アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

エッジコンピューティング界でも大手ハイテク企業が活躍しています

3/30付の日経新聞の記事を読みました。エッジコンピューティングの話です。データセンターとユーザーとの間にコンピュータを置いて、データセンターの負荷低減、通信速度の遅延解消を目指すための技術を指します。

 

エッジは縁(ふち)、現場に近い場所という意味を表すとのこと。記事は、この技術の応用例を業界ごとに解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・エッジコンピューティングは様々な業界で活用されている。データ送信、処理の効率化だけではなく、情報収集、分析、判断をサポートする。企業も同技術を重要視しており、2019年末、決算発表での言及回数で、エッジコンピューティングがクラウドを上回る(下記グラフ参照)。

<グラフ>決算発表での言及回数、クラウド v.s. エッジコンピューティング

f:id:investmentandsecondjob:20200421221327p:plain

(出典:日経新聞

・エッジコンピューティングが応用されている主要業界を以下に挙げる。

>>>農業

・スマート農機、ドローンが集めたデータを、エッジコンピューティング経由でクラウドに送る。情報をエッジで取捨選択することで分析が可能。クラウドへのデータ送信コスト削減にも。また、AI搭載により現場での迅速な判断に繋がる。

アメリカのBlue River Technologyは除草AIロボットを開発。作物、雑草を識別し、必要な場所にだけ除草剤を散布。同ロボットにはエヌビディア(NVDA)のエッジプラットフォームが採用される。

アメリカのSlantRange(スタートアップ)はドローンを活用した最適な作物の生育を研究中。マイクロソフトは同社にエッジプラットフォームであるアジュールIoTエッジを供給。

・アマゾンはMachineShop(IoT向けソフトウェアインフラ)、Free Wave(地方圏でのエッジサービス提供)と提携、同社のクラウドサービス(AWS)を提供することで、産業向けエッジサービスに参入。

>>>自動車

・エッジ技術を活用することで、リアルタイムでの判断が実現可能。

・AECCは自動車業界でのエッジコンピュータ普及を目指す団体。参画する企業は共同で同技術の応用例について研究、開発を行う。トヨタ自動車デンソーインテル(INTC)、サムスン電子などが参加する。

アメリカのRecogniはビジョンシステム、中国のHorizen Roboticsはエッジコンピュータの半導体を、アメリカのQuadricはエッジコンピューティングの開発を担う。いずれもスタートアップ企業。

>>>エネルギー

スマートグリッド(次世代送信網)にエッジ技術を使用することで、電力の需要にリアルタイムで対応、電力供給の効率化を図る。また、現場レベルでデータを選別し、予知保全機能の向上に。

・ドイツのボッシュ(エネルギー管理プラットフォーム)、アメリカのTantalus Systems(スマートグリッドシステム)、アメリカのDroneDeploy(熱データを利用した危機管理システム)などが開発を進める。

>>>金融サービス

・エッジコンピューティングでの情報分散、データーサーバーへの送信頻度低減で、情報の機密性を高める。また、処理速度の向上により、より迅速な判断を下せる。

マスターカード(個人ID管理)、アメリカのPixeom(市場データ分析他。インテルサムスンが出資)、中国のウィーバンク(機械学習。テンセントと提携)などがこの分野で研究、開発を行う。

>>>ゲーム

・映像の質の向上、低遅延、高速通信が期待できる。

アメリカのMobiledgeXの技術はポケモンGOに採用(ナイアンティックと提携)。AT&Tは高画質、低遅延のゲームを実現(エヌビディア、エリクソンと協業)。

>>>医療

・金融業界と同様、情報機密性を高められることが利点。エッジコンピューティング上でのAI学習→患者データの共有なしでAI機能の向上→医療の質向上に繋がる。

・モニタリング能力の向上。

アメリカのOwkin(AI医療)にはエヌビディアがエッジプラットフォーム「エヌビディアEGX」を提供。

・GEは自社の医療機器にエヌビディアの半導体を採用。AI上でのエッジ機能向上が主目的。

>>>製造業

・工場内データのリアルタイム管理に活用。データを取捨選択することで、データ送信コスト、通信負荷の低減に。また、機器の故障、オンライン上の危機の検知にも活用される。

アメリカのFalkonry(予測分析)、アメリカのFoghorn(機械学習、産業用IoT)、マイクロソフト(アジュールIoTエッジ)、Arundo Analytics(産業用IoT)などが、同業界向けにソリューションを開発、提供中。

>>>小売り

無人店舗にエッジコンピューティングは重要。

・アマゾンは「アマゾンGO」を一般向けにオープン済み。エッジコンピューティングは、店内の顧客をカメラでモニタリングする際に活用されている。

ウォルマートは、エヌビディアのエッジプラットフォーム「エヌビディアEGX」を採用方針。プロセスの自動化、店舗内での顧客の体験向上が目的。同プラットフォームはリアルタイムのAIコンピューティングを提供する。

・オランダのアホールド・デレーズは、受注配送機能付き無人店舗を実験中。アメリカのAiFiが同店舗にセンサーやカメラを提供する。

アメリカのZippinはレジなし店舗向け技術を供給する。エッジコンピューティングにより、顧客の総合的な特徴を判断する。

 

エッジコンピューティングがなんとなく理解できました。個人的に気になっていた言葉なので、今回記事を読みました。市場はまだ小さく、これから拡大が期待できそうです。

 

元から各業界で活動している企業に加え、クラウドや(半導体含む)部品屋さんが恩恵を受けそうです。スタートアップなど新規参入企業もいます。

 

エッジプラットフォームという言葉も出てきました。ソフトウェアだったり、ハードウェアだったりします。ここを抑える企業は強そうです。

 

大手のハイテク企業も名を連ねています。マイクロソフト、エヌビディア、アマゾンとよく聞く企業もいます。

 

どの銘柄も株価は高いです。暴落後のアマゾン、マイクロソフトの株価上昇は知っていましたが、エヌビディアもかなり戻しています。ちょっと手を出しずらい値段になってきました。

 

大手ハイテク企業はやっぱり将来も期待できそうです。エヌビディアも買いたい銘柄の1つになりました。同社についても調べてみたいと思います。

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"エッジコンピューティングの活用進む8つの業界"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57251700W0A320C2000000/