アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

村上ファンド創立者村上さん「株主還元→再投資→経済が成長します」

文春オンラインの記事を読みました。村上ファンドを設立した村上世彰(よしあき)氏が、母校の東大で講演を行いました。その内容が記事になっています。村上氏はシンガポールを拠点とし、個人投資家として活動中です。また、子供たちへの金銭教育活動も行っており、この講演は中高生、その父母が対象です。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・日本人はお金の話を嫌う。家庭内でも話さないので、子供たちがお金に触れ合う機会がない。お金、経済の仕組みを理解するため、日本人にはまず数字に強くなってほしい。

・日本の上場企業は約3,600社、年間の利益は約40兆円、株主還元はこの40%(20年前は10%)。残りの約25兆円は内部留保。1990年、内部留保は200兆円、いまでは500兆円。これは各社が将来、できるだけ長く生き延びようとしているため。

・お金が滞ると、経済は動かない。日本は設備投資も少ない。結果、この30年間、経済は停滞したまま。1990年台、上場企業の時価総額は日本、アメリカ、共に約500兆円。今ではアメリカは2,000兆円、日本は500~600兆円ほど。

・お金が回る仕組みを作る必要がある。内部留保を株主へ還元→株主は再投資、このサイクルを作ればお金が回る。そのため、内部留保を増やすだけの企業には課税するのも一案。

・村上氏は通産省時代、コーポレートガバナンス(投資家による経営者監督の仕組み)を提唱するも理解してもらえず、村上ファンドを設立、自ら経営者の監督を行った。

・村上氏の投資方針は、①投資することで付加価値を与えられるかどうか、②対象はIRに欠点を持つ企業、③外国人の株主が多い企業(外国人は利益を稼ぐことが目的で、株価が割安なことが多い)。

・日本は企業によってはかなり潜在力あり。海外で稼ぐ力が強い。日本企業には期待している。

・稼いだお金は全て社会に還元する。設立した村上財団を通じ、中高生にお金を提供、株式投資を体験してもらっている。

 

シンプルですが、非常に重要なことですね。お金を回せば(使ってもらえれば)経済が成長し、日本のGDPも上がります。これを念頭に置けば、内部留保を貯めるだけの企業は嫌われますね。できるだけお金を持っておきたい経営者の気持ちもわかりますが(^ ^;

 

そういえば、何年か前、私が勤める会社にも村上ファンドの方が来たという話を聞いたことがあります。IRに問題があったということでしょう(^ ^; どうやら今はもう来ないようです。私の会社が増配を続けているのは、村上ファンドのおかげかもしれません。

 

私は株式投資を始めた18年6月から会社の持株会にも加入しました。(持株会はハイリターンハイリスクという性質もありますが)配当率の高い時代に株式投資をできて幸運です。日本にも株主還元を強化するトレンドがあるのでしょうか。これももしかしたら村上さんがきっかけを作ったのかもしれません。

 

私も貯金しすぎず、できるだけ株主投資にお金を回し、自分の資産を成長させていきたいです。

 

今回の記事でも少し触れられていましたが、「生涯投資家」という村上さんの本があります。株式投資を始めた後、私もこの本を読みました。今回の村上さんの講演記事を読んで、もう一度読みたくなりました。今読めば、前回理解できなかった、発見できなかったことが見つかるかもしれません。

以上

 

◆参考文献

文春オンライン、"「生涯投資家」村上世彰が東大で語った金銭教育──親子でお金の話をすれば日本経済は復活する"

https://bunshun.jp/articles/-/16613