アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

Facebookは世界の3分の1の人口が使うプラットフォーム。売上伸長率も絶好調(分析記事を読んで)

12/17付のSeeking Alphaの記事を読みました。Facebookの分析記事です。同銘柄の購入を推奨する内容です。以下要約です。 

 

◆要約

Facebook株は2018年7月14日に到達した$214.67が最高値。その後、悪評により株価は低迷。しかし、Facebookは現金製造機、2019年Q3の決算発表からもその状況は変わらず。2019年Q4の売上も期待でき、株価は上昇していくだろう。

・2019年Q3、1日当たりのFacebook利用者数が16億人を突破(下記グラフ1参照)。

<グラフ1>1日当たりユーザー数、四半期毎の推移(単位:$M)

f:id:investmentandsecondjob:20200119082323p:plain

(出典:Facebook

・2019年Q3、月当たりのFacebook利用者数は約25億人(下記グラフ2参照)。世界のおよそ3分の1の人がFacebookを利用していることになる。企業にとっては、広告を出す1番の場所の1つ。

<グラフ2>1か月当たりユーザー数、四半期毎の推移(単位:$M)

f:id:investmentandsecondjob:20200117223141p:plain

(出典:Facebook

TwitterGoogleは政治広告を禁止、制限しており、Facebookは同広告の唯一の場所になりつつある。2020年は大統領選挙があり、広告費がFacebook(及びInstagram)に流れてくるだろう。

Facebookは毎年、大きな割合で売り上げを伸ばしている(下記グラフ3参照)。比較用にCoca-ColaとJ&Jの成長率を併記する(下記グラフ4、グラフ5)。Facebookは公表していない成長の資源を持っており、これまでの成長のトレンドは2019Q4も2020年も続くだろう。

<グラフ3>Facebook Revenue 2017~2019Q1, Q2, Q3(単位:$M)

f:id:investmentandsecondjob:20200118153744p:plain
(出典:Steven Fiorillo、Seeking Alpha)

<グラフ4>Coca Cola Revenue 2017~2019Q1, Q2, Q3(単位:$M)

f:id:investmentandsecondjob:20200118153804p:plain

(出典:Steven Fiorillo、Seeking Alpha)

<グラフ5>J&J Revenue 2017~2019Q1, Q2, Q3(単位:$M)

f:id:investmentandsecondjob:20200118154020p:plain

(出典:Steven Fiorillo、Seeking Alpha)

Facebookのバランスシートは申し分ない。売上が増加し続けており、長期借入金はなし。利益は手元資金、事業の成長への投資、企業買収に回せる。

Facebookは過小評価されていると考えている。2019Q4の決算発表は市場予想を超え、株価は$240くらいまで上昇すると予想。

 

Facebookは世界の3分の1の人が利用しており、企業側としては広告を出す最適な場所、毎年の売上伸長率も大きく、今後も期待できますよとのこと。Facebookに関する悪いニュースはあるが、成長し続けている数字に目を向けましょうという筆者の言葉でした。

 

分析記事を読みを終わって初めに思ったのが、Facebookの収益源って広告だけなの?ということでした。(小さい収益源はあるのかもしれませんが)この記事には広告業のことしか説明がありませんでした。

 

私は分析記事を読むとき、その企業の事業内容を紹介してくれているものを選ぶようにしています。今回、Seeking AlphaでFacebookの分析記事を探していた時、事業内容をまとめているものを見つけられませんでした。それはそもそも、広告しか収益源がないからということなんでしょう。そんなことも私は知りませんでした(^ ^; 暗号通貨リブラに触れている記事もありましたので、またの機会に読んでみます。

 

広告しか収入源がないのは気になりますが、毎年売上が大きく伸びているという事実は安心感があります。私は(アカウントは持っていますが)Facebookを使わないし、興味がないこともあり、広告を出す場所として企業がFacebookを重要視しているとは全く知りませんでした。

 

心配なのはFacebookのユーザー数が頭打ちになった時にも、売上を今までと同じように伸ばしていけるかです。上のグラフを見ると、北米、EUのユーザー数は横ばいです。アジア太平洋地域、それ以外の国だけが増えています。そんなことは当然Facebookも理解しているので、色々考えているはず。

 

Facebookに加え、AmazonAppleGoogleMicrosoftは私にとってどれも魅力があります。今の既存事業だけでなく、将来、何かいろいろやってくれそうという期待があります。いずれ、どの企業の銘柄も保有入したいと思います。その前にこれらの企業をことを理解しないといけません。

以上

 

◆参考文献

Seeking Alpha, "Facebook: Undervalued And Setting Up To Break Previous Highs"

https://seekingalpha.com/article/4312920-facebook-undervalued-and-setting-up-to-break-previous-highs