アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

専門家「1月は歴史的に下落する期間。今、割高感もあるので注意してね」

12/24付のCNBCの記事を読みました。2020年Q1に株価の調整が起きる可能性があるよと解説する内容です。以下、記事の要約です。 

 

◆要約

・株価は年末にかけ、さらに上昇することが考えられるが、1月に下落する可能性あり。

・投資家は、19年にこれ以上税金がかかる収益は求めていないため、売却を2020年に持ち越すのでは(アメリカの投資調査会社The Leuthold Group)。

・ただ、株価が上昇傾向にあるのに変わりはなく、調整が起きても株価は再び上昇することをアナリスト達は期待する。

・2019年、S&P500はここまで28.6%上昇。年末までに29.6%を超えれば、1997年の31%上昇以来の上げ幅となる。

・2020年Q1、投資家は頭を冷やすと予測する。調整が起きても驚かない。投資家はちょっと強気になりすぎている(The Leuthold Group)。

・投資家が利益確定に動いても全く不思議ではない。取引初日の1月2日は少し弱気になっている。過去のデータ上、12月の利益確定を避けた投資家は、年明けの取引初日に少し利益確定を行う。また、1月は歴史上、株価の下落が起きる(株式投資家向けデータ本Stock Trader’s Almanacの編集者)。 

・その年の最初の取引可能な5日間、この期間の評価損益がプラスであれば、その年の評価損益も84%の確率でプラスとなる(Stock Trader’s Almanacの編集者)。

・1月の評価損益がプラスだと、その年の評価損益も75%の確率でプラスになるというデータもある。1950年以来、大きくマイナスになったのは9回だけ。

・大統領選挙関連の混乱に直面する前、2020年Q1に市場はピークを迎える可能性あり。1月に2~5%程度の調整があったほうが良い。そうなることで、株価は正常に戻り、より大きな調整を避けることができる(プロトレーダーのScott Redler)。

 

2020年のQ1、特に1月に株価の調整(大幅下落)に気を付けてね、データの裏付けもあるよと主張する記事でした。2018年はQ1に大きく下落しました。2019年Q1は右肩上がりでした。

 

できれば私も大きく下げたところで買いたいですが、 いつ調整が来るかわかりませんからね。残念ですが、待ち構えても仕方がありません。でも、いつも私は投資のタイミングを計っています(^ ^;

 

手元に投資のための余剰資金も(少しですが)残していますが、これは暴落した時の投入資金です。

 

今年はどうなりますかね。心理的には、12月に株価は上がりまくったので、1月は調整があるのでは?と思ってしまいます。追加投資を考えているので、 いつ買おうか思案中です。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"The Santa rally in stocks could lead to January selling"

https://www.cnbc.com/2019/12/24/the-santa-rally-in-stocks-could-lead-to-january-selling.html?&qsearchterm=santa%20rally%20in%20stock%20could