アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

2番底は来るか?専門家の意見は様々です

4/5付のReutersの記事を読みました。新型コロナウイルスの被害が拡大する中、2番底はあるのか、専門家が意見を述べています。以下要約です。

 

◆要約

・S&P500指数は4/3の取引終了時点で2,488.65。2月中旬の過去最高値と比較し、26%安値。新型コロナウイルス感染拡大、及びその経済面への影響で数週間以内に、3月末時の最安値付近まで株価が下がるという見方も。

・一方、出口は見え始めていると指摘する専門家も。以下、各専門家の見解。

>BTIG(アメリカのブローカーディーラー

・過去のデータを参考にすると、4月に3月末時の安値を試す可能性も。これは感染と経済の悪いニュースが4月にピークに達するため。

・2番底はこの数日中にも。経済活動再開が5月末と当初の想定よりも遅れているため。

・希望がなく、感情的になる時に底値は来る。4月に来ると想定し、備える。

>エンパイアファイナンシャルリサーチ(アメリカの金融調査会社)

ニューヨーク市における感染拡大は3/19にピークを迎えたと考える。

>ジェフリーズ(アメリカの証券会社)

・S&P500指数、10年長期国債は少なくともあと1回は、再度安値を試す。

EUでの悪いニュースはそろそろピークを迎える。ただし、アメリカとイギリスはこれから。投資家は不安になるが、ピークがわかれば、株価はそれなりに上昇する。

>モルガンスタンレーインベストメントマネジメント

・再度安値を試すが、その安値はあまり安くはならない。

・弱気相場時、パニックによる安値→安心感から購入→再度安値を試すという3段階で進む。今はまだ第2段階。金融サービス、一般消費財株がお勧め。

>コモンウェルスファイナンシャルネットワーク(アメリカの金融ブローカー)

・4月は今までで一番悪いニュースが出る。市場はこれに反応し、変動は大きい。3月末の安値を試す可能性も。

>トールバッケンキャピタルアドバイザーズ(アメリカの資産調査会社)

アメリカでは感染者拡大、終わりの見えないロックダウン、他国より劣る医療制度というリスクがある。今の恐怖指数の動きはこれを反映している。

 

2番底は来る、来ない、不透明、値は下がるが3月末ほどではない、と意見は様々です。

 

私は「不透明」という意見です。よくわからないというのが正直なところです(^^;

 

おそらく下がるだろうと思っていたところ、4/6、NYダウが$1,600超も上昇しました。上昇に驚きはありませんが、まさかこのタイミングでここまで上昇するとは予想外でした。

 

この上昇で今後の展開がよくわからなくなりました。私はまだ下げを待っています。もし、このままどんどん上昇していくなら、直近での追加投資は諦めます。資金に余裕があるわけではありませんし。

 

もし、下がるならホームデポへの追加投資です。同銘柄の4/7の終値は過去の取得単価よりも$7ほど高いです。値段が同じくらいになったら、追加購入します。さらなる値下がりを期待するのは諦めました。

以上

 

◆参考文献

Reuters、"アングル:米株は二番底か、トンネルの先に光も"

https://jp.reuters.com/article/usa-stock-coronavirus-idJPKBN21O05U