アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

Wal-Mart vs. Amazon、将来、どっちが有利になるのかまだわかりません

11/19付の日経新聞の記事を読みました。Wal-MartのEC事業への取り組みが記事になっています。以下要約です。

 

◆要約

Wal-Martの株価は過去最高水準。時価総額3,380億ドル。

・同社のアメリカ事業における売上高の半数以上が食品分野。このECの時代、小売業界は生き残りに苦労しているが、Wal-Martは食品事業の大きさも影響し、比較的安定している。

・2018年、Wal-Martの売上高は5100億ドル。これはAmazonの2倍超。

Wal-MartのEC事業は赤字。19年8~10月期、EC事業の売上高は前年同期比41%増、営業利益は5.4%減。投資がかさんだことが理由。この結果、アメリカ事業のトップが辞意することに。

Wal-MartのEC事業の柱は食品。インターネットと実店舗を組み合わせたカーブサイドコレクション(道路脇収集)サービスも提供中。オンラインで注文し、実店舗で受け取る仕組み。うまくいっていない同社の宅配サービスを、このカーブサイドコレクションサービスがカバーしている。

・食品の温度管理、(本来は顧客が行う)実店舗での箱詰め作業など、工数が追加されコストアップに。そのため、食品のオンライン販売から利益を生み出すのは難しい(小売業界向け市場情報企業Retail Systems Resesarch)。

・オンラインでの一般品販売はAmazonが圧倒的に優勢。Wal-Martは2014年にネット通販のJet.com、2017年に女性向けアパレルブランドModclothを買収。しかし、先月にModclothを売却。自社で立ち上げた(テキストメール会話で受注する)Jetblackサービスの分離も計画中。

Wal-Martプライベートブランドを優先(マットレスの「オルズウェル」、ファッションブランドの「スクープ」など)。基本は確実に、体験向上を目指す(Wal-Mart)。 

Wal-Martは7,500万品種をオンラインで提供するも、品数でAmazonよりはるかに劣る。

・EC事業の拡大を顧客、(外部業者の商品売り場である)マーケットプレイス、共に求めている。健全な事業構築を目指す(Wal-Mart)。

 

Wal-Martの方が売上高が多いというのは知りませんでした。しかも2倍も。Amazonは超巨大な企業というイメージがあったのですが、売上高で見ると、Wal-Martの方がさらに大きいんですね。色んな業界に目を向けると勉強になります。

 

Wal-Martは色んなことを試しているようですね。Wal-Martが強いまま生き残るのか、AmazonWal-Martのシェアを奪っていくのか、今判断するのは難しそうです。

 

売上高を食品分野に大きく依存しているので、同事業に特化したらWal-Martも生き残っていけそうです。食品を実店舗で買うという習慣もなかなか廃れないと思いますので。

 

ただ、このような手段をWal-Martが取るはずもなく、EC企業との競争をWal-Martは続けています。

 

私はWal-Mart株を以前保有していましたが、売却してしまいました。今、また買いたいかというと、ちょっと抵抗があります。Amazonとの競争の行方をもう少し見届けたいというのと、配当率(今は約1.8%)も低いためです。

 

Wal-Martが廃れることはないと思いますが、どこまで体力がもつかが(今の規模を維持できるかが)心配です。色んなことに挑戦して、その分コストがかかっています。EC事業での失敗もありますし。投資余力がある間に、その他EC企業に対抗できる強みを見つけられるといいですね。

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"[FT]ウォルマート、アマゾン追撃へEC事業強化"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52343130Z11C19A1000000/