アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

10月はAppleとAltriaが大きく上昇。1年間のリターンは13%強という結果に。

10月末時点の銘柄毎のリターンです。「持ち株の評価額と受け取り済み配当金(税引前)を足したもの」を「取得金額」で割っています。

 

◆銘柄毎のリターン

f:id:investmentandsecondjob:20191101072322p:plain

前月(9月末)と比較し、リターンは10銘柄が上昇、2銘柄だけが下落という結果になりました。

 

上位4銘柄に変動はありませんでした。P&Gが+39.25%、Mastercardが+33.63%、Home Depotが+28.97%、Visaが+28.33%です。単月ではVisaだけが5%弱上昇で、残りは微増です。

 

次にMerckの+20.82%です。先月比で4%程度上げています。10/29に発表されたFY19Q3の決算結果が寄与しています。

 

次にAppleが上がってきました。リターンは+19.38%です。9月から上昇傾向、10月は完全に右肩上がり、そして先日のFY19Q4の決算内容がダメ押ししてくれて、ここまで上がってきました。

 

この1か月では上昇率はトップですね。11%強上げています。最近Appleは良いニュースが多いです。ただ、景気の悪いニュースは続いており、楽観しすぎないようにします。

 

Appleに続く貢献銘柄はAltriaでした。評価損が10%弱改善しました。これは想定外の動きでした。株価が上昇した要因はよくわかりませんが、踏みとどまってくれそうなのでほっとしています。

 

一方、悪かったのがMcDonald'sで、リターンは10%ほど悪化しました。今月に入り株価は少し下落傾向となり、10/22発表のFY19Q3の決算結果が市場予想を下回り、大きく値を下げました。

 

全体としては上昇し、さらに評価損が大きい銘柄のリターンも改善しているので、10月は良い月となりました。先月値を下げたMastercardとVisaもまた少し値を戻してきましたし。

 

◆全銘柄合計のリターン(起点は18年11月1日)

f:id:investmentandsecondjob:20191101195540p:plain

全銘柄を合計したリターンは13.75%でした(S&P500 indexは12.02%)。S&P500 indexのリターンはMorningstarのサイトを使い調べています(下記URL)。

https://quotes.morningstar.com/indexquote/quote.html?t=0P00001G7J

 

現在のポートフォリオは18年11月から構成し始めましたので、ちょうど1年が経過したことになります。十分すぎる結果です。まあ、今が特別なだけと捉えます。ちょっとできすぎです。

 

各国、企業が発表する経済指標をみていると、悪い数字が多いです。業界によっては底を打ったところもあるかもしれませんが、全体の傾向としてはまだ下がりそうです。油断しないようにします。

以上