アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

2/24、NYダウ平均は1031ドル下落。今後の展望に関する専門家の見解は?

2/2/24付のReutersの記事を読みました。新型コロナウイルスの感染、犠牲者が世界中に広まっています。その影響で経済への懸念も高まり、2/24のNYダウ平均は1,031ドル下落しました。記事の中では専門家が今後の展望を語っています。以下、要約です。

 

◆要約

>Suntrust Advisory Services(アメリカの投資助言会社

・経済指標はアメリカの景気後退を示唆していない。

アメリカ経済が受ける新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きくない。

・ただ、債券市場からは利下げの必要があるというサインが出ている。結果、連邦準備理事会(FRB)への利下げ圧力は高まる。

>CMC Market(イギリスの金融商品販売業者)

新型コロナウイルスは中国だけでなく世界各国の問題。ヨーロッパの高級ブランド、鉱山、石油、航空などの株価も下落している。

・どの程度、経済へ影響するかは不明。ただ、マイナス影響なのは間違いない。

>Suntrust Advisory Group(アメリカの金融サービス会社)

新型コロナウイルスが及ぼす今後の展開は誰もわからない。

・ 2020年、世界経済の穏やかな回復を期待していたがリスクあり。

・不透明感が続く中、投資家は投資を続けることになる。

・株価、バリュエーションはまだ高い。新型コロナウイルスのリスクは、ほとんどが株価に織り込まれていない。

 

新型コロナウイルス要因で、ようやく暴落となりました。個人的には先月末に暴落するかな?と思っていたのですが、約1か月遅れで来ました。

 

個人的には、大幅な株価下落はこの1日だけで終わらず、今後も続くと予想します。とても感染拡大が収まるとは思えません。今後の展開は誰にもわからないという専門家もいますので、余計に身構えてしまいます。

 

ですので、買いたい銘柄が大きく値下がりしたので、投資したいところですが、まだ様子見します。

 

安く株を買える機会が来たのでうれしい反面、新型コロナウイルスの危機が身近に迫ってきているので不安もあります。気を引き締めたいと思います。

以上

 

◆参考文献

Reuters、"米株1000ドル超える急落、新型肺炎拡大で:識者はこうみる"

https://jp.reuters.com/article/analyst-view-us-stock-idJPKCN20I1VS