アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

低リターンが長期間続く時代の備え

11/16付のCNBCの記事を読みました。これからは低リターンの時代が来るので、どう対応すべきかを解説しています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・今年の株価はWall Streetの目標を超え、上昇。

・最高値は多くの脅威を提起する。弱い企業収益、長引く米中双方の関税、世界的な景気減速など。

・リターンが低くなった時に備え、投資の専門家は戦略を準備している。

・低利率、低インフレ率、貿易協議の進展、協調性のあるFRB、何れも投資家側の願望。投資家は投資を継続すべきだが、警戒も強めるべき(アメリ投資助言会社Destination Wealth Management)。

・低リターンが続く環境において、配当株が人気。(先物取引市場で取引される)商品、実物資産、そしてESG投資も注目される。2020年の大統領選挙で民主党候補が勝利した場合の影響も考慮すべき。

・今は歴史上最も長い強気相場。市場は循環する。低リターンの時代が来るときに備え、1年後の利益確定を推奨する。また配当株も推奨する。AT&Tなどの電気通信株、生活必需品株、技術、ヘルスケアなど(Destination Wealth Management)。

・長期投資家にはヘルスケアは政治的リスクあり(長期間の低リターン)。民主党候補ウォーレン議員が勝利すると、関連企業は投資を控え、ヘルスケア市場に悪影響を及ぼす。Medicare(公的医療制度)が議会に承認されれば、ヘルスケア株はダメージを受けざるを得ない。

・低リターンが長期間続く時代に備え、リターンを追い求めるのではなく、資産をあるべき場所に留めることが重要。

・同時代には、手数料の最小化、税金の最小化、自分で制御できることがいくつかある。配当株だけでなく、プライベートエクイティヘッジファンドも含めた分散投資を推奨する(アメリカ資産管理会社Key Private Bank)。

・低成長時でもS&P500のリターンを上回る銘柄を選択すべき。同環境の中で、ROEを増やせる企業が対象。(流動数が少なくなり)希少性プレミアムが付く(株価が上がる)。Under Armor、AppleCisco Systemsなど(Goldman Sachs)。

・ESGも選択肢。S&P Global 1200 ESG Indexは今年に入り、リターンは25%。

・ESG投資はメガトレンド。リスク管理、リターン改善を助ける(ドイツ保険会社Allianz)。

 

最近、ちょいちょいニュースに出てきます、これからはリターンが低いよと。市場は循環しているので、そういうものだそう。そういえば、先日読んだ記事でその仕組みに少し触れられていました(以下ブログ記事です)。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/11/06/074729

 

私も配当率が高い銘柄を狙いたいです。配当率が高いというと、3%以上ですかね。先日、ニュートリエン(NTR)という肥料メーカーの銘柄を購入しました。配当率が高かったのも購入した主な理由です。

 

記事でも挙げられていましたが、シスコシステムズ(CSCO)も気になります。先日発表された決算発表が原因で失望売り、配当率が3%を超えるところまで来ました。

 

私が株式投資を始めて1年5か月が経過しました。私のポートフォリオの損益が今のところプラスなのも、たまたま強気相場の中で投資を始めたからです。

 

これから株価がどのように動いていくのか、またどのような銘柄に資金がシフトしていくのか興味があります。

 

あと記事の中で気になったのがESG投資です。「ESGはメガトレンド」。この言葉は私にはインパクトがあります。ESGには全く関心はありませんが、ESG関連銘柄のリターンが伸びてくるなら、無視できません。今後も関連銘柄に資金が集まってきそうです。逆に支持されない銘柄にも注意したいです。

以上

 

◆参考文献

CNBC, "Investing returns are likely to be much lower in the years ahead, so here’s what to do"

https://www.cnbc.com/2019/11/16/investing-returns-to-be-lower-in-the-years-ahead-so-heres-what-to-do.html?&qsearchterm=investing%20returns%20are%20likely