アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

P&G、$80億の減損処理で$52億の赤字なのに、株価$4.41アップ!

P&Gの株価が絶好調です。7/30、同社の19年Q2の決算発表がありました。同時期は完全な赤字ですが、株価は前日比で+$4.41の大幅アップとなりました(残念ながらその後、FOMC、中国への追加関税の発表があり、下げてしまいましたが)。以下、7/30付のロイター記事の要約です。

 

◆要約

・P&Gは世界No.1の一般消費財メーカー。19年Q2の決算で、Gilletteブランドのひげそり事業を$80B分減損処理、結果$5.42Bの赤字を報告したが、株価は一時最高値に達する。

・P&GはGillette製品を80か国で販売。今回の減損処理は為替変動、(安値攻勢をかける)他社との競争激化、及び"刃"の需要減少が影響している。

・"刃"の需要減少は技術の進歩、及び社会がひげを受け入れる環境に変わってることが背景にある。過去5年間で、アメリカのひげそり市場は11%縮小。

・グルーミング事業で、競合(UnileverやEdgewell Personal Care)から市場シェアを取り戻すため、P&Gは値下げや新製品投入のための投資を実施。

Gillette事業を除くと、P&GのEPSは$1.10と市場予想の$1.05を上回る。これは、SK-IIやOlayなどの美容製品の高需要が貢献している。同製品の売り上げは8%アップ。

・P&G内で1番大きな事業であるファブリック(衣服用洗剤)、及びホームケア(住宅用洗剤、掃除用品)の売上高は10%アップ。

・P&Gの10あるグローバルカテゴリーの売上高は全て上昇。

・P&G含む一般消費財メーカーは、物流費、及び原材料費の高騰に対処するため、商品価格をアップ。

 ・P&Gに対する期待は徐々に高くなってきているが、同社は最も高い期待値さえ超えてきている。売上高の7%成長は、この13年間で最大(Wells Fargoのアナリストのコメント)。

 

この英文記事は比較的読みやすかったです。1点、辞書で調べてもわからない表現がありました。「organic sales」です。ネットで検索してわかりましたが、これは既存事業の売上高を表すとのこと。なぜこのような表現をするのかはわかりません。。

 

こうやって、企業のニュース記事を読んでいると、だんだん企業の事業内容が理解できますね。私には企業分析をやる気力はあまりないので、今みたいに企業のニュース、分析記事を読み、ブログに書くくらいのペースがちょうどよいです(^ ^;

 

このニュース記事を読む限りは、P&Gの株価上昇にはちゃんと理由があるようですね。売上高が伸び続けているようです。しかも、アメリカだけではなく、事業を行っている世界の全ての地域で。

 

記事では美容製品が貢献していると書いてありますね。一般消費財は差別化が難しいと感じますが(素人である私の感想です)、中でも美容製品ならブランド力を活かして差別化できそうですね。

 

ひげを剃る習慣が減ってきているという事実も興味深いです。日本では街中で、ひげをたくわえたままの人はあまり見かけませんが、アメリカでは比較的多そうです。人の消費習慣を観察することは個人でもできそうなので、私も普段から観察する癖をつけたいです。

 

今回の記事で私が一番気になったのは、アメリカだけでなく、世界各地域で事業がうまくいっているという点です。この点は素晴らしいですね。P&Gが保有する各商品(ブランド)が世界でも受け入れられているということでしょうか。

 

正直、私は一般消費財メーカーであるP&Gはこの先、なかなか厳しいと思っていました。世界の小売り企業がプライベートブランドで、安値を武器に市場へ参入してくると、P&Gは徐々に体力を削られていくのではと。

 

ただ、美容製品が当企業の柱になってくるとまだまだ期待できそうです。美容製品はブランド力で勝負していく世界のような気がしますので、他社が参入するのは簡単ではないはず。

 

もちろん、美容製品以外の事業の伸びも気になります。一度詳しく調べてみたいですね。美容製品以外も世界の各地域で伸長しているのなら、さらに期待が持てます。

以上

 

◆参考文献

Reuter, "P&G posts strong sales, takes $8 billion Gillette writedown"

https://www.reuters.com/article/us-proctergamble-results/pg-posts-strong-sales-takes-8-billion-gillette-writedown-idUSKCN1UP1AD