アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

ゴールドマン「景気回復に伴い、出遅れ銘柄が伸びる可能性あり。幅広いセクターの銘柄に注目」

9/9付のBloombergの記事を読みました。アメリカの株式市場では調整が始まっていますが、同市場に対するゴールドマンサックスの見解が掲載されています。以下要約です。

 

◆要約

アメリカの株式市場には楽観的。これから景気が回復すれば、低迷している株価が値を戻すだろう。

・ハイテク株ではなく、多くのセクターの銘柄が買われるかに注目すべき。

・広範囲で経済が回復し、幅広いセクターで株価が上昇していくことを我々は期待する。

・今回の調整が市場全体に広がるかに、投資家は注目。

・3月後半以降、グロース株とディフェンシブ株が上昇。一方、小型、割安株はここまで低空飛行を続ける。現在の大規模金融緩和政策、景気回復は株式市場を支える。

・(新型コロナウイルス感染拡大の動向、ワクチンの開発完了時期など)リスクはあり、株式などリスク資産への配分比重は中立的。ただ、景気は回復してきており、株式からの継続的なリターンも期待できる。

 

先週から始まった調整は今週も続きました。テクノロジー銘柄を中心に下げています。

 

景気回復に伴い、幅広いセクターの銘柄の株価が上昇する可能性があるので、(テクノロジー以外の)ここまで株価が伸び悩んでいた銘柄に注目した方がいいよというゴールドマンサックスからの助言です。

 

調整が始まった後、買いたいテクノロジー銘柄の株価動向を私は追っていますが、まだまだ高いです。2月の最高値を大幅に上回る銘柄がたくさんあります。3月後半以降、いかにテクノロジー株が上昇してきたかがよくわかります。

 

ですので、テクノロジー株にこだわりすぎず、その他セクターで割安な株がないか探しています。今回読んだ記事のゴールドマンサックスの助言にも乗っかりたいと思います。

 

昨日から、S&P500企業のリストを眺め始めました。聞いたこともない会社がたくさんあります。500の企業を全て調べようとするとかなり時間がかかりますので、興味を惹かれた企業だけ、少しずつ調べていこうと思います。将来も期待できそうな業界にある企業を選びたいです。

 

正直、調べるのは面倒ですが、少しずつなら継続できそうです。まだ趣味の範囲でもあり、仕事にも役立ちますので。まだ調べ始めたばかりですが、配当率がなかなか良い銘柄など、気になる企業もいくつか見えてきました。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"ゴールドマン、ハイテク急落でも米株を楽観-出遅れ銘柄に注目"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-08/QGCDEJT0G1L301