アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

経済動向も新型コロナウイルス対策も不透明感増。株式市場への悪材料に。

9/25付のBloombergの記事を読みました。新型コロナウイルスが及ぼす影響が悪化傾向にあり、株式投資家も警戒感を強めていると解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・景気回復ペースは鈍化、公共交通機関の利用は低迷、新規失業保険申請件数は高止まり、新型コロナウイルスの新規感染者数増加、同ワクチン早期リリースへの期待後退、追加景気刺激策の成立時期遅延とマイナス材料が続く。

・この厳しい状況は株式市場にも反映され、S&P500指数の下落は継続。この下落は週間ベースで、2019年8月以降では最長となる。

・株式市場はワクチンの開発動向とも連動。2021年Q1中に25百万人がワクチンを接種できる確率は52%。9月初旬は70%だったので下がっている。これはS&P500指数(約10%下落)とも連動している(ゴールドマンサックス)。

<グラフ>25百万人の接種可能予測時期(20年9月17日時点)

f:id:investmentandsecondjob:20200929082326p:plain

(出典:The Good Judgment Project and Goldman Sachs Global Investment Reserch)

・ワクチンの早期開発への期待が後退するにつれ、クルーズ船運航会社、航空会社銘柄の株価下落が大きい。

新型コロナウイルスがもたらす最悪の状況が訪れる可能性あり。学校再開、インフルエンザの到来が特に不安。これらは死者数増加につながる(ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ、アメリカの調査会社)。

 

今は悪い情報が盛りだくさんです。私も元々想定していたことですが、現実になると少々緊張してきました。これからアメリカ株式市場はどうなるのかなと。

 

ここで追加景気刺激策が実現すれば、(一時的ですが)状況は少しは緩和されるとは思いますが、早期実現化は不透明です。テレビ東京で放映されている今朝のモーニングサテライトでは、専門家の方は同刺激策が実現するのは大統領選挙後ではとコメントされていました。

 

10月中旬から始まる主要企業の四半期決算発表が流れを変えるかもしれませんが、どうなるかわかりません。

 

これからも株価上昇は続くと考えていますが、経済動向も新型コロナウイルス対策も不透明感が増す中では、株価上昇は思ったより時間を要するかもしれません。株価が下落(追加投資)する機会が出てくることを期待します。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"米株市場に鳴り響く警告音、新型コロナ巡る状況は悪化の傾向"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-24/QH6JKEDWRGG001