アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

景気循環株への資金流入により、さらなる平均株価の上昇が見込まれています

8/11付のCNBCの記事を読みました。現在、アメリカの平均株価指数は上昇していますが、これからさらに上昇する可能性があるよと記事は解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・S&P500指数は過去最高値に向け上昇中。最高値付近で下落する可能性もある一方、テクニカルストラテジストは、さらに上昇するとみている。

・テクノロジー株の上昇がストップしている間、アンダーパフォームしているセクターの上昇が、S&P500指数の上昇を助けている。

・現在の市場は数か月前と比較し、より強い足場の上にいる(Strategas Research Partners、アメリカの投資助言会社)。

・テクノロジー企業が工業、素材、交通、その他企業にバトンを渡したという事実は前向きなことで、市場の土台をより強いものにし、株価上昇を支える。

・経験的に工業がより重要。同セクターの改善がとても重要な発展になる。公共セクターに対する景気循環工業セクターのパフォーマンスを注視(Strategas Research Partners)。

・弱くなっているドルも株価上昇の前向きな要素。今、ドルはトレンドの変化の最中にある。工業セクターなどには長期的に追い風となる(Strategas Research Partners)。

・大手ハイテク企業の株価上昇ストップは市場にとって悪い話ではない。各株価指数にとっても前向きな状況で、セクター間で資金の移動が起きる(Fundstrat、アメリカの市場調査会社)。

・重要な点は、航空、カジノ、クルーズ船のような感染拡大で大きな影響を受けている銘柄が上昇し始めていること(Fundstrat)。

・市場は上昇相場で、2022年まで続く可能性あり。少なくとも年内は上昇が続く。より数多くの工業セクター内の銘柄が上昇し始めている(Fundstrat)。

・下落(調整)の可能性もある。S&P500指数はここまで8日連続の上昇。これは2019年4月以来。9日間連続となると、2004年11月以来となる(Instinet、機関投資家向けブローカー)。

 

3月後半以来、アメリカの株式市場は上昇を続けています。途中、止まりそうな時もありましたが、すぐに上昇を再開してきました。

 

今回読んだ記事によると、(調整はあるかもしれませんが)これから株価はさらに上がると見込まれています。

 

8/12のモーニングサテライトでも、まだ株価は上がると専門家の方が解説されていました。具体的に言うと、成長している企業は、今の政策(市場への資金供給&低金利)が続く間は株価の上昇がまだまだ期待できるみたいなことをおっしゃっていました。

 

3月後半の株価上昇以来、私は株価の調整(暴落)をずっと期待していました。これからも調整を待ちたいと思っているのですが、株価上昇が本当に続くと投資機会を逃していしまいます。今年だけでなく、2021年も上昇一辺倒ならちょっとまずいですね(^^;

 

株価の調整にこだわる考え方は変えた方がいいかもしれません。今はまだそこまで資金に余裕はありませんが、資金が貯まった際は、少しずつ投資することも考えたいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"The S&P 500 is about to hit record levels, and that could be the start of another big move higher"

https://www.cnbc.com/2020/08/11/the-sp-500-is-about-to-hit-record-levels-and-that-could-be-the-start-of-another-big-move-higher.html