アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

評価益が$13,000の大幅上昇で今週は着地。次の大幅下落を期待し、待ちの状態です。

20年4月11日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、20年4月11日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

80

$210.00

$267.99

11.01%

$4,639.20

AVGO

33

$277.03

$254.30

8.55%

-$750.09

HD

33

$184.39

$201.53

12.78%

$565.62

JNJ

61

$141.50

$141.23

5.26%

-$16.47

MA

42

$207.36

$269.40

13.66%

$2,605.68

MCD

48

$180.03

$183.70

14.58%

$176.16

MKC

60

$146.80

$154.30

5.05%

$450.00

MO

192

$58.85

$40.91

9.36%

-$3,444.48

MRK

120

$72.91

$82.49

8.18%

$1,149.60

NTR

230

$38.68

$36.76

12.62%

-$441.60

PG

96

$90.77

$114.66

-0.36%

$2,293.44

SCI

195

$44.85

$40.51

16.71%

-$846.30

V

62

$139.80

$173.69

14.38%

$2,101.18

VOO

51

$264.13

$255.67

12.13%

-$431.46

       

合計

$8,050.48

 

先週(4/4)比で+$13,121.58です。P&G以外、上昇しました。

 

このタイミングでの大幅上昇は個人的には予想外でした。NYダウは1週間で$2,666.84上昇しました。新型コロナウイルス感染拡大のピークが近いとみられている事、(急進的リベラル派の)サンダース上院議員の大統領選撤退、FRBの企業向け新救済策、及び金融緩和継続発表が背景にあります。

 

今週の上昇率1位はサービスコーポレーションインターナショナルでした。+16.71%です。この1週間、ずっと右肩上がりです。特にニュースは見当たりません。新型コロナウイルスの影響で葬儀も制限されているというニュースが先日報道されていたので、今回の上昇は単に資金が戻ってきただけかなのかもしれません。

 

2位はマクドナルドの+14.85%です。4/6、4/8、4/9に上昇しています。今週は、同社が2020年の売上予測を下方修正したというニュースはありましたが、良いニュースは見当たりませんでした。

 

他にもビザ、マスターカード、ホームデポ、ニュートリエン、VOO、アップルが10%を超える上昇でした。

 

この中の個別銘柄で特筆すべきニュースが報道されていたのはアップルくらいです。前向き、後ろ向き、両方のニュースがありましたが、基本的には同社銘柄のターゲット価格を上げる内容でした。

 

今週の株価上昇は、各企業に関するニュースよりも、マクロ的なニュースに影響されているようです。今週だけでなく、2月末からその傾向があります。しばらくはこの傾向が続きそうです。

 

◆損益通算結果

SBI証券 

投資金額

¥-16,849,553

現在値

¥15,554,252

現金(円)

¥67,142

現金(ドル、円換算)

¥745,812

損益通算

¥-482,347

利回り

-2.86%

②持株会 

投資金額

¥-663,000

現在値

¥591,277

繰越金

¥15

損益通算

¥-71,708

利回り

-10.82%

 ①+②

評価額

¥16,958,498

損益通算

¥-554,055

利回り

-3.16%

 

アメリカ株が大きく上昇し、利回りも7%改善しました。3月初旬の時と同じくらいです。

 

新型コロナウイルスの感染、被害拡大に関連するニュースくらいでは、株価はもうあまり反応しなくなりました。それらを無視して上昇しています。市場は同ウイルスのピークがいつくるか、見通しているということでしょうか。

 

個人的にはもう1回、大きく下落することを期待しています。それは感染、被害拡大によるものではなく、想定を超えた経済の悪化に反応する時です。

 

それがいつになるかはわかりません。アメリカ企業の決算発表が行われるこの1か月以内に下がるかもしれないし、数か月後かもしれません。それまではじっとしておきます。

 

以上