アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

専門家「民主党、共和党、どちらが勝っても中長期的には株価上昇」

9/30付のCNBCの記事を読みました。Social Capital(アメリカのベンチャーキャピタル)のCEOであるChamath Palihapitiya氏のインタビュー記事です。同氏はFacebookでの役員経験もあるとのこと。記事は同社の投資戦略を解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・次の4年間、今回の大統領選挙で勝利する政党よりも、FRBが市場に影響を及ぼす。

民主党共和党、どちらが勝利するにかかわらず、リターンを得たいなら、長期的な視野で挑むべき。

・市場は上昇していくと考える。大統領職と、アメリカ経済の繁栄は分離している。

・多くの投資家は大統領選挙に注目。ウォール街はトランプ氏を、よりプロビジネスマンとして見る。しかし、ウォール街は中国との不安定な関係を好まない。また、投資家はバイデン氏の税金、規制政策と対立する。

・どちらが政権を取るにしろ、強い株式市場になるだろう。

FRBは少なくとも2023年までは金利を上げない、また2%を超えるインフレも看過する。よって、政権に関わらず、成長を期待する。

・Chamath Palihapitiya氏CEOは民主党陣営に$1Mを寄付。市場は政権で定まらない。国民は好ましい候補者を選ぶだろう(同氏)。

 

FRBの金融政策が支えるので、中長期的には株価は上昇していくよという考えです。

 

少し前までは同じ主張をニュースでよく見かけましたが、9/3に調整が始まってからは、目にしなくなりました。調整が落ち着いたからなのか、今回、この手のニュースを久しぶりに読みました。

 

私もこの考えに賛成です。頼っています(^^; ですので、資金が貯まれば、コツコツと追加投資していきます。グロース株、バリュー株(配当株)をバランスよく選んでいきたいと思います。 

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Palihapitiya says election won’t matter, stocks going higher next 4 years: ‘You need to be long’"

https://www.cnbc.com/2020/09/30/palihapitiya-says-election-wont-matter-stocks-going-higher-next-4-years-you-need-to-be-long.html?&qsearchterm=palihapitya