アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

中国、及び自動車向けの需要減が響き、3Mが通期見通しを下方修正。株価も4%下落。

10/24、3MがFY19Q3の決算結果を発表しました。結果は良くなく、19年通期のEPSが下方修正、同社の株価は4%下落となりました。以下に、日経新聞とSeeking Alphaの記事をまとめています。

 

◆要約

・3MのFY19Q3の売上は$7.99B。市場予想に対し、-2%減。EPSは予想$2.50に対し、$2.58と$0.08のプラス。

・19年通期のEPSは$8.99~$9.09へ下方修正(前回予想は$9.25~$9.75)、売上も前期比-1%~+2%という予想から-1%~-1.5%程度ダウン

・何れも中国、及び自動車向け需要減が主要因。

・売上は、安全、産業事業(道路標識、ヘルメット、建材他)が5.7%減、交通、電子が4.4%減、ヘルスケアが4.7%増、消費者向けが1.7%増。

・地域別売上高はアジア太平洋が5%減、ヨーロッパ、中東、アフリカが4.1%減、アメリカ国内が0.8%増。

・ネガティブサプライズの1つがヘルスケア事業の弱さ。マージンが前年同期比2.2%減少。これはM&A、在庫減少、投資金額の増加が要因。

・J.P. Morganのアナリストは3Mをアンダーウェイト、FY19Q3を乱雑で質の悪い四半期と位置付ける。売上、利益、キャッシュフロー、全てJ.P. Morganの予想を下回ったことが理由。

・3MはFY19Q4の決算予想も下方修正し、市場の予想を下回る。ただ、これは多くの投資家が予想していた結果とBarclaysのアナリストは指摘する。 

 

いい情報がありませんね。中国と自動車向けの需要減が大きく影響しているということで、今の世界経済の影響を強く受けているようです。

 

ヘルスケア事業の業績が想定外に悪かった件、今朝のモーニングサテライトでもこの点について言及されていました。3Mの事業の多角化が機能しているのか?ということを市場は心配しているとのこと。

 

確かにこの点は気になります。私は同社の事業内容を理解していないので、調べる必要があります。1つでも良いので強力な事業を持っていてほしいです。

 

株価は1日で4%程度のダウンなので、そこまで悲観的になる必要はなさそうですが、数字の下方修正の理由が中国と自動車業界なので、まだ回復には時間がかかりそうです。ですので、今後もう少し株価が下がることを期待します。

 

今月は決算時期なので、主要企業の決算結果がニュースになっています。3か月前も同じようにニュースになっていたんでしょうか?記憶がありません(^ ^; ブログを継続しているおかげで、知識の量と関心が高まり、視点が変わってきたと思いたいです(^ ^; 

以上

 

◆参考文献

1)日経新聞、"米3M、3%減益 中国の落ち込み響く"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51377540V21C19A0000000/

2)Seeking Alpha, "3M sinks after cutting full-year, Q4 guidance for earnings, sales"

https://seekingalpha.com/news/3509010-3m-sinks-cutting-full-year-q4-guidance-earnings-sales

3)Seeking Alpha, "3M's 'messy' Q3 confirms global economic worries, analyst says"

https://seekingalpha.com/news/3509168-3ms-messy-q3-confirms-global-economic-worries-analyst-says