アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

専門家「テクノロジー株はまだ下げる可能性が高いよ」

9/23付のCNBCの記事を読みました。投資家はこれまで強気であったテクノロジー株に対し、弱気に転じていると記事は解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・9月に入り、投資家はこれまでお気に入りであったテクノロジー株を大量に売却、同セクター株が負ける方に賭けている。この動きは、今週テクノロジー株が安定し始める前に起こった。

・9/17、Invesco QQQ Trust(Nasdaq100に連動するETF)から(2000年10月以来では最大規模となる)資金が流出(Bespoke Investment Group、アメリカの投資調査会社)。

・大量の資金流出は1日だけの現象ではない。3月後半からテクノロジーセクターが上昇を続けていたのに伴い、QQQは高止まりしていたが、最近崩壊している(Strategas Research Partners、アメリカの金融サービス会社)。

<グラフ>QQQ、入出金推移、65日平均

f:id:investmentandsecondjob:20200926080101p:plain

(出典:Strategas Research Partners)

・Nasdaq100の最近の急上昇は空売りの影響。9/17の時点で、Nasdaq100の空売り残高は2008年4月以来の最高値(Bespoke Investment Group)。

・9/17の終値の時点でNasdaq100は最高値から10%超下落していたが、9/21、9/22は上昇し、ダウNY平均、S&P500指数をアウトパフォーム。

・まだ十分に下落していないと考えるアナリストもいる。Nasdaq100はさらに下げ、50日移動平均を下回るだろう。実際、マイクロソフト、アマゾンの9/22の終値は50日移動平均を下回った(Bay Crest Partners、アメリカの証券ブローカーディーラー)。

 

Nasdaqは9/3から下落し始め、上下を繰り返してはいますが、下落基調でここまで進んできました。9/23の週は、上下しましたが、上げて週を終えています。

 

来週からはどうなりますかね。9/17時点でNasdaq100の空売り残高は2008年4月以来の最高値という話を聞くと、まだ下がり続けるような気がします。

 

10月中旬から四半期決算発表が始まりますが、(以前読んだ記事によると)その時期が近づくと、投資家は決算を意識し始め、テクノロジー株に買いが入るとのこと。これを考慮すると、来週くらいには調整が終わるかもしれません。

 

投資資金に余裕はないので、今、無理して投資するなら、次の1~2週間くらいで判断したいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Investors turned bearish on their favorite sector tech quickly this month"

https://www.cnbc.com/2020/09/23/investors-turned-bearish-on-their-favorite-sector-tech-quickly-this-month.html?&qsearchterm=investors%20turned