アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

持株会は自分の意志でコントロールしにくく、やっぱりハイリスクハイリターン。

今回は持株会の話です。ブログを始めたころに、一度持株会のことをブログ記事にしました(以下URL)。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/04/29/085548

 

半年ぶりに、私の手元に「持株会事務連絡」が届きました。これは証券会社が発行する書面で、この中に私の持株会の運用成績が記載されています。以下、最新の成績表です。

 

投資金額

¥-655,000

現在値

¥648,358

繰越金

¥8

配当金(通算)

¥12,358

損益通算

¥5,724

利回り

0.87%

 

ぎりぎりプラスです。9/5、日本の株式市場は大きく上昇したので、そのおかげです。9/4の株価であればマイナスです。なかなか厳しいです(^ ^;

 

私が勤める会社の株価は昨年の秋から下落基調です。世の中の日本の株価と同じような動きをしています。さらに5万円/月であった掛け金を、19年6月からは1千円/月に変更しました。この2つの要因で今の成績に至ります。持株会での運用は、自分の意志でコントロールするのが難しいのがよくわかりました。

 

通常、アメリカ株などを購入する際は、株価が下落した時に株を購入することで、安く株を仕込めます。そして、将来の株価を期待します。

 

持株会は掛け金が毎月給料(と年2回の賞与)から天引きされます。これはまだOKです。問題なのは、年1回しか掛け金が変更できないことです。しかもその年の3月までに変更を申請し、新しい掛け金が反映されるのが同じ年の6月と、変更時期まで決まっています。他の会社はどうなんでしょう?

 

年1回しか変更できないので、株価上昇時は掛け金を下げ、下落時は掛け金を上げるということができません。

 

(長期的に自社株を保有してもらうという企業からみた)持株会の目的を考えると、仕方がないんですけどね。会社は15%の掛け金を上乗せしてくれますが、リスクを考えると大したことないですね(^ ^; これがあるから何とか助かっています。

 

まあ、Altriaよりもましか。。。幸い、会社の株の配当率は大きいので、配当だけを楽しみにしておきます。最後にマイナスにならなければOKです、もう。。比較的安定した業界なので、株価が大コケすることはないとおもいます、たぶん。。20年後はわかりません。。。ちょっと不安かな?と思ったら全数売ります(^ ^;

以上