アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

CNBCが世界の中国経済依存度をグラフで解説。新型肺炎終息後が心配です。

2/4付のCNBCの記事を読みました。世界が中国経済にどの程度依存しているかをグラフを使って解説してくれています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

新型コロナウイルスの拡散がもたらす景気後退に投資家は身構えている。

SARS発生時とは変わり、中国経済はより大きく成長し続けており、また世界との繋がりもより大きくなっている。

・(中国のGDPを0.5~1%押し下げた)SARS発生時よりも景気後退への影響は大きいとみる専門家もいる。

SARSが発生した2003年と現在の中国がどの程度変化したか、以下よりグラフを使って説明する。

・2003年、世界第6位の経済規模だった中国は、今日の世界第2位まで成長(下記グラフ1参照)。2019年の世界経済拡大分の39%を中国が占める(IMF)。今日の世界成長の5分の1が中国。同国の成長が0.5%縮小しただけでも極めて大きな影響となる(DBS bank)。 

<グラフ1>中国の経済成長推移

f:id:investmentandsecondjob:20200206073506p:plain

(出典:World Bank、OECD

新型コロナウイルスの感染拡大後、多くの町が封鎖されたこともあり、SARS発生時より、消費は落ち込む可能性あり。消費支出の低下はサービス産業に影響を与える。2003年と比較し、中国経済に占める同産業の割合は増加しており、よりダメージは大きい(下記グラフ2参照)。

<グラフ2>中国経済の構成内訳

f:id:investmentandsecondjob:20200206073630p:plain

(出典:National Bureal of Statistics of China)

・2014年以来、中国からの旅行者の支出額は世界1位。2003年時は世界7位(下記グラフ3参照)。今回の移動制限は同国旅行者の支出額を減らす可能性あり。そうなると、多くの国の経済に悪影響を及ぼす(UBS Global Wealth Management)。

<グラフ3>海外での中国旅行者消費額

f:id:investmentandsecondjob:20200206074137p:plain

(出典:World Tourism Organization)

・輸入額の面でも中国の存在感は大きく、2009年以来世界第2位(下記グラフ4参照)。石油、鉄、大豆などのコモディティや電子部品の最大輸入国。これらの需要は大きく減少する可能性あり。OPECや、それと連携する国々(ロシアなど)は石油生産の削減を検討中(Reuters)。

<グラフ4>中国の輸入金額とその世界シェア

f:id:investmentandsecondjob:20200206075145p:plain

(出典:World Trade Organization)

・2009年以来、中国は輸出額で世界No.1。日本やベトナムなど、材料や部品を輸入し、自国製品を製造する国々は、中国経済が停滞する(中国の輸出量が減る)ことで、大きな影響を受ける。

<グラフ5>中国の輸出金額とその世界シェア

f:id:investmentandsecondjob:20200206074810p:plain

(出典:World Trade Organization)

 

グラフ化すると一目瞭然ですね。まさか、ここまで中国の存在感が大きいとは思いもしませんでした。世界の大切なお客様ですね(^ ^; 

 

特に中国旅行者の支出額に驚きました。世界の旅行者が支出するお金の17%が中国人からとのこと。人口規模から考えるとこれぐらいの割合になるのか。。日本にも中国からの旅行者がたくさん来ていますが、ありがたいです。

 

今週、世界の株価は上昇しまくっています。ここ最近下落した分を取り戻す勢いです。まさか、こんな展開になるとは思いもしませんでした。

 

新型コロナウイルスの影響で経済は停滞し始めているはず。ただ、中国の対応が早いです。景気対策を発表したり、対アメリカの関税を下げる報道がありました。

 

この先、株価はどう動くんでしょう?先週終わった時には、これからどんどん下がっていくのかと思っていましたが、大ハズレです(^ ^; 感染拡大の程度次第ですかね?中国の発表数字はいまいち信用できないので、その他国の感染者数に注目します。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"5 charts show why the global economy is more vulnerable now than during SARS"

https://www.cnbc.com/2020/02/05/coronavirus-how-china-economy-has-changed-since-sars.html?&qsearchterm=5%20charts%20show