アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

新型肺炎の影響が長期化、広範囲化することにより、悪影響を受ける業種(バロンズより)

SBI証券のウェブサイトで公開されているバロンズ・ダイジェスト内の記事を読みました。2/18号のものです。新型コロナウイルスの影響は広範囲、長期に渡る可能性があり、その影響を受けやすそうなセクター、企業について解説されています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

新型コロナウイルスが発生した武漢は世界のサプライチェーンの中心地。製造業の生産や交通の要となっている。2020年内は企業の業績に悪影響を及ぼすだろう。

・市場は短期的な影響は織り込み済み。広範囲な、間接的な影響はまだ考慮していない。

新型コロナウイルスの拡散を封じることができれば、多くのファンドマネージャーは市場が急上昇するとみている。

・ただ、歴史から判断すると、中には回復に苦労する企業もいる(Tロウ・プライス・ニュー・アジア・ファンド)。

・生産工場の稼働率は低く、職場に戻れない従業員も多い。また部材の入手難、従業員のためのマスク入手難と課題は多い。

・十分なキャッシュフローを持ち、高配当な企業銘柄を選択、弱いアジア企業は避けるよう、UBSグローバルウェルスマネジメントはクライアントへ提案。

・以下、専門家が警戒している企業、業種。

>消費者セクター

・酒造企業は受注が大きく減少するだろう。中止されたイベント向けなどの需要は恐らく取り戻せない。小売店、食堂などは在庫消化に時間がかかる。

・DIAGEO(DEO、酒造会社)は3.7%、バドワイザーブルーイングAPAC(1876.香港、ビール会社)は11%、共に年初来下落。

・料理宅配業への影響も大きい。美団点評(3690.香港)に登録するレストランは、その20~30%しか、現状宅配できていない。宅配できているレストランも、宅配の売上は50%以上減少している。同社の株価は1月より12%下落。

・世界のショッピング街から中国人が大幅減。それでも、高級ブランドのモエヘネシールイヴィトン(MC.フランス)、化粧品のエスティーローダー(EL)は、中長期的には影響は少ないとみる。高級品に対する関心が薄れるわけではないので、新型コロナウイルスが終息すれば、需要は復活すると判断。

>資本財セクター

・世界景気の持ち直しで、同セクターは回復すると見込まれていたが、新型コロナウイルスの影響で回復時期は後ろ倒しに。短期的には需要減、サプライチェーン混乱から伴う悪影響が見込まれるが、多くの企業は業績見込みに織り込んでいない(カナダロイヤル銀行)。

・例外が2社。電気、電子機器メーカーのエマソンエレクトリック(EMR)は、2020Q2の売上高が少なくとも1.5%減少すると見込む。水処理関連危機メーカーのザイレム(XYL)は2020Q1のEPSが$0.03~0.04低下すると見込む。 

>ハイテクセクター

・5G関連企業は中国政府からの資金に依存しているためリスクあり。

光通信産業の中心が武漢であることもリスク。5G基地局に使われる光通信部品の多くは武漢製。

武漢の交通や企業活動の制限が長引けば、携帯機器、5G関連企業の業績にさらに影響を及ぼし、2021年の業績まで影響を受ける可能性あり(サンライズキャピタル)。

・プリント基板、光ファイバー、ディスプレイ生産のリスクが最も高い。一方、LCD、メモリ、自動車技術は耐性が強いとみる(サンライズキャピタル)。

アメリカの半導体セクターは売上高の47%、ハイテクセクター(ハードウェアに限る)は売上高の14%と、中国への依存度が高い(ゴールドマンサックス)。

・(売上高の30%を中国に依存する)コネクタメーカーのアンフェノール(APH)、(工場勤務者の70%以上が中国の)HP(HPQ)、(仕入れ先の50%以上を中国に依存する)デルテクノロジーズ(DELL)に注目する(Evercore)。

 

新型コロナウイルスの影響が長期化すると、確かに酒造メーカーは影響を受けそうです。各種イベントが中止になると、需要は取り戻せないというところがポイントですね。

 

日本でも色んなイベントが中止になっています。外食を控える人々が増えると、レストランだけでなく、そこに食材、飲料を供給する業者も打撃を受けます。外出を控える人はこれからますます増えると思いますので、関係企業はかなりの悪影響を受けそうです。

 

資本財やハイテク企業も、これから徐々に影響を受けそうです。記事の中では、2021年の業績にも影響を及ぼす可能性があると指摘する専門家もおり、ちょっと大変なことになってきました。

 

私が保有する銘柄ですと、アップルやブロードコムが今後さらに影響を受けます。

 

私の頭の中では、これから市場平均株価がどんどん下がっていくイメージしかありません(^ ^; 日本で感染者が拡大する一方なので、余計に不安です。

 

今は投資を控え、買いたい銘柄の価格の動きを追いたいと思います。

以上

 

◆参考文献

SBI証券、バロンズダイジェスト2/18号、"新型コロナウイルスの影響、長期化も"

https://global.sbisec.co.jp/Fpts/tsj/invInfTop/toUsAnaReport