アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

今週は株価の調整で評価益は-8.5%下落。やっと調整が入り、緊張もほぐれました。

20年9月5日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、20年9月5日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

320

$52.50

$120.96

-3.08%

$21,907.20

AVGO

33

$277.03

$362.95

5.26%

$2,835.36

CSCO

112

$42.07

$40.82

-3.27%

-$139.66

HD

33

$184.39

$269.66

-5.81%

$2,813.91

JNJ

61

$141.50

$148.59

-3.29%

$432.49

MA

42

$207.36

$335.01

-8.50%

$5,361.30

MCD

48

$180.03

$211.73

-1.48%

$1,521.60

MKC

60

$146.80

$201.85

-1.34%

$3,303.00

MO

192

$58.85

$43.49

-1.00%

-$2,949.12

MRK

120

$72.91

$85.24

-0.48%

$1,479.60

NTR

230

$38.68

$37.68

1.32%

-$230.00

PG

96

$90.77

$137.96

-0.58%

$4,530.24

SCI

195

$44.85

$45.20

-2.27%

$68.25

USB

132

$35.20

$38.31

2.98%

$410.52

V

62

$139.80

$204.66

-5.12%

$4,021.32

VOO

51

$264.13

$314.82

-2.28%

$2,585.19

       

合計

$47,951.20

  

評価益は先週(8/29)比で-$4,483.87(-8.55%)でした。16銘柄中、13銘柄で下落です。6週間ぶりのマイナスとなりました。

 

今週は8/31の控えめの利益確定売りでスタートしました。9/1、9/2は(ウォルマート、アップルなど)個別企業のニュースや、8月の製造業景況感指数が好感され、大きく上昇しました。

 

そして、9/3です。3月以来の株価急落が来ました。ハイテク株中心に株価の調整が入りました。約$800の下落です。続く9/4も調整が続き下落しましたが、(8月のアメリカ雇用統計が前月より改善したことで)景気敏感株に資金が入り、下げ幅は$160程度とそこまで大きくはなりませんでした。

 

以下、主要株価指数です。9/1、9/2に上昇したこともあり、1週間単位ではそこまで大きな下げ幅とはなっていません。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

8月29日

$28,653.87

3,508.01

11,695.63

9月5日

$28,133.31

3,426.96

11,313.14

先週比

-$520.56

-81.05

-382.49

先週比(%)

-1.82%

-2.31%

-3.27%

 

下落幅が1番大きかったのはマスターカードです。-8.50%です。先週のプラス分が全て吹き飛びました。右肩下がりで推移した1週間でしたが、やはり9/3に大きく下落しています。同業のビザの株価も同じような動きで、-5.12%でした。下落幅としては3番手でした。

 

2番目に大きく下落したのはホームデポで-5.81%でした。確かにホームデポは3月後半以降、大きく上昇していましたが、思ったより下げ幅が大きかったです。それだけ投機的な資金が入っていたということでしょうか。9/3に大きく下げました。

 

アップルの下げ幅は-3.08%と思ったより大きくありませんでした。9/2~9/4の3日間で下げましたが、8/31~9/1で上昇した分がショックを和らげてくれました。

 

以上の4銘柄は個別のニュースではなく、今回の調整の影響で大きく下げました。

 

調整が起きた中、先週比プラスで終わった銘柄もありました。ブロードコムが先週比で+5.26%です。9/3は大きく下げましたが、残りの4日間に上昇してくれました。9/3に発表した四半期決算結果は、EPS、売上が共に市場予想を上回りました。

 

Rosenblatt Securities(アメリカの投資銀行)、Mizuho Securitiesがブロードコムのターゲットプライスを上げたというニュースが9/4に報道されていました。ネットワーク、5Gにおける需要増が期待されています。

 

USバンコープも今週はプラスとなり、+2.98%でした。9/1、9/2、9/4に上昇しています。8月の雇用統計改善→長期金利上昇→金融株に資金流入という流れで、同銘柄の株価も上昇しました。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-17,376,130

現在値

¥20,467,188

現金(円)

¥67,142

現金(ドル、円換算)

¥347,082

損益通算

¥3,505,282

利回り

20.17%

②持株会

投資金額

¥-663,000

現在値

¥662,278

繰越金

¥15

損益通算

¥-707

利回り

-0.11%

①+②

評価額

¥21,543,705

損益通算

¥3,504,575

利回り

19.43%

 

先週比で利回りは3ポイント弱低下です。

 

今週は突然の調整が入り、やっぱりいつ暴落するかは全くわからないなと感じたことと、ようやく調整が入り、ちょっとほっとした気分もあります。ここまで上昇が続きすぎて気持ちがわるかったので、緊張もほぐれました。

 

来週からはどうなりますかね。ハイテク株がまだまだ高すぎるので、ハイテク株の下落はまだ続いてほしいです。今、資金にそこまで余裕はありませんが、今回の調整で割安な銘柄が出てくれば、追加投資を検討したいと思います。

以上 

 

◆参考文献

1)日経新聞、"NYダウ反発215ドル高 大型ハイテク株がけん引"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63327580S0A900C2000000/

2)日経新聞、"NYダウ続落、159ドル安 Amazonなどハイテク株に売り"

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63492150V00C20A9000000/

3)Seeking Alpha、"Broadcom's price targets raised after beats, upbeat forecast"

https://seekingalpha.com/news/3611710-broadcoms-price-targets-raised-after-beats-upbeat-forecast