アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

今週評価益は4%強増加。ここ3週間評価益は安定しており、株価調整は終了か。

20年10月3日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。


ポートフォリオSBI証券、20年10月3日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

APPL

320

$52.50

$113.02

0.66%

$19,366.40

AVGO

33

$277.03

$356.83

0.01%

$2,633.40

CSCO

112

$42.07

$38.27

-0.47%

-$425.26

HD

33

$184.39

$279.31

4.01%

$3,132.36

JNJ

61

$141.50

$146.24

0.40%

$289.14

MA

42

$207.36

$338.83

2.12%

$5,521.74

MCD

48

$180.03

$222.67

2.06%

$2,046.72

MKC

60

$146.80

$192.84

0.66%

$2,762.40

MO

192

$58.85

$38.97

1.83%

-$3,816.96

MRK

120

$72.91

$80.80

-2.57%

$946.80

NTR

230

$38.68

$38.65

-2.72%

-$6.90

PG

96

$90.77

$138.12

0.36%

$4,545.60

SCI

195

$44.85

$43.27

2.75%

-$308.10

USB

132

$35.20

$36.77

4.58%

$207.24

V

62

$139.80

$201.46

2.13%

$3,822.92

VOO

51

$264.13

$306.72

1.13%

$2,172.09

       

合計

$42,889.59

 

評価益は先週(9/26)比で+$1,749.49(+4.25%)でした。16銘柄中、13銘柄が上昇です。上昇した銘柄が多い割には、各銘柄の変動幅が少なく、評価益の上昇もわずかでした。

 

S&P500指数は9月後半から上昇基調です。今週もその流れでした。アメリカの追加景気対策への期待から上昇しています。一方、欧米での新型コロナウイルスの感染拡大、そして、トランプ大統領が同ウイルスへ感染したことが、下げの主な要因です。

 

以下、主要株価指数です。各指数が上昇した割合と比較すると、私のポートフォリオの評価益はあまり上昇していないように思います。ナスダック指数は10/2の下げが大きく、上昇幅は一番少ない週でした。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

9月26日

$27,173.96

3,298.46

10,913.56

10月3日

$27,682.81

3,348.44

11,075.02

先週比

$508.85

49.98

161.46

先週比(%)

1.87%

1.52%

1.48%

 

上昇率1位は+4.58%のUSバンコープでした。9/30、10/2に上昇しています。固有のニュースはありません。景気敏感株として同銘柄も購入されています。

 

銀行の自社株買い、配当に対する制限ルールの有効期限が年末までに延長されたというニュースが9/30に報道されましたが、こちらは影響を受けていないようです。市場には想定内だったようです。

 

次にホームデポが+4.01%上げました。9/30、10/2に上昇しています。一般消費者セクターの銘柄が好調な中、同業のロウズが自社株買いを再開するとすでに発表しています。ホームデポも自社株買いを再開するのではと期待されています。

 

その他、ビザ、マスターカードマクドナルド、サービスコーポレーションインターナショナルが2%超の上昇でした。

 

一方、ニュートリエン、メルクが2%超の下落です。前者は9/29、10/1に、後者は9/29、10/1、10/2に下げています。特にニュースは見当たりません。ニュートリエンは9月に入り、株価が上昇していましたが、9月後半から下げ基調です。メルクは8月から上昇傾向にありましたが、9月に入り下げています。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-17,376,130

現在値

¥19,743,763

現金(円)

¥67,142

現金(ドル、円換算)

¥371,409

損益通算

¥2,806,184

利回り

16.15%

②持株会

投資金額

¥-671,000

現在値

¥688,284

繰越金

¥33

損益通算

¥17,317

利回り

2.58%

①+②

評価額

¥20,870,631

損益通算

¥2,823,501

利回り

15.65%

 

1ポイント弱、先週から上昇しました。ここ3週間は利回りの変動が小幅で安定してきました。株価の調整が終わったのかもしれません。

 

今週はトランプ大統領とバイデン氏のテレビ討論会がありました。翌日、株価は下落するのかなと思ったら、NYダウ平均は300ドル超の上昇でした。あの程度のことでは市場は反応しないようです。

 

また、トランプ大統領新型コロナウイルスに感染したという報道を受け、10/2は株価が大きく下落するのかなと期待したら、終わってみれば100ドル強のマイナスでした。あんまり市場は気にしていません。

 

大統領選挙がらみのニュースにそこまで市場は反応していないこと、9月後半から平均株価が上昇基調にあることを考えると、もう株価の調整は終わったのかなと感じます。

 

株価調整のことは忘れ、次は10月中旬から始まる主要企業の四半期決算発表に目を向けたいと思います。アメリカの大統領選挙についてはトランプ大統領の回復待ちですね。

以上 

 

◆参考文献

1)Seeking Alpha、"Fed extends bank stock buyback ban till year-end"

https://seekingalpha.com/news/3618598-fed-extends-bank-stock-buyback-ban-till-year-end

2)Seeking Alpha、"Buybacks could be a Q4 sleeper for strong consumer names"

https://seekingalpha.com/news/3618884-buybacks-be-q4-sleeper-for-strong-consumer-names