記事の要約で…

中国から他国への流れは、確実にそして想定より早く進みそう

8/23、中国がアメリカに対する新たな関税を発表した後に、トランプ大統領がツィッターで発言しました。その内容に関するCNBCの記事です。 ◆要約 ・8/23、トランプ大統領は中国の代わりをすぐに探し始めるよう、自国の企業へ要求。会社をアメリカへ移動させる…

SAP社「正社員が見つからないので、フリーランスを活用します」

8/20付の日経新聞の記事です。ドイツの企業であるSAPに関するものです。ERP(統合基幹業務システム )を供給する同社は、SAPエンジニア不足のため、フリーランスを活用しますよという内容です。 以下要約です。 ◆要約 ・今後数年間で数千人の(統合基幹業務…

米リフト社長「将来、人は車を持たなくなるよ」

8/1付の日経新聞の記事です。アメリカの大手ライドシェア企業のLyft(リフト)社長が、楽天の三木谷さんと対談しました。テーマはモビリティの未来です。以下要約です。 ◆要約 ・アメリカでは自動車の96%が駐車場に止まっている。一方、平均的な家庭は年間10…

アメリカ主要企業「株主第一主義止めます」→今後、どの程度株主利益に影響するか気になります

8/20付の日経新聞の記事です。ビジネス・ラウンドテーブルが発表した声明に関する記事です。ビジネス・ラウンドテーブルはアメリカのロビー団体の1つです。私はこの名前を今回の記事を読んで初めて知りました。同国の主要200社のトップが会員となり、大企業…

サプライチェーン、ドル高の影響が少ない企業向けソフトウェア会社が注目されています

8/9付のCNBCの記事です。貿易戦争の激化、世界の不確実性が増す中、サプライチェーンの影響をあまり受けないソフトウェア企業は、ハイテク企業の中でもお薦めだよという内容です。 ◆要約 ・投資家がリスク資産から退避する時、たいていハイテク株は暴落する…

トレーディング業務の外注が加速しているそうです

機関投資家が行うあのトレーディング、 それが今は外注される世の中になっているとのこと。ロイターの記事です。 ◆要約 ・資産運用会社がトレーディング業務を外部に委託する動きがある。新たな規制に伴う負担増、技術の進歩により、コスト削減が必要となっ…

中国、購入先をアメリカから国内企業へ変更(シスコの例です)

シスコシステムズ(CSCO)に関する8/14付のロイターの記事です。関税、及び中国市場での不振が影響し、業績が予想を下回ったという内容です。 ◆要約 ・シスコシステムズ(以下シスコ)の19年Q1(8~10月)の業績見通しは、市場予想を下回る。これから有効と…

まだ強気相場が続くと考える方もいます

Edward Yardeni(エドワードヤーデニ)氏という方のインタビュー記事(8/10付)です。この方はYardeni Researchという企業のPresidentです。同社は投資や資産運用のコンサルティングを行う企業です。Yardeni氏は、プルデンシャルやドイツ銀行など、数十年間…

NYダウ800ドルの大幅下落。今後の展望は。

NYダウ平均が800.49ドル下げました。朝起きてびっくりしました。いよいよ調整かと思ったのですが、アメリカの長短金利が逆転したんですね。これがきっかけで大幅下落したとみられています。今後の見通しについて、識者の見解が今朝の日経新聞に掲載されてい…

Altria傘下のJUULが中国市場へ参入です

Altriaが35%の資本をもつJUULに関するニュース記事です。中国企業と手を組み、同国の市場へ参入します。 ◆要約 ・JUULが京東(JD.com)と提携。京東は中国のEC大手。京東のオンラインストアで、JUULの電子タバコを19年10月までには販売開始する。 ・JUULは…

株式市場動向の予測は企業、産業よりも政治の動向が重要に(より影響が大きい)。

ロイターの記事を読みました。世の中も変化しており、株式アナリストの仕事が減っている、どう生き残っていくべきかを述べた記事です。 以下要約です。 ◆要約 ・これまで高額の報酬を得ていた株式アナリストの環境が大きく様変わりしている。 ・ETFなど、各…

フリーランスの収入が伸びている国、トップ10

フリーランスとして働く人の国別成長率ランキングを紹介する記事がありましたので、ご紹介します。以下要約です。 ◆要約 ・2019年、アメリカの単発仕事市場(gig economy)は過去最高の伸び。フリーランサーの収入は前年比でプラス78%の成長。ランキングの1…

ゴールドマンサックス「今はアメリカ市場に大きく依存する銘柄がお薦め。リスト付き。」

8月6日付のCNBCの記事です。米中貿易戦争にあまり影響を受けない(だろうと考えている)企業銘柄の購入をGoldman Sachsが薦めています。 ◆要約 ・米中貿易戦争は(少なくとも)2020年のアメリカ大統領選挙までに解決することはない。同選挙を控えており、こ…

リタイア後に住む国、おすすめトップ10

退職後、より快適さを求めて、移住をお薦めする国トップ10を紹介してくれる記事を読みました(アメリカのメディアなので、アメリカ人を読者として想定していますが)。ランキングはGlobal Peace Index(Institute for Economics and Peace)とコスト(Numbeo…

アメリカ株が大幅下落。さらに下がりそうです。

株価が大きく下がりましたね。NYダウ平均は2.90%、Nasdaqは3.47%の下げ幅です。今回の下げは(利益確定のための)調整も入っているのかな。今後の見通しを述べた記事がロイターに掲載されていましたのでご紹介します。 ◆要約 ・決算シーズンが終わり、次のFO…

Lowe'sが数千人の従業員解雇を発表。背景には19年Q1の決算結果がありそう。

Lowe'sはHome Depoと並ぶアメリカの住宅改善小売業者(と呼ぶらしい)です。株価はHome Depoの半分ですが、Lowe'sの配当率は現時点で2.2%程度と悪くなく、株価も2012年以降、右肩上がりを続けており、気になる銘柄ので1つです。 そのLowe'sがメンテナンスや…

P&G、$80億の減損処理で$52億の赤字なのに、株価$4.41アップ!

P&Gの株価が絶好調です。7/30、同社の19年Q2の決算発表がありました。同時期は完全な赤字ですが、株価は前日比で+$4.41の大幅アップとなりました(残念ながらその後、FOMC、中国への追加関税の発表があり、下げてしまいましたが)。以下、7/30付のロイター記…

FOMCが0.25%の利下げを決定。専門家による今後の見通しは?

市場の予想通り、0.25%の利下げが決定しました。パウエルFRB議長の会見後、ロイターが専門家のコメントを集めています。以下要約です。 ◆要約 ・今年は2~3回、来年は1回の利下げ可能性ありと市場の予想通り。年末に向け利下げ圧力が高まる(USバン・クアセ…