アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

ゴールドマン「次の数か月で起こる資金ローテーションの度合いは大きい。短期的にテクノロジー株は下落」

10/15付のBloombergの記事を読みました。ゴールドマンサックスが、今後の市場動向について予想しています。以下要約です。

 

◆要約

・債券利回りの上昇。

・年内に新型コロナウイルスワクチンが少なくとも1つ承認。

・今回の大統領選挙でバイデン氏勝利、上院、下院、共に民主党が勝利することで、セクター内で資金が大きく移動する可能性あり。

・テクノロジー株を中立に引き下げ。短期的には同株のバリューが下落すると予想。

・銀行、自動車をオーバーウエイトへ、食料、飲料、タバコをアンダーウエイトへ変更。

・以上は、次の数か月間で、政策、経済動向が変化することが背景にある。資金移動の大きさはかなりのものになるだろう。

・長期的にはグロース株、ディフェンシブグロース株が有利。

・銀行銘柄は景気敏感株。過去数年、リターンは低いが、投資する価値は高い。

 

資金移動の度合いが大規模になるという点が気になります。ゴールドマンサックスが投資判断を引き下げたテクノロジー、食料などの銘柄には、今は手は出さないようにしようと思います。

 

一方、引き上げたセクターには注目したいと思います。今、銀行銘柄は配当率が高いので惹かれます。

 

あと、もう1つ。セクター間で資金の移動は起きますが、長期的にはグロース株が有利ということなので、大手ハイテク株は下げても一時的なものになりそうです。

 

大統領選挙、その後の議会選挙が終わるまで株価動向を追いつつ、銀行銘柄に投資するか、考えたいと思います。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"テクノロジー株は騰勢失い、銀行や自動車が上昇へ-ゴールドマン予想"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-15/QI8FQCT1UM1901