アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

専門家「これからはAppleと半導体メーカー銘柄がいいよ」

12/14付のReutersの記事を読みました。米中が貿易協議の第1段階に合意し、その影響で2020年はApple半導体メーカーの業績が期待できるよという内容です。以下、記事の要約です。

 

◆要約

Appleアメリカ企業の中で、米中貿易摩擦により最も影響を受ける企業。Appleに続く企業が半導体メーカー。多くが中国で生産しているため。

・米中貿易協議の一部合意により(追加関税が避けられたため)、Apple、及びその他テクノロジー企業の主要な障害が取り除かれた(アメリカの金融サービス会社Wedbush Securitiesのアナリスト)。

・12/13、Apple株は1.36%上昇。一方、半導体銘柄(Qorvo、AMDなど)は売られた。

・利益確定売りが起こってもおかしくない。一方、経営者にとっては経済の見通しが良くなり、投資活動を再開する助けになる可能性あり(アメリカの資産運用会社Inverness Counsel)。

・Bank of AmerikaのアナリストはAppleの目標価格を上方修正。5Gの登場がApple iPhoneの売上を3年間、力強いものにすると予想。

・2019年、Philadelphia Semiconductor Index(SOX)はここまで56%上昇。 5G技術を搭載した製品が市場に登場、さらに今回の米中合意が企業の自信を回復させると見込まれているため。2019年、半導体市場は12.8%縮小したが、2020年は5.9%回復すると予想(World Semiconductor Trade Statistics)。

・2019年、テクノロジー株のPERは20倍を超え、2005年以来最も高い数値。リスクも増えている。2019年、テクノロジーセクターは1%縮小、2020年は10%の拡大が見込まれる(RefinitivのI/B/E/Sデータより)。

 

12月は追加投資無しで、年を越すことになるかなと思っていたのですが、今回の記事を読んで気持ちが揺らいでいます(^ ^;

 

Apple半導体メーカーが期待できるとのこと。記事の最後の方ではハイテクセクターという表現がありますが、記事内ではApple半導体メーカー以外の企業に言及していません。

 

iPhoneに5Gが搭載されるんですね。5Gが身近になりそうです。個人的には、半導体メーカーのTexas Instruments(TI) が気になります。

 

Broadcom(AVGO)もありますが、PERが34倍越えというのと、以前悲観的な記事を読んだのが引っかかっています(以下ブログ記事です)。

https://www.investmentandownbusiness.com/entry/2019/07/17/081224

今、Broadcomの配当率を見たのですが、4.1%になっています!増えてます!先日、配当金の支払い金額が発表されたのですが、増配したということでしょう。いやー、揺れますね(^ ^;

 

あとハイテクというと、Cisco Systems(CSCO)も気になります。通信ネットワーク機器を開発している企業で、5G時代も期待したいです。

 

年明け、米中両国が第一弾合意内容に署名するまで待ちたいという気持ちもありますが、どうしましょうかね。。ちょっと考えます。 。。

以上

 

◆参考文献

Reuters, "Trade deal removes major hurdle for rally in Apple and tech"

https://www.reuters.com/article/us-usa-stocks-weekahead/trade-deal-removes-major-hurdle-for-rally-in-apple-and-tech-idUSKBN1YH241