アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

失敗談その2、株でなぜ儲かるかよく理解していなかった

私が一番初めに読んだ株式投資に関する本は、ジェレミー・シーゲル氏の「株式投資の未来」でした。その本に紹介されているような高配当の株を長期に保有すれば、資産は時間はかかるがどんどん増えていくと思っていました。アメリカ株を購入し始めたときは以下のような銘柄を購入しました。

 

・J&J

・クラフトハインツ

・コカコーラ

・P&G

ロイヤルダッチシェル

・GE

 

購入後、クラフトハインツ、ロイヤルダッチシェル、GEの株価は下がっていきました。こういう時もあるさとほっといたのですが、どんどん下がります。1か月が経ち、2か月が経った時、ようやく気が付きました。「あれ、このまま株価が停滞したままだと、いくら高配当でもいつになったらプラスになるの?」Excelでシミュレーションしてみると、気が遠くなりました。さらに株価が下がると、もう保有している意味がなくなります。

 

株でプラスになるのは、①株価が購入価格よりも高くなった時、②配当をもらう、この当たり前のことに、ここで気が付きました。配当だけではだめです。②だけでなく、①も期待できる株を保有する必要があると。前述の3銘柄は全て損切りしました。素人の判断ですが、長期的に成長していってくれる自信が持てませんでした。

 

「すばらしい会社をそこそこの値段で買う」私はウォーレン・バフェット氏のこのシンプルな言葉が好きです。同氏が昔から保有する銘柄も①、②、両方を満たすのが多いのかな。迷ったらこの言葉に戻ってきたいです。

以上