アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

米国家経済会議委員長「新型肺炎発生中だけと、アメリカの根本は変わらない。長期投資家には良い機会」

2/25付のCNBCの記事を読みました。アメリカの国家経済会議(National Ecomic Council)の委員長を務めるラリー・クドロー氏のインタビュー記事です。

 

国家経済会議は連邦政府の行政機関で、経済政策を立案したり、大統領に助言を行います。議長が大統領で、委員長がクドロー氏です。そのクドロー氏が、新型コロナウイルスアメリカ経済への影響、及び株式市場についてコメントしています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

アメリカは新型コロナウイルスを阻止している。完ぺきではないが、ほぼ完ぺき。

新型コロナウイルスの発生は人類にとって悲劇である一方、経済的な悲劇にはならないだろう。

・つまづきはあるだろう。数値には少しあやふやな点もある。ただ、現時点で供給側に混乱はない。アメリカの経済は良い状態が続いている。

新型コロナウイルス起因による暴落は、長期投資家に投資の機会を創り出している。

新型コロナウイルスは永遠には続かない。投資家にはとても注意深く株式市場を見ることを提案する。現在の株価は1週間前、2日前よりかなり安価。

・現在の市場は変動も大きい。しかし、アメリカの根本的な要素は変わっていない。

・新型コロナウィルスはアメリカ全土で広がり続ける見込み。伝染病になった時に備え、企業、学校の対応策の概略をまとめた(Centers for Disease Control and Prevention、アメリカ疾病予防管理センター)。

 

クドロー委員長、という言葉だけはTVのニュース等で耳にしたことがあります。どの程度影響力を持っている方なのか、私にはわかりません。ウィキペディアによると、トランプ氏派のようです。

 

今回のクドロー氏のコメントを見る限りは、世間を落ち着かせようとしているのがわかります。アメリカ政府側の方なので、 こういうコメントになるのは理解します。

 

投資に関するコメントの内容は意外なものはありませんが、市場を落ち着かせる役割を担ってくれてそうです。

 

世界は新型コロナウイルスで大変なことになっていますが、アメリカの根本は変わっていない、アメリカの経済は良い状態、株価は暴落中だけど長期投資家には良い機会、ただし注意は必要だよと、大事なことを伝えてくれています。

 

アメリカの株式市場は2日続けて暴落しています。下落傾向はまだ続くと思いますので、私はまだ様子見です。世界で経済活動に制限がかかり始めており、今後、企業業績が落ち込むと見込まれ、株価も下がっていくと推測します。

 

この下がったところを狙いたいですね。そんなにうまくいくとは思えませんが(^^; それまでは引き続き、買いたい銘柄価格の動きをチェックします。

以上

 

◆参考文献

1)CNBC、"Larry Kudlow says US has contained the coronavirus and the economy is holding up nicely"

https://www.cnbc.com/2020/02/25/larry-kudlow-says-us-has-contained-the-coronavirus-and-the-economy-is-holding-up-nicely.html?&qsearchterm=larry%20kudlow%20says

2)Wikipedia、"アメリカ合衆国国家経済会議"

https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国国家経済会議

3)CNBC、"Larry Kudlow says long-term investors should ‘very seriously’ look at buying the dip in stocks"

https://www.cnbc.com/2020/02/25/larry-kudlow-says-investors-should-very-seriously-look-at-buying-stocks.html?&qsearchterm=larry%20kudlow