アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

個別株だけのポートフォリオにETFも組み入れます

ETFポートフォリオに入れようと思います。理由は確実性を上げるためです。インデックス投資は退屈しそうと手を出していなかったのですが、個別株と一緒に運用すれば、(自己満足の世界ですが)いろいろ考えながら株式運用する楽しみは残るので、ETF銘柄も加えることにしました。

 

まだ、勉強し始めたばかりですが、以下の点に留意したいと思います。

 

・信託報酬(手数料)はできるだけ少なく

・資産規模は大きいほどよい

分配利回りは高くなくてよい(その分、ファンドの投資資金が減らないというメリットあり)

・(その他ファンドと比較し)資産を大きく減らしているファンドに注意

 

最後の4点目ですが、各ファンドの資産推移なんかわかるといいですね。ファンドのウェブサイトから情報を引っ張ってくればいいのかな。

 

以下表に、VanguardとiShares(BLACKROCK)の一部ETF銘柄をピックアップし、まとめました。数字はSBI証券のサイトを参照しています。同サイトではその他ETF運用会社も紹介されていましたが、私も名前は聞いたことのあったVanguardとiSharesから初めは選びたいと思います。

 

銘柄

対象

経費率

騰落率

分配利回り

純資産総額

VT

全世界

0.09%

42.34%

2.23%

$12,807M

VTI

全米

0.03%

70.68%

1.88%

$154,287M

VOO

S&P500

0.03%

73.83%

1.90%

$107,672M

VYM

米高配当株

0.06%

60.97%

3.07%

$22,929M

VIG

米増配株

0.06%

66.70%

1.90%

$32,815M

VUG

米グロース

0.04%

88.12%

1.13%

$38,270M

IVV

S&P500

0.04%

73.75%

1.85%

$238,617M

HDV

米高配当株

0.08%

55.60%

3.29%

$9,365M

 

気になるのはVUGです。グロース株を個別に買い、運用していく自信がないので、ETFで選択したいと考えています。あとはVTIやVOO、IVVのいずれかを買ってみたいです。買う時期は、早くて夏のボーナスが入る7月かな。

以上