アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

準備不足の海外出張でいろいろ困りました。まさか日本のクレジットカードが使えないとは。。

私は仕事上、まれに海外に行きます。年に1回あるかないかです。今回は中国の上海に行ってました。滞在したホテルは、上海の浦東空港から車で1時間くらい移動したころにありました。

 

中国に行くのはこれで2回目です。1回目は2年半ほど前に南京に滞在しました。

 

今回の渡航は2泊3日で、本日帰国しました。今回はいろいろ困ったことがありました。いや、私が悪いんですけどね(^ ^; 以下今回出会った困ったことです。

 

・日本から持って行った会社スマホの速度が遅い。

・お気に入りサイトにアクセスできない。

・大きな飲食店でも中国のクレジットカードしか受け付けない。

 

これまでは海外出張に行くとき、モバイルWiFiを持っていきました。このモバイルWiFiを使い、会社PCをネットにつないでいました。今回は会社スマホテザリングしようと思い、モバイルWiFiはレンタルしませんでした。

 

中国へ到着し、初めは問題なく使えていたのですが、途中からスマホの通信速度がかなり遅くなりました。遅いというか、使えたものではありません。画面をよく見ると、アンテナマークの右側に「E」という文字が。

 

おそらくこれが原因だと思い、ネットで調べると「E」はEdgeという旧式の携帯電波とのこと。3Gより遅いです。

 

なんでこんなことになっているのか。調べてみると、海外にauiPhoneを持っていくと、24.4Mまで1,980円/日、最大でも2,980円/日ということでした。最大でも2,980円ということですが、おそらく24.4Mを超えたあたりから通信速度が制限されているんじゃないかと推測しています(auのサイトをチェックしましたが、説明は見つけられず)。

 

24.4Mなんておっきなサイズのファイルを送受信したらあっというまですね。完全に私のミスです(^ ^; 次からは必ずモバイルWiFiですね。

 

次にウェブへのアクセスです。ホテルの無料WiFiだと、日経オンラインやロイター通信、SBI証券、その他私のお気に入りのサイトに繋がりません(-_-)まれに繋がることもありますが、めちゃくちゃ遅いです。

 

これが4Gになると、日経オンラインやロイター通信、SBI証券は繋がりました。これは中国独自のアクセス制限によるものなんでしょうか?これもちょっとうかつでした。

 

最後にクレジットカード。今回、私が利用した飲食店は中国で発行されたクレジットカードしか利用できませんでした。そんなに都会に滞在したわけではないですけど、それなりに大きなお店を利用しました。が、受け付けてもらえず。

 

さらに帰国時、上海浦東空港で食事をしたのですが、ここでも日本のクレジットカード(ちなみにVisa)は使えませんでした。中国はこんなもんなんですかね?私が知らないだけなのかな(^ ^; 記憶がないですが、前に南京を訪問した時もこんなんだったのかな。。。

 

全てがだめだというわけではないですけどね。ホテルは受け付けてくれましたし。やっぱり、店舗の規模や、外国人の利用頻度ですかね?

 

ちなみに今回、台湾人の方と一部、一緒に行動していました。その方のクレジットカードは台湾で発行されたものでしたが、中国では問題なく使えていましたね。中国は台湾を中国の一部とみているからでしょうか。。

 

全て私の準備不足ですが、今回はいろいろ勉強させてもらいました。1回行ったことがあるから問題ないやろと、油断しすぎていました(^ ^;

 

次に中国を訪問する時は現金が必須なのかな。。ただ、現金は面倒です。いくら使うかわからないし。。中国はスマホアプリで支払う手段が浸透しているから、スマホアプリか。。でも外国人はどこまで使えるんでしょう?

 

今回、良いきっかけなので、また電子決済サービスを提供する企業でも調べてみます。アメリカで買える株はありますかね? 

以上