アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

私のアメリカ株ポートフォリオ、及び損益通算結果(19年5月25日現在)

19年5月25日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

 

ポートフォリオSBI証券、19年5月25日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

80

$210.27

$178.97

-5.60%

-$2,504.00

HD

33

$185.05

$193.59

0.52%

$281.82

JNJ

61

$141.86

$138.85

0.17%

-$183.61

MA

42

$207.88

$251.48

-0.43%

$1,831.20

MCD

48

$180.48

$197.77

-0.73%

$829.92

MKC

60

$147.16

$155.19

0.08%

$481.80

MO

192

$59.08

$52.40

0.10%

-$1,282.56

MRK

120

$73.09

$81.17

3.02%

$969.60

PG

96

$91.00

$106.69

-0.71%

$1,506.24

SCI

195

$44.97

$43.44

1.47%

-$298.35

V

62

$140.15

$162.64

-0.89%

$1,394.38

WMT

85

$103.56

$102.67

1.76%

-$75.65

       

合計

$2,950.79

 

先週(5月18日)と比較し、損益は-$441.78でした。Appleがまた下げました(-_-) 3週間前と比較すると、$33弱下げています。5/21(火)に$186を超えたのですが、5/22(水)、5/23(木)と2日続けて大きく下げ、今は$179弱です。

 

Seeking AlphaでAppleのニュースをチェックすると、5つくらいAppleの業績に対してマイナスの記事がありました。これから米中の貿易戦争がさらに悪化するにつれて、どんどん株価が下がっていくんでしょうか。

 

この貿易戦争はアメリカ、中国、どちらも妥協せず、長い戦いになるんですかね。時間はかかりますが、今中国に集中している工場をアジアなど、その他地域に分散させるような動きになってほしいですね。今は中国に各種工場(とそれを支える産業)が集中して強すぎるような。でも、巨大な中国市場でビジネスをやっていくためには、そう簡単にはいかないのかな?

 

Merckは先週末比で3%程度上がっています。5/20(月)から毎日、徐々に上げてきました。株価に影響しそうなニュースは、①Keytruda(がん免疫療法に使用される薬の商品名だそうです)の臨床試験に失敗、②Peloton Therapeutics社の買収、③TAVO(他社品)とKeytruda(前述のMerck品)を合わせて使用する臨床実験で良い結果が出た、以上の3つです。

 

どこまでこれらのニュースが株価に影響しているのでしょうか?基本的に株価が右肩上がりのこの1週間の動きと合わせて見ると、あまり関係ないかもしれませんね。ハイテク株が下げて、その分Merckが買われているだけかも。

 

あとここまで書いて思ったこと。詳しくない業界ニュースを読むのはしんどいです(^ ^; 英単語も見慣れないものばかりなので、調べる手間が増えます。今は勉強の時と言い聞かせ、がんばってみます。でも面倒です(-_-)

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-13,444,336

現在値

¥12,703,685

現金(円)

¥48,023

現金(ドル、円換算)

¥63,629

損益通算

¥-628,999

利回り

-4.68%

②持株会

投資金額

¥-500,000

現在値

¥575,514

繰越金

¥707

配当金(通算)

¥1,151

損益通算

¥77,372

利回り

15.47%

①+②

評価額

¥13,392,709

損益通算

¥-551,627

利回り

-3.96%

 

先週比で-0.4%ほど悪化です。しばらく株式市場はよくなるとは思えないですね(^ ^; アメリカ、中国の喧嘩は続き、徐々に株価は下がっていくんでしょうか。大きく下げた時にも株を買えるよう、現金確保に努めます。

以上