アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

専門家「選挙を投資判断に利用することは難しい」

10/21付のCNBCの記事を読みました。大統領選挙の投票日が近づく今、どのように投資すべきか、Bryn Mawr Trust(アメリカの銀行)とStrategas Securities(アメリカの証券会社)が解説しています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・大統領選挙は不確実性とボラティリティを市場にもたらす。しかし、株式保有は長期的にはベストな選択(Bryn Mawr Trust、Strategas Securities)。

・売られる場面が出てくる可能性も。ただ、これは短期的な現象(Bryn Mawr Trust)。

・株式と同等のリターンをもたらすものは他にない(Bryn Mawr Trust)。

<表1>政治シナリオ別S&P500のパフォーマンス

f:id:investmentandsecondjob:20201025201812p:plain

(出典:CFRA)

・セクター別で考えると、バイデン氏勝利の場合、インフラ、再生可能エネルギー、テクノロジーセクターが勝者になるだろう(Strategas Securities)。

・バイデン氏はまた、米中貿易、及び不足する景気刺激策に関する懸念を和らげる可能性あり。一方、バイデン氏の勝利により、法人税の引き上げ、規制強化を恐れる投資家も。

<表2>民主党政権共和党政権時のS&P500平均パフォーマンス

f:id:investmentandsecondjob:20201025211417p:plain

(出典:CFRA)

・トランプ氏が勝利した場合、国防、金融セクターが大きく上昇する可能性あり(Strategas Securities)。

・どちらが勝つにしろ、投資家には多くの機会がある(Strategas Securities)。

・CNBCのアンケート調査によると、上位の金融助言会社の37%がバイデン氏勝利を、20%がトランプ氏勝利を予想する。また、議会は現状維持(共和党が上院を、民主党が下院の過半数を占める)と大多数が予想する。

・大統領選挙によりボラティリティが高くなっても、投資家が戦略を大きく変える理由にはならない(Bryn Mawr Trust、Strategas Securities)。

・(後付けの理由なしで)選挙を投資判断に活用することはとても難しい(Bryn Mawr Trust)。

 

記事では、大統領選挙の行方を考慮し、投資するのは難しいと解説されています。専門家でも、いつ株価が上がるか、下がるかわからないと言われることと同じようです。

 

私はこの言葉にすがりたいと思います(^^; プロでも難しいのに、素人の私がタイミングよく投資しようと考えるのは止めます。気が楽になりました。

 

11/3の投票日を過ぎると、一旦、株価は大きく動くんでしょうか。そう考えると、今週中に投資するのもよさそうです。投資資金にそこまで余裕があるわけではないので、悩ましいですが。ちょっと考えます。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"How to invest ahead of the 2020 election, according to top advisors"

https://www.cnbc.com/2020/10/21/how-to-invest-ahead-of-the-2020-election-according-to-these-experts.html?&qsearchterm=how%20to%20invest%20ahead%20of%202020%20election