アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

JPモルガンチェース「今のところ予想は外れてるけど、バリュー株の時代はもうすぐ来るよ」

2/20付のBloombergの記事を読みました。バリュー株上昇を期待するJPモルガンチェース(銀行持ち株会社)のコメントが記事になっています。以下要約です。

 

◆要約

・2020年、(アメリカ大型株から構成される)Russell 1000内のバリュー株の上昇率は1%未満。対する同指数内のグロース株は8ポイント上回る(下記グラフ参照)。

<グラフ> バリュー株とグロース株のパフォーマンスの比較。

※Ratio(縦軸)が1.00未満はグロース株の方がパフォーマンスが高いことを表す。

f:id:investmentandsecondjob:20200222171841p:plain

(出典:Bloomberg

JPモルガンチェースは、バリュー株のパフォーマンスは、より早い時期に改善すると見込んでいた。

・予想が外れているのは(グロース株偏重の)パッシブファンド、ESG投資、新型コロナウイルスが要因(JPモルガンチェース)。

・しかし、モメンタム株、低ボラティリティ株からバリュー株へのシフトは進む。モメンタム株、低ボラティリティ株のバリュエーションはファクターバブル(かなり特殊)の状態(JPモルガンチェース)。

新型コロナウイルス要因で、2020Q1に景気循環型株、バリュー株が上昇するという予想は外れる。これは、時期が後ろにずれただけ。モメンタム株、低ボラティリティ株のバブルは崩壊する可能性が高い(JPモルガンチェース)。

 

2020年はバリュー株がお勧めだよという記事を、昨年後半によく見かけた記憶があります。

 

2020年以降は低成長時代となり、株価の上昇もあまり期待できず、相対的に配当率の高いバリュー株のリターンが高くなるよという主張からです。

 

記事にも書いているように、今年は今のところ、昨年同様グロース株の株価上昇率が高いです。

 

やっぱりグロース株の比重を高めた方がよいのかも?と私は感じ始めていましたので、今回の記事はまた考えるきっかけになりました。

 

これからバリュー株の方がリターンが高くなっていくか私は自信がありません。ですので、株をまずは長期保有する前提で、バリュー株(配当株)、グロース株をバランスよく保有することを心掛けたいと思います。

 

(グロース株として)FAAMG株も購入したいのですが、昨年末から今年にかけ、加速度的に値を上げており、手が出しづらいです。新型コロナウイルス起因による景気後退、それによる株価下落を待ちたいと思います。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"バリュー株に望み捨てず、上昇が遅れているだけ-JPモルガン"

 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q5Z9ZAT0G1L601