アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

バンクオブアメリカが掲げる2020年代の重要な投資テーマ10件

11/11付のCNBCの記事を読みました。11/11、バンクオブアメリカが、同行のクライアントに向け提示したノートの内容です。2020年代に注目すべき投資テーマについて語ってくれています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・次の10年はこれまでとは異なる。世界の社会、環境、政治、そして経済システムは徐々に大きくなっている困難に直面する。2020年代は古い枠組みを見直し、ビジネスモデルを破壊、新しいトレンドを作る。

バンクオブアメリカは、次の10年間に注目すべき重要な投資テーマを10件挙げる。①Peak globalization、②Recession、③Quantitative Failure、④Demographics、⑤Climate Change、⑥Robots & Automation、⑦Splinternet、⑧Moral Capitalism、
⑨Smart Everything、⑩Space

>Peak globalization

・グローバリゼーションはピークを迎えており、皆、地域に目を向ける。グローバリゼーションは価格低下、成長の鈍化、不安定な雇用、社会の破壊であった。

・グローバリゼーションの鈍化は、初め、コストの増加に繋がる。その後、生産性の向上、持続的可能な成長に繋がる。

国家主義的な背景の中で、投資家は(不動産、貴金属、安全資産などの)実物資産を選択すべき。世の中は内を向くので、大型株、成長株よりも、小型株、バリュー株がよさそう。

・その他、2020年代は(オイル、車、不均衡などの)色々なものがピークを迎える。人々は年を取り、物を所有するよりも共有するようになる。

>Recession、Quantitative Failure

・経済はバラ色というわけではない。株価は高止まりするかもしれないが、実態経済はそのサイクルに乗り遅れると考える専門家が多い。次の数年、政策の失敗、効果のなさにより、金利変動が大きくなり、10年の強気相場の終了、最低賃金、利益の最大化、資産価格の上昇を引き起こす可能性が高い。

・現在の債券バブルは、最も大きい脆弱性をもって2020年代に突入する。

リスクヘッジのため、金や公益株、政治的リスクが少なく、競合がすくない企業銘柄の所有を推奨する(national defense、waste management、data processing and payments、global beverageなど)。

>Demographics

・高齢者人口の増加、新興国での中流層の登場により、消費者の習慣、及び好みは変わる。ミレニアル世代だけでなく、Z世代(1996~2012年生まれ)への適応も必要。高齢者人口増加はヘルスケア市場にとって大きな機会。

>Climate Change

・消費者は気候変動がもたらす影響に注目。クリーンエネルギー、電気自動車、エネルギー効率、新しい農業、水のインフラ、植物由来の肉などの市場に機会をもたらす。

>Moral Capitalism

2020年代は利益最大化に焦点を絞った資本主義から始まる。株主第一主義から利害関係者主義へのシフトも。

>Robots & Automation、Splinternet、Smart Everything

・現在、米中の両国は覇権争いの中にいる。"Splinternet(各国の地理的な境界線でのLANの分断)"は2030年までには消滅するだろう。これは中国が世界のリーダーになるため。

・現在の米中貿易戦争は2020年代には技術戦争へ。これは両国の技術覇権争い。量子コンピュータビッグデータ、5G、AI、電気自動車、ロボティクス、サイバーセキュリティなど。

・現在、中国でインターネットにアクセスできるのは人口の半分だけ。ただこれでも、アメリカのすでに3倍の規模。今後、モバイルトラフィックデータの成長率はアメリカが35%/年なのに対し、中国は56%/年。この背景を活かせる中国の方が有利。

・ロボットと自動化の登場で、2035年までに世界の仕事の半数が置き換わる可能性あり。また、全てがオンラインにシフト。特に都市での社会構造が変わる(交通、セキュリティ、温度制御など)。半導体、センサー、ソフトウェア企業に多くの機会あり。

>Space

・新技術、革新的で動きの速い企業、電子機器/新サービスの小型化が宇宙産業に革命を起こすだろう。

 

私には良い記事でした。こういうのがあると、大雑把に何に注目しておけばよいのかわかるので助かります。 

 

「Splinternet」という言葉は初めて目にしました。こんな言葉が使われているんですね。覚えておきます。

 

ここに書かれた世界を想像しながら、各企業の将来を改めて考えてみたいです。あの企業だったら、どう生き残っていくのかなと。なかなか良い訓練になりそうです。

 

それから、こういう時代が来るなら、やっぱりあの銘柄は買っておきたいなと、いくつか気になる銘柄があります。今まで全く目を向けていなかった企業もありますので、また調べてみたいと思います。 

以上

 

◆参考文献

CNBC, "Here are Bank of America’s top 10 investing themes to watch over the next decade"

https://www.cnbc.com/2019/11/11/bofa-says-these-are-the-10-biggest-investing-themes-for-the-next-decade.html