アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

モルガンスタンレー「みんな浮かれすぎ。この先10年のリターンは低いよ」

11/4付のCNBCの記事を読みました。モルガン・スタンレーが投資家に対して発したメッセージです。現在のバリュエーション(企業価値評価)、過去の歴史から判断すると、次の10年のリターンは低くなるので、今の株高に浮かれないようにと忠告しています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・この先10年、標準的な投資家のポートフォリオ(株式6割、債券4割)のリターンは4.1%の見込み。

・過去のデータを分析すると、この現象は10年で株価が数倍に上昇したあと起こる。経済成長を促すため、中央銀行が金融政策を緩和、債券が買われ、リターンも下がる。

・過去10年の間、S&P500は年当たり13.8%のリターン。バリュエーション(企業価値評価)は歴史上の過去最高値に近く、この高いリターンが続くのは難しい。

・バリュエーションはその他変数よりもかなり正確。

・この10年間、S&P500のPERは16.9から19.6へ上昇。債券も2010年以来、上昇中。10年債の利回りは3.8%から1.77%へ下降。

・次の10年、前向きな投資をしたい投資家には、イギリスの株や、安全な通貨を持つ発展途上国の債券がお勧め。イギリス株は歴史的に割安で取引され、企業が稼ぎすぎる兆候もほとんどない。後者の債券は、似たような変動率を持つ資産と比較すると、長期的なリターンは大きい。

 

今後も過去と同じパターンを繰り返すとは限りません。ですので、この記事の中でモルガン・スタンレーが忠告することが実現するかどうかはわかりません。ポートフォリオに債券が4割も入っていたら、リターンも低いです。ただ、少なくとも私には良い忠告でした。

 

今、NYダウ平均やS&P500指数が過去最高値を更新しており、米中協議も前向きに進んでいます。19年7~9月期の主要企業決算の内容も悪くなさそうです。

 

正直、少々浮足立っている自分がいました。株式投資って、思っていたより簡単かも、と。今年が特別良いだけなんですけどね(^ ^; この記事は「高リターンは今だけだよ」と忠告してくれました。非常にタイムリーでした。お前、勘違いするなよと。

 

私は株式投資を始めて約1年5か月です。こんな短期間で浮かれていてはだめですね(^ ^; 油断せず、慢心せず、追加投資を続けていきます。 

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Don’t celebrate the Dow record too much, Morgan Stanley predicts dismal returns the next decade"

https://www.cnbc.com/2019/11/04/morgan-stanley-markets-will-have-some-low-in-the-next-decade.html?&qsearchterm=don't%20celebrate