アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

次に買いたい銘柄リスト(ETF編、年間リターン付き)

来月、ボーナスが入りますので、そのお金で株を購入します。次はETF銘柄を購入しようと思います。これまでETFは購入したことがなかったのですが、確実性を高めるため、ETFへ投資します。株式投資のプロに任せるため、と言った方がよいでしょうか(^ ^;

 

個別株への投資を優先することに変わりはありませんが、ポートフォリオETFを加えていきます。個別株は自分で考える楽しみがあるので、これからも続けていきます。

 

以下は主要ETFの比較表です。過去にSBI証券で調べたものや、ETFへの資金流入ランキング(以下URL)を参考にしています。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/05/23/082626

 

銘柄

対象

経費率

リターン ※

配当

VT

全世界

0.09%

5.46%

あり

VTI

全米

0.03%

9.25%

あり

VOO

S&P500

0.03%

9.62%

あり

VYM

米高配当株

0.06%

8.03%

あり

VIG

米増配株

0.06%

9.32%

あり

VUG

米グロース

0.04%

11.06%

あり

VEA

先進国(米国以外)

0.05%

1.58%

あり

IEFA

MSCI EAFE

0.08%

1.77%

あり

IEMG

MSCI EMG

0.14%

1.64%

あり

IVV

S&P500

0.04%

9.61%

あり

HDV

米高配当株

0.08%

7.54%

あり

SPY

S&P500

0.09%

11.49%

あり

※リターンは直近5年間の平均の年間リターンです。19年5月31日時点の情報です(SPYのみ19年4月31日時点)。

 

世界規模のETFでみると、全世界(VT)と世界の一部(VEA、IEFA、IEMG)という比較でもえらい差がありますね。直近の5年間でみると、アメリカの経済はそれだけ好調ということなのか、他が厳しいということでしょうか。

 

同じS&P500でもSPYだけリターンが高いのは締め日が19年4月31日と異なるためです。5月31日時点のものはサイトに記載がありませんでした。19年3月31日時点のリターンだと、SPY(10.77%)もVOO(10.87%)もほぼ同じであったので、S&P500のETFのリターンはどの銘柄もほぼ同じと推測されます。

 

ちなみに上記の情報はVanguard、Blackrock、State Streetのサイトから入手しました。どのサイトもETF銘柄の名前を入れて検索するとすぐデータが出てきました。一部の銘柄は英語版サイトを見ないと出てこなかったかな。

 

上記選択肢から下記に絞りました。

 

銘柄

対象

経費率

リターン

配当

VTI

全米

0.03%

9.25%

あり

VOO

S&P500

0.03%

9.62%

あり

VUG

米グロース

0.04%

11.06%

あり

IVV

S&P500

0.04%

9.61%

あり

 

配当率よりもリターンの高さを優先し、高配当が売りのETFは除外しました。

長期投資ならアメリカ以外の市場のETFも抑えておくのがいいのかもしれませんが、比較的手数料が高いのとリターンが低いため、除外しました。近視眼的かな(^ ^; 目先の利益に目が行っています。

 

これら4つの何れかを7月に買いたいと思います。 

以上

◆参考文献

1)Vanguard

https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/home.htm

2)Blackrock

https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/ishares

3)State Street Global Advisors

https://www.spdrs.jp/