アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

マッキンゼー「銀行は新しいビジネスモデルを発明しないと潰れるよ」

10/22付のCNBCの記事を読みました。内容は、コンサルティングファームであるマッキンゼー作成の銀行に関するレポートについてです。ヨーロッパの観点から見た内容になっています。今から投資しておかないと、将来銀行は生き残れないよと警告しています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・世界の60%程度の銀行は十分にリターンを得ておらず、将来の不況に備え、今すぐ自身に(ビジネスモデルの革命、発明のため)投資する必要がある。

・長引く景気停滞と低金利(もしくはマイナス金利)が、さらに大混乱(銀行の破綻)を引き起こす可能性がある。

・加えてフィンテック企業(英Revolutなど)、ハイテク企業(Appleなど)から受ける圧力もある。銀行はIT予算の35%程度しかR&Dに投資しないが、フィンテック企業はその内の70%以上を投資する。

・同レポートは銀行の優先順位を概略する。AI搭載のリスクマネジメントシステムの強化、特徴のあるユーザーの見極め、テクノロジー人材の育成、データ分析の導入など。

・ヨーロッパの銀行は積極的にAmazon化(Amazonのような特徴を持った運営を行うこと)し、オンラインプラットフォームを利用するユーザーに力を与えるべき(PwCルクセンブルク作成のレポート)。

マッキンゼーは銀行を以下の4つに分類する。Market leaders、Resilients、Followers、Challenged banks。

Market leadersは世界で上位20%の銀行。該当する銀行は全産業から利益を得ている。Resilientsは続く25%の銀行。厳しい市場でリーダーシップを取っている。ヨーロッパの多くの銀行はここに当てはまる。

・Followersはさらに続く20%の銀行。市場環境が良くても、その他銀行より弱い。スケールメリットも追わず。ここに分類する銀行は、規模を大きくし、差別化できるビジネスモデルを構築、さらにコスト削減が必要。何れもすぐに実行すべき。

Challenged banksは残りの銀行。環境の悪い市場で活動し、業績も悪い。このエリアで活動する銀行のビジネスモデルは壊れている。変革のための投資が実現不可能であれば、生き残るために同等の銀行と合併するか、他銀行へ身売りが必要。

 

銀行の将来について概略を語ってくれる記事でした。私は銀行の将来なんてどうなるかわからないと思っている人間です。金融業界がどうなろうとしているか理解していないので、そりゃそうですね(^ ^; この記事を読んで思いました。

 

この記事に書かれているようなことを実行している銀行を見れば、銀行の将来が見えてくるかもしれません。今まで、銀行の投資先に目を向けることはありませんでした。これから調べてみたいと思います。

 

また、従来の銀行だけでなく(全く知りませんが)フィンテック企業とかAppleのようなハイテク企業の金融への取り組みにも関心を持ちたいと思います。

 

ヨーロッパの銀行の経営は厳しそうですが、上から2番目のクラスに分類されるんですね。アメリカの銀行は、このレポートで分類される最上位20%に所属していると思いたいです。

 

銀行株も買いたいと思っていますが、将来を見据え、積極的に投資している銀行を選びたいです。

以上

 

◆参考文献

CNBC, "‘Do or die’: Report warns banks to reinvent themselves to survive the next downturn"

https://www.cnbc.com/2019/10/22/nearly-60-percent-of-global-banks-would-not-survive-another-downturn-mckinsey-warns.html?&qsearchterm=do%20or%20die