アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

持株会はハイリスクハイリターン(私の場合)

私はアメリカ株以外に、従業員持株会に加入しています。株式投資を始めたのが18年6月、持株会に加入したのもほぼ同時期で18年7月からです。

 

 持株会(19年2月28日時点)

投資金額

¥-500,000

現在値

¥575,514

繰越金

¥707

配当金(通算)

¥1,151

損益通算

¥77,372

利回り

15.47%

 

このデータは19年2月28日時点のものです。証券会社が発行する「持株会事務連絡」という小さな通知書からの抜粋です。この日付分が最新版なんですよね。これより前にもらった通知書は18年8月31日時の内容です。半年に1回しかもらえないんでしょうか。

 

株は毎月自動的に購入され、上記の損益通算結果も毎月変わります。ただ、自分で毎月の結果を追っていくのが面倒なので、私のブログ内では、証券会社から「持株会事務連絡」をもらった段階でのみ、持株会のデータを更新していこうと思います。私が勤務している会社の株価は、価格変動の幅がそこまで大きくないので、半年に1回の更新でもそこまで大きな差異は出ないと推測しています。

 

持株会加入でも失敗がありました。1年間に1回しか掛け金が変更できないことに後から気が付きました。申込書に明記されていたのですが、よく読んでいませんでした。今は掛け金5万円が毎月の給料から引かれています。これだとアメリカ株への投資資金が確保できず失敗でした。(持ち株の評価額が、アメリカ株の各銘柄の評価額に近くなってきたので)次回の掛け金変更タイミングからは、ひとまず最低金額の1千円/月に変更しました。

 

アメリカ株と比較すると、持株会はハイリスクハイリターンですね。私の会社では15%の補助が出ます。10,000円分買うと、1,500円分会社負担で追加されます。さらに配当があります。アメリカ株の長期投資でも年間6~7%のリターンなので、ハイリターンです。

 

ただし、(当たり前ですが)株価が購入金額を下回らなければという条件付きです。私は自信がありません。比較的安定している業界ですが、10年後、20年後は現在よりも会社の競争力(株価)は落ちていると思います。また、日本の経済力も落ちていく一方だと思いますので、株価低下が促進されるはずです。ですので、どこかのタイミングで売却します(このタイミングが難しいですが)。

以上