アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

20年~21年は世界の景気後退なし。20年、アメリカ株はその他国の資産よりもアンダーパフォーム。

ブルームバーグの記事を読みました。11/15付と11/19付のものです。2020年~2021年の景況に関して、ムーディーズモルガンスタンレーの見解が記事になっています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

>格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス

G20の2020年の成長率は2019年と同じ2.6%。2021年は2.8%。つまり、2021年までは世界経済の後退はなし。

・2020年に入っても、米中の景気減速は続く。アメリカの実質GDPは2.0%を少し下回る程度で推移、中国は構造的な要因で確実に減速していくと見込む。

>資産運用会社モルガンスタンレー

・2020年、アメリカ株、債券、ドルがその他地域の資産と比較し、アンダーパフォームする。 

・2020年、期待できる市場は新興市場、日本、欧州。新興市場と日本は利益成長の手段が明確、欧州は政治リスクが低下することでバリュエーションを再評価する必要がある。

・S&P500 indexは2020年末には(現在の3100から)3000へ低下。

・今年の株価上昇は想定を超えた。中央銀行の対応、(景況低下に対し)市場が株価上昇を受け入れ、この2点が予測を超えた。

・2020年、アメリカには企業収益のピーク、高いバリュエーション、大統領選挙リスクが待ち受ける。アメリカの成長は鈍化、同国資産への資金流入が減少し、ドルが下落すると見込む。

 

これを信じるなら、少なくとも今から2年はそこまで悲観的になる必要はなさそうです。最近ニュースにも出てくる低成長時代ですね。アメリカは株価が下がると予想されています。

 

来年は大統領選挙があるので、まだ株価は上がりそうな気がしますが、モルガンスタンレーはそう見ていないんですね。私は期待しすぎかもしれません。追加投資するにしても、(今は買われ過ぎで)そのうち株価は下落するかもしれないと想定するようにしたいです。

 

本当に株価が下がっていくなら、増配株で配当率が高いものを狙いたいです。チャンスを逃さないようにしたいです。

以上

 

◆参考文献

1)ブルームバーグ、"世界経済、20年と21年のリセッション入りない-ムーディーズが予測"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-14/Q0ZAVTT0AFB601

2)ブルームバーグ、"米資産、株・債券・通貨が2020年にアンダーパフォームへ-モルガンS"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-19/Q15WLI6S972801