アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

調整継続で評価益も3週連続減少。一方、テクノロジー株の割高感も低下中です。

20年9月19日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、20年9月19日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

320

$52.50

$106.84

-4.61%

$17,388.80

AVGO

33

$277.03

$359.73

0.01%

$2,729.10

CSCO

112

$42.07

$39.81

-0.18%

-$252.78

HD

33

$184.39

$275.19

-0.41%

$2,996.40

JNJ

61

$141.50

$149.18

0.95%

$468.48

MA

42

$207.36

$335.26

1.55%

$5,371.80

MCD

48

$180.03

$220.27

1.04%

$1,931.52

MKC

60

$146.80

$189.96

-4.37%

$2,589.60

MO

192

$58.85

$39.84

-8.60%

-$3,649.92

MRK

120

$72.91

$85.81

1.57%

$1,548.00

NTR

230

$38.68

$41.59

4.63%

$669.30

PG

96

$90.77

$137.37

-0.56%

$4,473.60

SCI

195

$44.85

$40.03

-6.78%

-$939.90

USB

132

$35.20

$37.62

2.56%

$319.44

V

62

$139.80

$202.61

0.96%

$3,894.22

VOO

51

$264.13

$305.00

-0.64%

$2,084.37

       

合計

$41,622.03

 

評価益は先週(9/12)比で-$2,443.30(-5.54%)でした。16銘柄中、8銘柄で下落です。今週は銘柄により、動きに大きく差が出ました。

 

今週は企業買収のニュースでスタートしました。エヌビディアがアームを、オラクルがティックトックを(協議中)、ギリアドサイエンシズはIimmunomedics(IMMU)、ベライゾンはトラックフォンを買収するという報道で、9/14、NYダウは$300超の上昇でした。

 

続く9/15、9/16はほとんど動きなし、9/17、9/18は下げました。追加景気刺激策の早期成立の可能性が低いこと、新型コロナウイルスワクチンの早期普及への期待が後退したこと、S&P500指数が50日移動平均を下回ったことなどが影響しています。

 

以下、主要株価指数です。調整が始まり3週間目、今週は一番下落率が低い週となりました。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

9月12日

$27,665.64

3,340.97

10,853.54

9月19日

$27,657.42

3,319.47

10,793.28

先週比

-$8.22

-21.50

-60.26

先週比(%)

-0.03%

-0.64%

-0.56%

 

今週はアルトリアが一番下げました。-8.60%です。9/16~9/18に下げています。特にニュースはありません。いきなり下げました。理由はわかりません。

 

次にサービスコーポレーションインターナショナル(SCI)が下げました。-6.78%です。9/15~9/18の間、右肩下がりです。(アメリカの投資銀行である)Raymond JamesがSCIの買い推奨を維持しているというニュースが9/17にありました。ネットで見つけたのはこのニュースくらいです。アルトリアと同様、大きく下げた理由がわかりません。

 

アップルは4.61%下げました。9/16~9/18で下落です。こちらは調整で下げているようです。悪いニュースは特にありませんが、逆に良いものはありました。

 

9/17、Jefferies Group(アメリカの金融サービス会社)がアップルのターゲットプライスを$135に上げたという報道があります。5G iPhone需要を期待しています。調整が終わったら、また上昇しそうです。

 

あとマコーミックも下げています。-4.37%です。9/16~9/18で下げです。こちらもニュースが見当たりません。コロナ銘柄から資金が逃げているんでしょうか。今週下げた銘柄は何れも固有のニュースで下げた様子はありません。調整の影響のようです。

 

一方、上昇したのはニュートリエンで、+4.63%です。平均株価が下げた9/17、9/18に上昇しています。先週も5%超の上昇でした。関連するニュースといえば、9/17に同業他社のMosaicMOS)が8月の販売数量と売り上げを発表したくらいです。

 

炭酸カリウム、肥料、リン酸塩、何れの事業も販売数量は前年比で増加、しかし、どの事業も売上は減少しているという内容です。販売数量が増えているというニュースに反応し、同業のニュートリエンの株価が上昇したのかもしれません(Mosaicの株価も両日上昇しています)。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-17,376,130

現在値

¥19,537,692

現金(円)

¥67,142

現金(ドル、円換算)

¥357,118

損益通算

¥2,585,822

利回り

14.88%

②持株会

投資金額

¥-663,000

現在値

¥703,447

繰越金

¥15

損益通算

¥40,462

利回り

6.10%

①+②

評価額

¥20,665,414

損益通算

¥2,626,284

利回り

14.56%

 

利回りは先週に引き続き、2ポイント強低下しました。アメリカ株の下落と円高です。9月第1週目から始まった調整ですが、ポートフォリオの評価益の下げ幅は徐々に縮小してきました。 

 

ハイテク株がいい感じで下げてきています。GAFAMはまだまだ高いですが、それら以外の気になっている銘柄が、2月の暴落前の値に近づいてきました。下回るものも出てきています。

 

半導体製造装置メーカーのラムリサーチ(LRCX)、アプライドマテリアルズ(AMAT)などが気になっています。

 

ただ、資金に余裕がなく、悩ましいです。理想はもう少し我慢したいです。さらなる下げを期待して。ハイテク株だけでなく、 景気敏感株の株価も忘れずに追いたいと思います。 

以上 

 

◆参考文献

1)Smarter Analysts, "Analysts Are Bullish on Top Services Stocks: Service International (SCI), Ruth’s Hospitality (RUTH)"

https://www.smarteranalyst.com/new-blurbs/analysts-are-bullish-on-top-services-stocks-service-international-sci-ruths-hospitality-ruth/?mod=mw_quote_news

2)Seeking Alpha, "Jefferies raises Apple target on 5G enthusiasm"

https://seekingalpha.com/news/3615021-jefferies-raises-apple-target-on-5g-enthusiasm

3)Zacks, "Mosaic (MOS) Issues August Sales Volumes & Revenues of Units"

https://www.zacks.com/stock/news/1059619/mosaic-mos-issues-august-sales-volumes-amp-revenues-of-units?cid=CS-MKTWTCH-HL-analyst_blog|company_news_-_corporate_actions-1059619&mod=mw_quote_news