アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

バフェット氏、長期保有予定の航空会社株を一気に全数売却

5/4付のCNBCの記事を読みました。バークシャーハサウェイ(以下バークシャー)の2020年の株主総会の内容が記事になっています。今は外出自粛が求められているので、オンラインで株主総会が開かれました。以下、記事の要約です。

 

◆要約

株主総会は約4時間、バークシャーからのプレゼン、そしてQ&Aセッションから成る。今回、5つのキーポイントがあった。

1)アメリカを止めるものは何もない

アメリカの奇跡、アメリカの魔法は常に勝ってきた。今回も再び勝つだろう。第二次世界大戦キューバ危機、9/11、金融危機を通じ、私はこれを確信した(バフェット氏)。

2)バークシャーは全ての保有航空会社株($4B)を売却

・感染拡大からの経済の急降下により、航空事業は根本的に変わってしまったかもしれない(バフェット氏)。

・航空会社にとって世界は変わった。どの程度変わったかはわからない。アメリカ人が習慣を変えるか、変えたかはわからない(バフェット氏)。

3)なぜバフェット氏は大きな投資をしていないか

・魅力的な銘柄を見つけられていない(バフェット氏)。同氏は数年間、大きな投資をしていない。

4)インデックスファンドを購入せよ

・大半の人々にとって、ベストはS&P500インデックスファンドを保有すること。多くの人々が必要としていない助言にお金を払っている。アメリカに賭け、そのポジションを数十年続けるなら、長期国債よりも、他人が推奨する銘柄よりも、インデックスファンドの方が良い(バフェット氏)。

5)バフェット氏とチャーリーマンガー氏(Vice Chairmen)は健康

・マンガー氏は今回のミーティングを欠席したものの、次のミーティングには出席予定。バフェット氏はマンガー氏と毎日、Zoomでミーティングを行う。

・私とチャーリーはどこにでもいる。我々は自身で資本を配分するのが好き(バフェット氏)。

 

バークシャーが、保有する航空会社の株を全て売却した」。このニュースは私には衝撃でした。

 

売却した金額は4銘柄合計で約$4Bです。バークシャー保有する株式価値の約2%です。割合からするとそう大きくないですが、一部ではなく、全て売却したという点に驚きました。

 

長期投資を掲げるバークシャーが売却したくらいなので、航空会社を見限ったということでしょう。ただ、バフェット氏も航空業界がどうなるのか、この記事を読む限りは、まだ掴めていないようです。

 

いつまで今の制限が続くのか、フライトの需要がどの程度戻るのか、先が不透明すぎるから一旦は売ってしまったのかもしれません。

 

今回のバークシャーの判断は勉強になりました。長期保有予定の銘柄を一気に、ばっさりと切り捨てた点です。私も自分の保有銘柄を信用しすぎないようにします。また、常に知識のアップデートを心掛けたいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Buffett on coronavirus, airlines and more — Watch the 5 best moments from the Berkshire meeting"

https://www.cnbc.com/2020/05/04/warren-buffett-berkshire-hathaway-annual-shareholder-meeting-highlights.html?&qsearchterm=warren%20buffett%20says%20airline