アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

中国、購入先をアメリカから国内企業へ変更(シスコの例です)

シスコシステムズ(CSCO)に関する8/14付のロイターの記事です。関税、及び中国市場での不振が影響し、業績が予想を下回ったという内容です。

 

◆要約

シスコシステムズ(以下シスコ)の19年Q1(8~10月)の業績見通しは、市場予想を下回る。これから有効となる関税や、中国市場での販売不振も要因。

・中国国有企業がシスコへの発注を停止。入札にさえ、参加できない状況。中国企業は国内企業から調達している。この状況は国の意思が入っていると、シスコは考える。結果、同国での売上高は25%減少。

・シスコの(18年Q4の)売上高に占める中国市場の割合は3%未満。その他国のユーザーからの発注減少も、業績見通しを下げた理由。

 

このニュースで私が気になったのは、シスコ製品の採用を中国が停止し、国内企業からの調達へ切り替えたという点です。

 

これは、アメリカのファーウェイに対する制裁が影響していると思いたいですが、アメリカ製品の締め出しがその他企業の製品、サービスにも及ぶと怖いですね。

 

中国とけんかしている今、アメリカ市場への依存度が大きい企業の銘柄がお薦めだよというCNBCの記事を読み、先日ブログ(以下URL)に書きました。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/08/08/081052

お薦め銘柄にはあまり惹かれる銘柄がなく、正直もう忘れていたのですが、今回のシスコのニュースを見ると、なんか無視できなくなってきました。

 

今回のシスコのようなことが続くと、アメリカ経済も徐々にダメージを受けていきますね。そういえば、すでに中国はアメリカからの農産物の購入を停止しているので、農業はある程度ダメージを受けてそう。

 

アメリカ以外の国の企業により)代替えが可能な製品を扱い、中国市場への依存度がある程度高いアメリカ企業は、一応注意が必要ですね。

 

あまり神経質にならなくてもいいかもしれませんが、今回のケースを、今後の株購入の参考にしたいと思います。

以上

 

◆参考文献

ロイター、"米シスコ、業績見通しが予想下回る 関税や中国販売不振で"

https://jp.reuters.com/article/cisco-systems-results-idJPKCN1V505S