アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

市場がバリュー株へ突然シフト。(個人的に)大パニックの2日間で始まるも後半なんとか持ち直し。

19年9月14日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、19年9月14日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

80

$210.27

$218.75

2.51%

$678.40

HD

33

$185.05

$233.98

1.22%

$1,614.69

JNJ

61

$141.86

$130.78

1.97%

-$675.88

MA

42

$207.88

$276.32

-5.45%

$2,874.48

MCD

48

$180.48

$209.81

-4.87%

$1,407.84

MKC

60

$147.16

$157.12

-5.00%

$597.60

MO

192

$59.08

$42.01

-4.38%

-$3,277.44

MRK

120

$73.09

$82.61

-4.79%

$1,142.40

PG

96

$91.00

$122.12

-0.61%

$2,987.52

SCI

195

$44.97

$48.56

3.77%

$700.05

V

62

$140.15

$177.27

-4.78%

$2,301.44

VOO

33

$270.69

$276.58

1.03%

$194.37

       

合計

$10,545.47

 

先週(9/14)比で-$1,879.71(-15.13%)です。12銘柄中、7銘柄がマイナスです。7銘柄の内、6銘柄はマイナス幅が4%を超える大きな下落でした。

 

今週は9/9(月)から突然、今までとは違う株価の動きで市場は始まりました。今まで私の成績を引っ張ってきてくれたMastercard、Visa、P&G、McDonald's、McCormick、Merckが大幅下落です。NYダウ平均やナスダックはほとんど変化がないにも関わらずです。

 

これはおそらく調整だろうと現実から目を背け、次の日も大幅下落。背景はモメンタム(勢いのある)株からバリュー株へのシフトでした(詳しくは、9/12に投稿した以下のブログ記事をご参照ください)。

 https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/09/12/080853

 

このまま下げ続けると、私も精神的にダメージを受けていたと思いますが、9/12(木)にわりと値を戻してくれたこともあり、今は落ち着いています(^ ^;

 

どさくさに紛れて、Altriaも-4.38%と大きく下げています。株価は$42.01ですか。私がAltriaを保有し始めて以来、一番の安値ですね(^ ^; 1週間のチャートを見ると、9/13(金)だけでこれだけ下げていますね。取引開始直後に大きく下がっています。

 

トランプ大統領電子タバコ禁止を計画していると報道されたのは9/11(水)なので、この報道が下げた要因ではないですね。この報道後、ニュージャージー州電子タバコの禁止を検討しているとか、CNNが電子タバコの広告を載せないことを決めたとか、電子タバコ禁止が現実的になっている報道が出てきたからでしょうか。

 

9/9(月)の銘柄の下げ幅を見て、今週はどうなることかと思いましたが、下げ幅は-15.13%と想定よりも少なかったのでよかったです。過去の評価益の変動率を見返すと、1週間で2桁パーセント変動するのは(ここ5か月間は)しょっちゅうですね。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-14,427,509

現在値

¥13,364,015

現金(円)

¥71,912

現金(ドル、円換算)

¥1,079,606

損益通算

¥88,024

利回り

0.61%

②持株会

投資金額

¥-655,000

現在値

¥671,534

繰越金

¥8

配当金(通算)

¥12,358

損益通算

¥28,900

利回り

4.41%

①+②

評価額

¥15,199,433

損益通算

¥116,924

利回り

0.78%

 

アメリカ株の利回りは、円安と配当金に助けられ、プラスのままです。持株会の数字も、今後は株価だけは毎週反映させ、現在値を計算することにしました。日経平均株価は少しずつですが右肩上がりの1週間でしたので、利回りが改善しました。

 

さて、今週はFOMCです。9月17日、18日です。CMEのFedWatchツール(以下URL)で確認すると、0.25%の利下げが8割、現状維持が2割の確率となっています。

https://www.cmegroup.com/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html 

 

最近、明るいニュースが多いので、現状維持派が増えていますね。上記サイトの下の方に、1日前、1週間前、1か月前の数値が記載されています。ここ最近、現状維持派が増えています。

 

基本的には、10月1日(中国の国慶節)までは株価は右肩上がりでいきますかね。最高値も記録するかも。連休明けの10/8(火)からが怖いです。「中国内の大事なイベントがあったからいいかっこしてたけど、10/8からはそうはいかないよ」的な反応が中国から出てきませんかね(^ ^; 国慶節の連休が明けて、2週間くらいは様子を見たいです。

以上