アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

独裁者(トランプ氏)は独裁者が好き? 身近な人もそうかもしれません(私の場合)

7/6付のロイター通信の記事です。トランプ大統領は独裁的だがここまではうまくいっており、どちらかというと同氏の行動を褒めています。ただ、油断は禁物だよと指摘しています。

 

 

◆要約 

・民主主義より独裁者、権力者を好んでいるとトランプ大統領を批判する人がいる。

そう批判する人にとって、6月末は攻撃材料を蓄える1週間となった。

・6月末はG20が開催されたこともあり、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領サウジアラビアムハンマド皇太子、北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ大統領は会談。これらの指導者たちは、国民から自由を奪っていると世界から避難されている。

・過去にも、これらの指導者と礼儀正しく会話したアメリカ大統領はいたが、トランプ大統領はより積極的。

・ここ数か月のトランプ大統領の言動からは、内輪の人物も信用していないことが見受けられる。

トランプ大統領は、予想外の行動を起こすことを楽しんでいるだけでなく、懐柔的。これは気まぐれよりもロジックを感じる。これにより、衝突不可避と思われる場合でも、外交的な退路を生み出す。

トランプ大統領は民主主義、人権という観点から全く、あるいはほとんど外交をしない。 

・イランが6月にアメリカのドローンを撃墜した時のように、トランプ大統領が融和的な状態であり続ければ、世界は以前より安全になるかも。

・近年、アメリカが多くの戦争に関わってきたことを考えると、今のトランプ政権は賞賛すべき目標。ただし、民主主義、人権を無視し続けると何が起こるかわからない。

 

時々、非常識な発言をするトランプ大統領ですが、根は優秀なビジネスマンというのが、私の同氏に対する印象です。特に詳しく調べたわけでもなく、これまでのニュース記事から感じた私の個人的な感想です(^ ^;

 

「世界はより安全になるかも」というロイター通信の記事の指摘ははっとさせられました。今のところ、確かに戦争は起きていません。次の大統領選挙でも勝利し、8年大統領を務めあげ、戦争が1回も起きなかったら、同氏を称賛する人は増えそうですね。

 

トランプ大統領は独裁者ですよね。アメリカ株に投資している私にとっては応援したい人ですが、もし上司だったら私は一緒にやっていける自信がありません(^ ^; 本当はこういう人ともうまくやっていかないといけないんですけどね。

 

独裁者の人は独裁者を好むんでしょうか。私の(社内外の)知っている人で考えると、そのような傾向にあるような気がします。独裁者同士であれば、どのような行動をするのかお互いにわかりあえるのでしょうか。

 

確かに独裁的に物事を進める方が、早く前に進むときはあります。周りの人が逆らえない場合は。(私もですが)周りの人はしんどいですけどね。

 

世の中には、何も決められないけど権力だけは持っている人がたくさんいます。どこにとは言いませんが。。。その人たちよりは、仕事はやる(たぶんやっているはず)トランプ大統領の方がましかもしれません(^ ^;

以上

 

◆参考文献

ロイター通信、"コラム:人権より独裁者、トランプ氏が塗り替える外交の勢力図"

https://jp.reuters.com/article/apps-usa-column-idJPKCN1U0031