アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

Wall Streetの専門家「今年はFB、MCD、VZ、EL、VIAC、SPGがお勧め」

1/11付のCNBCの記事を読みました。2020年、Wall Streetのアナリスト達が推奨する銘柄が解説されています。以下、記事の要約です。 

 

◆要約

・現状は投資に値する株が不足することはないと、Wall Streetのアナリストはみる。

・Verizon(VZ)、McDonald's(MCD)、Estee Lauder(EL)、Facebook(FB)、Simon Property Group(SPG)、Viacom CBS(VIAC)がアナリスト達の2020年の推奨銘柄。

①McDonald's(MCD)

・McDonald'sは今年、マーケティングイノベーションの最先端にいる。強化した朝食メニュー、提案型販売&ユーザーの好みに合わせたマーケティング、プレミアムチキンサンドウィッチ、ドライブスルーのさらなるスピードアップ、デリバリーサービスの成長などに注目(金融調査会社Evercore ISI Research)。

Viacom CBS(VIAC)

・Disney(DIS)、Apple(APPL)、Netflix(NFLX)に加え、Viacom CBSがストリーミングサービスの争いに加わる(アメリカの投資銀行Imperial Capital)。

・ Viacom CBSNetflixAmazon向けにコンテンツを作成する。同社はこれらのコンテンツを自社のプラットフォーム向けに再利用する能力があることを認める。

Facebook(FB)

・大統領選挙が盛り上がるシーズンの中、Facebookも注目銘柄の1つ。 政治広告への支出が同社の収益を大きく上昇させる可能性あり。また、同社のライブビデオ機能"Stories"は、ユーザーに広告を見せる機会を増やすだろう(カナダの金融サービス会社Canaccord Genuity)。

・2020年、Facebookの収益はこれまでで一番上昇しそう。"Stories"の収益化に期待(Canaccord Genuity)。

④Verizon(VZ)

・現在のVerizonの戦略はネットワーク、接続業者としての同社のコア事業に一致させたもの。同社の戦略はシンプルで全てはネットワーク。同業他社のように、メディアやコンテンツに手を出さない。これらを短期的に新事業の材料にするのは難しいと判断するため(Wells Fargo)。

⑤Estee Lauder(EL)

・2019年、Estee Lauderの株価は59%上昇、S&P500 indexよりも29%アウトパフォーム。2020年も同社株は平均をアウトパフォームするとみる。旅行やスキンケア向けなど、中国での成長を期待(投資銀行Oppenheimer)。

⑥Simon Property Group(SPG)

・同社はREIT運用企業の中では、最もすばらしいバランスシートを持つ。しかし、同社の株は平均よりもアンダーパフォーム。Eコマースの成長がモール事業の失敗に繋がると世間では考えられているため(金融サービス会社BTIG)。

・借り手側の事業失敗が増加する中、過去数四半期の間、同社の資産は安定した稼働率、市場平均を上回る数値で推移している(金融サービス会社BTIG)。

 

現在の市場は、投資に値する株が不足することはないという言葉は頼りになりますね。宣伝の意味もあるかもしれません。私は、それだけ市場が景気の見通しに期待していると捉えたいです。楽観的すぎかもしれませんが。

 

McDonald'sは私も保有する銘柄です。今は追加購入しません。私が購入した時より14%ほど高く、今は他に優先したい銘柄があるためです。

 

Viacom CBSもパスですね。ストリーミングビジネス業界は何が差別化に繋がるのか、私は理解していません。Disney、AppleNetflixAmazonなど競合が強すぎますし。

 

Facebookは私の買いたい銘柄の1つです。グロース株として扱います。大統領選挙に関係なく、今年は狙いたいです。

 

Verizonは配当株としてはありかなと思います。アメリカの通信インフラを担う企業で、将来も生き残っていけそうです。過去に購入を検討したことがありましたが、リターンがS&P500を下回っているため、除外していました。今、配当率は4.1%と高いです。

 

Estee Lauderは美容製品の会社です。私は美容製品に期待しています。新興国での需要も期待でき、将来も安泰だと感じます。ブランドイメージが傷ついた時が怖いですが、同社は数多くのブランドを保有しているようで、うまく立ち回ってくれることを期待します。PERが約37倍と高いですね。これを買うなら今はハイテク株購入を優先したいです。

 

Simon Property Group(SPG)はSBI証券で取り扱いなしでした。

 

今回の記事に出てきた業界はまた調べてみたいですね。こういう記事は自分が普段注目していない業界、企業にも強制的に目を向けさせてくれるので、勉強になります。 

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Wall Street analysts say invest in these top stocks in 2020 including McDonald’s & Facebook"

https://www.cnbc.com/2020/01/11/mcdonalds-and-facebook-among-top-stocks-according-to-analysts.html?&qsearchterm=wall%20street%20mcdonald