アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

ゴールドマン「デジタル革命、経済&株式市場の変化は今後も続くよ」

9/8付のBloombergの記事を読みました。9/3、テクノロジー銘柄を中心にアメリカの株式市場は急落しました。そのテクノロジー企業に対するゴールドマンサックスの見解が記事になっています。以下要約です。

 

◆要約

・9/3、テクノロジー株の株価が急落したが、ゴールドマンサックス(以下ゴールドマン)はテクノロジー銘柄をオーバーウエイトに据え置く。利益率の高さ、キャッシュフローの多さ、バランスシートの安定感が理由。

新型コロナウイルス感染拡大が発端となった(ネットやテクノロジーの利用拡大で広がる)デジタル革命は加速する。感染者数が減少するに伴い、行動制限は緩和されているが、テクノロジー企業はこれからも恩恵を受ける(ゴールドマン)。

・現在起こっている経済と株式市場の変化は今後も続く。この背景の下、テクノロジー企業のバリュエーション、リターンはさらに上昇する可能性あり(ゴールドマン)。

 

この記事の内容で目に留まったのは、デジタル革命は加速していくという言葉です。

 

今、人々はインターネットを活用し、自粛生活、在宅勤務を行っています。これは一時的なものと私は思っていました。仕事上の打ち合わせも、今はオンラインで行っていますが、これも今だけだと。

 

新型コロナウイルスが終息した後、人々の生活がコロナ前の生活に戻るかはわからないと、元から言われていました。それでも、ほとんどは元に戻るんじゃないかと私は感じていました。

 

今回の記事を読んで、元に戻らないことも少しは考慮しておいた方がいいかなと思いました。テクノロジー銘柄の株価が上昇を続けているのには、こういう背景もあるんですね。今まであまり考えていなかったので反省です。

 

上記の視点を加えて、今後銘柄の選定を行っていきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"ゴールドマンのオッペンハイマー氏、テクノロジー株になお期待"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-07/QGALT8DWRGG401?srnd=cojp-v2