アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

バークレイズ「来年はEUと新興国!自動車、半導体、高級品セクターがお勧め」

11/28付のCNBCの記事を読みました。株式市場に対するBarclays(金融サービスグループ、イギリス本社)の2020年の戦略、見通しが掲載されています。 

 

◆要約

・Barclaysは2020年に向け、一部の資産をアメリカからヨーロッパ、新興国へ移動。

・2020年、ヨーロッパ株は上昇、同年末までにStoxx 600 indexは430(11/27から6%増の数値)に達するとBarclaysは予想する。この上昇率は今年よりも緩やか。

・年初来、EU株はアメリカ株に対し、少しアンダーパフォーム。最近は差を縮めつつある。EUアメリカ、両株式市場とも2020年は上昇するが、両地域の構造的なマクロシナリオにおけるリスクに注目すると、EU市場の方が魅力的。

・ここ数年、投資家はアメリカ市場をオーバーウエイト、EU、及び新興国市場をアンダーウエイトとしてきた。EUには多くの不安要素があった。ブレグジット貿易摩擦、中国からの投資停滞など。

・2020年、イギリスとEUの政治的な行き詰まりが解決されるなら、世界の資金は両地域の株式市場に戻ってくる。

・重視する(より資金を投入する)セクターも変わる。Barclaysは自動車をミドルウエイトからオーバーウエイトへ変更。マクロ経済が良くなっていること、購買担当者景気指数(PMI)が底入れしたことが背景にある。

半導体もオーバーウエイトへ。半導体サイクルが上向いている事、好景気時の最後の需要がある。高級品も同様にオーバーウエイト。富裕層の需要が戻ってきている。

・不動産セクターはオーバーウエイトからアンダーウエイトへ。債権利回り、購買担当者景気指数の改善から、同セクターは恩恵を受けそうにないと考えているため。バリュエーションも特に魅力的ではない。

 

来年はアメリカの株式市場より、EU新興国の方がリターンが高いとのこと。そういえば、来年は日本の株式市場も良いというニュースを見かけます。

 

だからといって、EU新興国の株式に投資することはありません。他国の株式市場まで勉強する余力はありません(^ ^; 私はアメリカ株一本です。

 

アメリカ株へ長期投資する身としては、どうせなら、アメリカ株の価格が下がってくれた方がうれしいです。来年、アメリカ株は下がると予想する専門家もいますが、どなりますかね。

 

Barclaysが推すセクターは自動車、半導体、高級品セクターです。これらには注目したいです。半導体Texas InstrumentsTXN)とBroadcom(AVGO)に注目します。配当率は3%前後です。結構株価が上がってきていますね。

 

アメリカ株で自動車、高級品メーカー銘柄はこれといったものが思い浮かびません。また調べてみましょう。 

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Barclays shifts faith from US to European stocks for 2020"

https://www.cnbc.com/2019/11/28/barclays-shifts-faith-from-us-to-european-stocks-for-2020.html?&qsearchterm=barclays%20shift%20faith